あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 第1回大和証券杯ネット将棋選手権決勝大盤解説会 at大和証券

<<   作成日時 : 2007/07/09 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

健康のため呉服橋の大和証券本社まで歩いて出かける。13:50に大和証券本社9階の会場に到着。椅子席は200席くらい設えられていたが、後ろの方は空席。当然のことながら殆どがおじさん。子供と女性は数人でしかない。将棋連盟の理事はほとんどが来ていた。
米長会長、西村専務理事、田中九段、青野九段、中川七段。女流では関根四段、斎田女流王将をみかける。
石川さんの司会で、佐藤二冠と上田初美女流初段が大盤の前でお話をしていた。お話をしているうちに2時となり対局が始まる。
先手丸山九段の作戦で角換わりとなり、局面がどんどんすすみあっという間に33手目3七桂となる。後手郷田九段が考え出して小休止。
ここまでは両者ほぼノータイムに近い進行でややびっくりする。
画像

佐藤二冠が、右玉は玉が薄くて神経を使う戦いとコメント。棋聖戦第四局でのごきげん中飛車で今までにない指し方をしての勝利についての話をする。1億と三手読む男の話題から、ボナンザは一秒に400万手読み、渡辺竜王との戦いで1時間55分使ったので合計276億手読んだけど負けたという面白い話もあった。実際の対局で長考して読む手数は数百手から数千手だと言っていました。
30分で10手先の局面を4、5パターン読めれば実力者だそうです。
40手目4四銀のところで、ここで6五歩と突くのは悪い手ですと解説していると、4手後に郷田九段が6五歩と突いてびっくりする。
飛車先が直通したまま戦いに入り、一方的に終わるのではないかと不安になる。
最近「1976年のアントニオ猪木」という本を読んだ。プロレスは初めからストーリーの決まったショーである。ボクシングはスポーツだがプロレスはそうでない。殴り合いに比べて、取っ組み合いは見ていて退屈だからだそうである。
将棋はリアルファイトであるが、見せ方が難しい。万人が見て面白いと感じるものでもない。長い時間の将棋は見ていられない。
テレビやネットで短時間にすると、一方的な将棋もふえるだろう。何か付加価値がないと新たな客を呼ぶのは難しそう。
今回の棋戦のように、スポンサーつきで色々なイベントと組合せていくのは良い試みだと思う。
画像

53手目の4四桂の局面がポイントで。ここでの佐藤二冠の解説は多岐にわたり参考になった。6四桂とはとりたくない。4四桂に対して同歩は8二銀で後手悪い。2三歩とすすんでどうか。3四飛 3三歩 3二桂成 3四歩 4八金。3三歩は悪そうなので3三金としたらどうか。同飛成 同桂 5一銀 同飛 5二金 同飛 8四角 6一玉 5二桂成 同玉 でしのいでいるか? 3四飛 3三歩 に、5二桂成 同玉 6四飛 同歩 7二銀 など。実戦は、3三金 に対しいきなり5一銀であった。
局後の郷田九段の感想では、2三歩にたいしすぐに3二桂成 2四歩 の進行も考えていたとのこと。
8四角に7二玉として5二桂成と飛車をとられた局面は受けが難しそうで先手の勝ちに思えた。4九飛 6九歩 に対し郷田九段が7三銀 と受けた。7一飛 同玉 7三角成でだめだろうと思ったが、7二金で寄らないようだ。7三銀を同角成と切って落し、丸山九段は8一飛と
したが、6一飛の方が優ったようだ。7二金なら6二成桂、5五金は6二飛成がある。
画像

感想戦で
6一飛に対して、後手5八角 6八金 6七銀 7一飛成 7二金 8二銀 8四玉 5八金 7一金 7三角 8三玉 6七金 8二金 8四銀 9二玉 8二角成 同玉 8三金 8一玉 7三銀不成 で後手玉に必至がかかるが
以下 6九飛成 同玉 2九飛 で長手数の詰みが佐藤二冠より示される。
丸山九段から、先手の7三角では5一角があり6二角成の一手に、同角成 同金 6七金で先手勝ちの変化が示される。
いずれにしても、ここでは6一飛で難解だったようである。
8一飛以下は5五金で後手玉がつかまらなくなり入玉で後手郷田九段の104手での勝利がきまる。
なお、82手目の5三同角では6九飛成 同玉 5八金で先手玉は詰みだった。
画像

勝負がついたのは15時20分。開始から1時間20分後であっという間であった。しばらくしてから両対局者が会場に登場してインタビューをうける。
郷田九段「とにかく疲れた。攻められてばかりで。」「マウスの練習は相当しました。」
丸山九段「初めてのインターネットによる公式戦で最初は緊張したがだんだん慣れてきて楽しく指せた。」
前述したような中味の濃い感想戦が30分ほどあり、抽選と最後に郷田九段の挨拶で締め。良いイベントでした。





テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1回大和証券杯ネット将棋選手権決勝大盤解説会 at大和証券 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる