あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS ALWAYS 続・三丁目の夕日

<<   作成日時 : 2007/10/15 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 4

監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆/堤真一/薬師丸ひろ子/小雪/堀北真希
/須賀健太/小清水一揮/もたいまさこ/三浦友和/マギー
/温水洋一/神戸浩/飯田基祐/ピエール瀧/小木茂光
/小日向文世/吹石一恵/福士誠治/貫地谷しほり
/藤本静/浅利陽介/小池彩夢/平田満/浅野和之
/渡辺いっけい/手塚理美/上川隆也 他

【ストーリー】
昭和34年春。
黙って去って行ったヒロミ(小雪)を想い続けながら、淳之介(須賀健太)と暮らしていた茶川(吉岡秀隆)のもとに、川渕(小日向文世)が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介を預かった茶川は、安定した生活をするため、そしてヒロミに一人前の自分を見せるために、一度は諦めていた“芥川賞受賞”の夢に向かって再び純文学の執筆を始める。一方、鈴木オートでは、六子(堀北真希)も一人前に仕事をこなせるようになり、順調に取引先が拡大。則文(堤真一)の家業も安定し始める。そんなある日、則文の親戚が事業に失敗し、その娘の美加をしばらく預かることに。お嬢様育ちの美加は、お手伝いさんのいない生活に少々戸惑い気味…。

【感想】
<ストーリーにふれている部分があります>
西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を原作に映画化された『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。
今日の試写会はよみうりホールで1日に3回!開催されたようだ。休みの日に行列する気がしなかったので、開場後に行くと、もう殆ど席は残っていなかった。人気かなと思ってはいたが、これほどとは!開映時にはほぼ満席に近かった。

わたしは、前作 ALWAYS 三丁目の夕日 はみていない。茶川と淳之介、ヒロミの関係の詳細などはまったく把握せずにみたけど全く問題なかった。
【ストーリー】はいろいろあって複雑そうだけど、わかりやすく語られていて混乱することもなかった。
上映時間 2時間26分と長くていやだなあと思ったけど、見終わってみればまったく長さは感じなかった。
なかったの3連荘。

冒頭、ゴジラが登場。前作みてないから、特撮映画?そんなわけないだろう、誰の目が覚めるのかなと思いながら鑑賞。
夢ではなくて茶川の書いている原稿だった。このへんの描き方は独特のものがあるなと思った。

映画の中には、懐かしい昭和三十年代の風景があった。
とはいっても、わたしが物心ついたころには、既にだいぶ変わっていて、実体験そのままではなかったけど。
都電が走り、路地があり、駄菓子屋がある。そしてそこに住む人たちのコミュニケーションがある。
昔はどこに行っても子供の遊ぶ姿があった。今はこどもが遊んでるのを見ることって本当に少ない。
こどもが集まるところに行かないと遊んでいるこどもは見られない?(笑)

こどものころの甘酸っぱい、ほのかな恋心があった。
一平は、親戚の娘の美加と最初はぶつかる。名字が同じだから、学校でおまえら夫婦かとはやし立てられる。
かわいい女の子に対する、おとこの子のアンビバレントな感情がうまく表現されていた。
別れにさいし、もじもじしてプレゼントも渡せない一平にたいし、「大きくなったら一平くんのおよめさんになってあげる。」という美加の姿に非常に説得性があった。

勿論ほんもののラブストーリーがあった。
物語の本線はこれだったのだろう。茶川のことを思い大阪に去ろうとするヒトミ。
ヒトミが特急電車の中で茶川の候補作を読むシーンは泣けます。
まわり中がすすり泣き。
受賞はかなわなかったが、茶川さんは最も大切なものを守れて良かったです。

他にもいろいろあったと思うけど、あったの3連荘で終了。
とても良い映画だったと思います。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(25件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちりとてちん あらすじ 第5週「兄弟もと暗し」(NHK連続テレビ小説)
ちりとてちん あらすじ 第5週「兄弟もと暗し」(NHK連続テレビ小説)10月29日(月)~11月3日(土)落語家・草々(青木崇高)への恋心を自覚した喜代美(貫地谷しほり)。だが肝心な時にまたも、清海(佐藤めぐみ)が現れる。喜代美の嫌な予感は的中し、草々は急速に清海に惹かれていく。 そんな草々の姿を見るのがつらい喜代美は、正太郎(米倉斉加年)の命日に半年振りに福井へ里帰りする。家を飛び出した負い目から緊張しつつ実家に帰るが、正典(松重豊)も糸子(和久井映見)も喜代美を何も言わず迎える。不穏な気配を... ...続きを見る
ちりとてちん で 行こう!-NHK連続テ...
2007/11/01 23:20
ALWAYS 続・三丁目の夕日 前作のテンションを維持したジラシのテクニックと吉岡秀隆とその他沢山
タイトル:ALWAYS 続・三丁目の夕日  ジャンル:大ヒット作の続編・2007年東宝 場所:福知山シネマズ(146席) 日時:2007年11月3日(土) 10:25〜(約20人) 初日初回 満足度:70% おすすめ度:75%:幅広い層に安心してオススメできます。 ...続きを見る
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画...
2007/11/04 13:26
ALWAYS 続・三丁目の夕日
良い話やけど,印象は大味。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/11/06 17:59
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞!
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 ...続きを見る
★☆★風景写真blog★☆★healin...
2007/11/07 22:45
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>&nbsp;  前作『ALWAYS 三丁目の夕日』からちょうど2年が過ぎた。 その前作は、僕がブログを始めてその中の映画記事の中でも最もTBやコメントの多い作品でもある。 もちろん... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2007/11/08 17:50
映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) ...続きを見る
駒吉の日記
2007/11/09 15:46
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/11/10 01:30
ALWAYS 続・三丁目の夕日
さて、昨日は今日公開の映画、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に合わせて「昭和の町」を紹介しましたが、昨日テレビでも1作目の<a href="http://minkara.carview.co.jp/userid/122479/b ...続きを見る
欧風
2007/11/10 06:22
74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。
&amp;#63704;映画を鑑賞しました。&amp;#63893; 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回は日.. ...続きを見る
はっしぃの映画三昧!
2007/11/10 18:29
ALWAYS 続・三丁目の夕日
感動の「ALWAYS 三丁目の夕日 」から2年・・・            ↑オフィシャルサイトを開くと、テーマ曲を再生します♪ ...続きを見る
「頑張るぞ〜!大阪営業所開設記」にログイ...
2007/11/10 19:22
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
始まりは、昭和34年の東京に地震があったのかと思わされるが、すぐにゴジラのテーマでそれと気付かされる、ミエを切るゴジラというのもなんだか可愛い・・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/11/11 03:12
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
? 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ? 昭和34年、日本の空は広かった。 ? ■昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れることになるこの年――。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之介と暮らしていた茶川 ...続きを見る
唐揚げ大好き!
2007/11/11 04:56
ALWAS続・三丁目の夕日&ハタチの恋人&黒の契約者
ハタチの恋人は長澤が病室に来てペンネーム勘違いし事なき得たが 内容に段々と興味が薄くなって来たが初回から見てて最後まで見るし 黒の契約者は拉致された博士はゲート消失で契約者は消滅と発言し ノーベンバーは契約者の消失したいと願ってる上司を道連れに死亡し アンバー ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2007/11/12 19:31
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007-59
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2007/11/12 20:32
ALWAYS 続・三丁目の夕日〜ネタバレ感想!
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバレ含みます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2007/11/14 15:54
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」意味無くどこまでも走りたい気分
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」★★★★オススメ 堤真一 、吉岡秀隆 、薬師丸ひろこ 、堀北真希 出演 山崎貴 監督、2007年、145分 ...続きを見る
soramove
2007/11/14 21:10
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映画.... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2007/11/16 01:38
今日も夕陽は綺麗・・・。  〜「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2007/11/18 16:32
三丁目の夕日 ロマン【ちゃお シニア映画ファン】
三丁目の夕日がシニア世代のロマン 昭和ロマンが、今、人の胸をうち感動を呼ぶ、そんな時代になったそうこの映画のヒットで思いました。 ロマンを大辞林 辞書で確かめました。「小説のように変化に富み、かつ甘美な筋をもった出来事。恋愛事件などにいうことが多い。ロマンス。小説のように変化に富んだ大冒険や一大事業。」辞書が教えてくれた意味です。 なるほどと思います、ロマンとは要するに「甘美」(甘い)で小説のように架空のこと(現実的でない)との事なんですね。 でもどうしてそんな非現実を人は... ...続きを見る
三丁目の夕日 ロマン【ちゃお シニア映画...
2007/11/30 00:34
三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】
三丁目の夕日のCGは主役【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】三丁目の夕日映画でのCGが映像化した東京の風景は現在の東京の姿とあまりにも違うことに視覚を通して気づかせます。東京タワーの真下の下町が主たる舞台ですが、現在のその町を知るだけに、40年間で変わった... ...続きを見る
三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 ...
2007/12/01 23:23
ALWAYS 続・三丁目の夕日 観てきました
 みなさんの映画ブログの中で、2005年観て良かったランキング(自分調べ)でベスト5以内に入れている人がほとんどだった「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2007/12/02 16:13
三丁目の夕日のCG2【古典映画@映画今昔 】
三丁目の夕日 CGの東京三丁目の夕日でのCGが映像化した東京の風景は現在の東京の姿とあまりにも違うことに視覚を通して気づかせます。東京タワーの真下の下町が主たる舞台ですが、現在のその町を知るだけに、40年間で変わった町、変わった人の生活や心をいやでも思い... ...続きを見る
三丁目の夕日のCG2【古典映画@映画今昔...
2007/12/02 18:25
ALWAYS 続・三丁目の夕日−(映画:2008年43本目)−
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/06/14 07:23
第一回「ALWAYSな遠足」レポ:その2
「その1」でお伝えした神戸のロケ地: ...続きを見る
三丁目のルゴサ「ALWAYSな風」
2008/08/26 21:41
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感?
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2008/12/02 20:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
茶川さんは、芥川賞、取れなかったのですね〜!でも、大切なものを守れたのですね〜!私は10/18に試写会へ行きます。少しネタバレの記事ですが、返って楽しみになって来ました。感謝です。
インコのママ
2007/10/15 16:14
まっつぁんこさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
当時の原風景を知らない世代も、背景にある温かい人間模様や、昭和グッズ等で楽しめる作品になっていましたね!
僕は前作を絶賛し、その年に観た邦画の中のベスト1に選びましたが、機会があればどうぞ前作も観てみて下さい^^
cyaz
2007/11/09 08:40
cyazさんこんにちは。コメントありがとうございました。私もおそまきながら前作も観ました。わたしは、前作より続編のほうが好みにあっていました。勿論人によって違うとは思います。どちらにしても必見の映画ですね。
まっつぁんこ
2007/11/09 11:40
はじめまして。
記事でおっしゃっているヒロミが「純青」に
掲載された茶川の「踊り子」を読んで号泣する
シーンがロケされた現場で実際に車両に入りましたレポをTBします。デジカメ故障で携帯撮影ですがよろしければ御覧下さい。僕のブログには神戸で撮影された乗車シーンのロケ現場の記事もあります。
三丁目のルゴサ
2008/08/26 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALWAYS 続・三丁目の夕日 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる