あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS つぐない・・・期待通り良かったです

<<   作成日時 : 2008/03/30 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像監督: ジョー・ライト
キャスト
セシーリア・タリス☆キーラ・ナイトレイ
ロビー・ターナー☆ジェームズ・マカヴォイ
ブライオニー・タリス18歳☆ロモーラ・ガライ
ブライオニー・タリス☆シーアシャ・ローナン
グレイス・タリス☆ブレンダ・ブレシン
ブライオニー・タリス老人☆ヴァネッサ・レッドグレーヴ
レオン・タリス☆パトリック・ケネディ
ポール・マーシャル☆ベネディクト・カンバーバッチ
ローラ・クインシー☆ジュノ・テンプル

【ストーリー】
1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついたうそが、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。
【感想】
これは見所の多い映画だった。
期待通りの出来でぐっとくるものがありました。

前半部分が、贖罪の元となった物語。
アダムとイブがリンゴをかじったのを見たヘビが告げ口をする。
時間軸を前後させながら、視点を変えて見るものをひきつける。
予告編でも出てくる、キーラナイトレイが池の中から踊り出るはっとするシーンもある。
ブライオニーがうそをつくことにいたる道筋が緻密な構成で描かれていた。
この部分でロビーは獄につながれることになる。

物語は数年後、第一次世界大戦のフランス北部にとぶ。
刑務所から出るためロビーは軍に志願して戦い、敗残兵となっている。
ダンケルクの撤退というらしいが、この場面が次の見所である。
”潮のにおいがする” と言って駆け出したロビーたち3人の前に広がるのは
海岸いっぱいに展開した引き揚げ待ちの敗軍である。
その中をロビーたちは水を求めてさまよい歩く。
その模様をワンシーン、ワンカットでずっと追いつづけて撮影。
10分くらいあったのではないか?
ロビーたちの姿をはなれたカメラが、歌をうたう兵隊たちをとりながら
まわりをまわって元に戻るとまたそこにロビーの姿がある。
このシーンがもっとも印象に残った。

”つぐない”という題でもわかるとおり、この物語の真の主人公はブライオニー。
子供のころがシーアシャ・ローナン、18歳がロモーラ・ガライ、そして老人になると
ヴァネッサ・レッドグレーヴというこのキャスティングが実に素晴らしかった。
なんの違和感もなくみられました。

最後の、美しい海岸でたわむれるロビーとセシーリアの場面も秀逸。
余韻の残るラストでぐっとくるものがありました。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
歌うタイプライター
移動サーカスでテントを次々と覘いてゆくような戦場の光景。引き揚げ船の到着を待つ兵士たち。長回しが効果をあげるなか、ダンケルクの場面は幻想味に溢れている。 シアーシャ・ローナンの透明感に驚いた。彼女の少女時代を切り抜いてフィルムに焼き付けたと云う一事をもって、この作品は絶対の価値を有する。 ジェームズ・マカヴォイの好演もキーラ・ナイトレイの薄い胸もシアーシャ・ローナンの前に霞む。 「つぐない」を観た。 死を控えた女性作家が21冊目にして最後の作品を書き上げた。小説のタイトルは『つぐない』。... ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2008/11/12 00:10
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2008/11/18 22:20
「つぐない」
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年〜)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映画は1930年代の英国を舞台に、2人の女性と1人の男性の関係を中心に描き、一生かけても償(つぐな)うことのできない罪と、そうした状況の中での純愛を表した。また、映像表現や効果音の使い方などが特徴となっている。07年度のゴールデングローブ作品賞... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2008/12/02 03:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つぐない・・・期待通り良かったです あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる