あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 第94回職域団体対抗将棋大会

<<   作成日時 : 2008/04/19 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週(4月13日)は雨の中東京武道館で開催された職団戦に参加してきた。
チーム名は 秘 としておくが 平成元年の第57回大会に初めて出場。
平成7年の第68回大会におけるA級3位が最高成績である。
このときはもう少しでS級入りするところだった。(笑)
D級で準優勝したことがあるが優勝は一度もない。
参加して初めの頃は毎回参加していたが、最近は参加頻度が落ちている。
東京武道館は遠いので行きたくない。
今回もさぼろうと思ったが、メンバーが足りなくなるのでしかたなく参加した。
それにしても綾瀬は遠い。
自転車で行くことも考えたが遠いしあまり楽しい道行きでないのでやめた。
千代田線に乗り、20年ぶりに綾瀬まで出かける。
北千住をすぎ、地下鉄が地上に出るとすぐ左側に大きな墓地があった。
椎名誠さんの話を思い出し興味深かった。
右側には、屋上にヘリポートのあるでっかいビルがあるのが目立つ。
いったい何のビルなんだろう。
うちに帰ったら調べようと思ったけど1週間たっても調べてない。
などとぐずぐずしながら、対局開始時間を過ぎてから会場に到着した。

今回、われわれのチームはB級で参加した。
結果は、3回戦で敗退。
よく2回も勝ったものである。(笑)
各級の優勝チームは下記のとおり。
S リコー(1)
A リコー(2)
B 電通(1)
C 白泉社
D リコー(5)
E 日立電線(2)
F 日本女子プロ将棋協会
東京武道館で驚いたのはトイレである。
靴をぬいでトイレ用の履物に履き替えて用を足すようになっている。
似たような靴でサイズも同じなら履き間違える人がいないとも限らない。
頭の中は将棋でいっぱいでうわのそら。
酔っ払ってるようなもんだから何をしてもおかしくない。
だから、このシステムはよくない。
あと、お弁当を食べるため観覧席に行こうとしたら本日は観覧席は使用できませんと表示があった。
雨で外では食べられないし、そんなこと言われたって無理。
結局みんな無視して観覧席に行って弁当を食べていた。
というわけで、遠いうえに面倒なことが多くて東京武道館は願い下げである。

1回戦は、銀行さんと対戦。画像
先手になったのでノータイムで飛車先を突き、始まってすぐこの局面になる。
銀と桂の交換必至で先手優勢である。
ここで、下手なおじさんだなと気を緩めると危ない。
中盤、終盤と力を出してくるおじさんに何度やられたことか。
とは言いながら、人間が甘いので既に楽勝ムードで指しているんだからしょうがない。
この後、7七角成 同桂 2二銀 に対し、8五桂 同飛 8六飛 といきなり決着をつけにいって115手で制勝。
チームも4−1で勝って2回戦に進出した。

2回戦は、将棋屋さんと対戦。画像
相手は2年前にC級で出場したときに負けたKさん。
2回戦も先手だったので迷わず飛車先を突いてこの局面になった。
ここでいきなり 5五銀 とぶつけて決着をつけにいく。
わたしの将棋は勝っても負けても決着がはやい。
以下 同銀 同角 に 4五歩 と突いてきたので 4四銀 と打つ。
さすがにこれは優勢だろう。
しかし、前回対戦したときも、同じように優勢になりながら粘り負け。
今回は気をひきしめて戦った。
先手の 4四銀 にたいし、4六歩ととりこんできた。
3三銀成 同桂 4六角 と嫌味な歩をとり払って優勢を確立したのだが、本局はその後が長かった。画像
最後は、双方時間をほぼ使い切り、167手でなんとか逃げ切った。
チームも 4−1で勝ち、3回戦に進出した。
ここで、昼食休憩。
2局指して、わたしはもうかなり疲れてもういいや!って感じ。
次を勝てば A級に昇級できるのだが。
2連敗したチームと、2回戦負けのチームはこれにて今大会終了。
2局で終わりのチームはやはり少し消化不良気味だろうか。
そのフォローとして、プロによる指導対局が行われる。
今回は、加藤一二三九段をはじめとするたくさんのプロが指導対局に来られていた。
これは、消化不良を補う良いサービスだと思う。
でも抽選ではずれたらさらに消化不良を助長するので、希望者は全員対局できるようにして欲しいものだ。

三回戦は、広告屋さんと対戦。
今度は後手だった。
相手は中飛車。
組み合った後、どんどん仕掛けて角交換。
相手の5五歩に4七銀と引いたら、相手は4五銀と出てきた。(図面は先後逆表示)画像
そこでガツンと6三角。
たぶん、これにて終了。
同銀 同歩成 2二飛 に 3七桂とはねて以下危なげなく116手で勝利。
消費時間10分で快勝。
チームの結果を待つ時間が長かった。
まもなく五将が勝って、チーム勝利まであと一勝となった。
しかし、残念ながら残りの3人が敗れ 2−3 でチームは敗退してしまった。
結果的に、われわれが負けたチームが優勝。
少し悔いの残る敗戦だった。
2年ぶりに将棋を指したんだけど、3局くらいが限度であることがよくわかった。
うちに帰ってきても、頭は回らないし何にもする気にならずゴロゴロ。
久しぶりに頭を使って疲れた一日だった。

第95回職団戦≪≫前回



テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第94回職域団体対抗将棋大会  あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる