あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS よみうりホール・・・ようやく理想の彼氏を観ました

<<   作成日時 : 2009/11/20 12:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


11月18日(水)の夜はよみうりホールに出かけた。
開場時間18時の数分前にビックカメラに到着。
行列の最後尾はビックカメラの一階だった。
今日もまた女性だらけの試写会だ。
ほんと気持ち悪いくらい。(笑)
演しものが「理想の彼氏」だから仕方ないのか。
この映画もあまり話題にならずに上映が終了しそうだ。

さて、よみうりホールだが、この会場は試写会の会場として決定的な欠陥がある。
たいていの試写会は、1枚の試写状で2名が入場できる。
先に一人だけ来ている場合、入り口で試写状を見せるだけで入場。
後から来る人に入り口で試写状を渡して入場させるというやり方が一般的。
ごくたまに、試写状を係員に渡し、後から来る人の名前を申告しておく方式の場合もある。
他の会場は問題ないが、よみうりホールはこの方式ではだめなのだ。
何故なら、トイレが会場内に無いため、再入場券をもらってトイレに行く方式だから。
先に一人で入場し、再入場券をもらって会場外に出る。
次の人に試写状を渡し、自分は再入場券で中に戻る。
これを繰返せば理論的には無限の人が入場できてしまうのだ。(笑)
ある時、あとから来た妻に、会場外で試写状を渡したことがある。
ふと、気が付いた。
「ここに、もし二人の人がいたら入れちゃうね。」
試写状を係員に渡し、後から来る人の名前を申告しておく方式を取られたら不可能。
が、よみうりホールはキャパが大きくてそんなことをやってる暇はない。
他の会場では経験があるが、よみうりホールで行われているのを見たことがない。

そんなことする人いないとは思う。(笑)
が、よみうりホールで試写会を開催する時は、一人一枚の試写状にしなければいけないのである。

さらに、この会場のよくない点は階段に並んでいると不愉快な目に合うことが多い点である。
狭い階段に4列で並ばせられるのはがまんするしかない。
後から来て階段を下り行列の最後尾まで行こうとする人がいる。
当方は、邪魔にならないよう空間をなるべく空けて並んでいるのだが、そういう人って必ず人にぶつかって行く。
空間の距離感把握ができないというか、無神経というか、いつも信じられない思いでおばさんを見送ること多し。
なるべく内側に並んで、そんな人とは接触しないように心がけている。

で、映画である。
画像
理想の彼氏
監督・脚本・製作: バート・フレインドリッチ
キャスト
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ジャスティン・バーサ
ケリー・グールド
アンドリュー・チェリー
リン・ウィットフィールド
ケイト・ジェニングス・グラント
アート・ガーファンクル
サム・ロバーズ
ジョアンナ・グリーソン

【ストーリー】
夫が長年にわたって浮気をしていたと知り、荷物をまとめてニューヨークにやって来たサンディ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)。
スポーツ・ジャーナリストになる夢を再び追うことにした彼女は、引っ越し先のアパートの下にあるカフェで働く青年アラム(ジャスティン・バーサ)と知り合い、ひょんなことからベビーシッターを頼むことに。
【感想】
軽快なラブコメでGood!
16歳年上でもキャサリンなら何の違和感もなくO.K.(笑)
現実感はないかもしれない。

ただ、最後の5年間がなんとも。
うまくまとめたと言えるのかもしれないけど、女の子が成長しただけで後は変わっているように見えなかった。
45歳になったはずのサンディも、アラムの両親もそのまま。
5年も経っちゃったの?え〜っという感じ。

そんな展開にしないでもっとストレートなハッピーエンドで良かったんじゃない?
さもなかったら、上映時間がまだあるんだからもっとエピソード絞って描写してみるとか。
わたしはエンディングに不満が残りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『理想の彼氏』(2009)/アメリカ
原題:THEREBOUND監督・製作・脚本:バート・フレインドリッチ出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジャスティン・バーサ、ケリー・グールド、アンドリュー・チェリー、ロブ・カーコビッチ公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 13本目)<Stor... ...続きを見る
NiceOne!!
2009/12/04 20:50
『理想の彼氏』
12月1日の映画の日は、何本か映画を観ようかなーと思っていたけれど、時間や体調を考えてキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の『理想の彼氏』だけ観てきました。 ロマンティック・コメディを期待して観に行ったら、ロマンス映画っていう括りの方がしっくりくる作品でした。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/12/06 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
よみうりホール・・・ようやく理想の彼氏を観ました あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる