あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 今年のベスト1・・・詰将棋編

<<   作成日時 : 2010/12/31 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年は、今年のベスト1詰将棋編はパスしてしまった。
最近はコンスタントに解答を出していないので、めぼしい作品がないように思ったのだ。
ところがデパートに看寿賞受賞作が発表されていた。
やはり解答を出していないとチェックが甘くなる。
今年もほとんど解答は出さなかった。
が、時々気になる作家の作品には解答を出した。
とは言っても、添川公司氏の作品オンリーに終わってしまったのが実態。
近代将棋が廃刊(笑)になり、彼の作品が詰パラでみられるようになったのは良いことだ。

栄えある?第4回まっつぁんこ賞はやはり添川氏のこの作品となった。画像

詰将棋パラダイス 10月号
大学院 8
添川公司氏作
「胡蝶蘭」

2011年1月号の結果発表における作者コメント。
「53角成以下の9手が煙詰で一度やってみたかった収束。易しい作。」

これが、“易しい作” ねえ。(笑)
面白いことをおっしゃいますね。

正直言ってかなりの難解作だと思います。
そのことは、煙詰で正解者10人以下という数字に表れております。
わたくしも変別で誤解しましたです。ハイ。

全体的に難しい手順のあと、収束がまたすばらしい。
月面宙返りの着地が微動だにせず決まった感じ。
同時発表の安武翔太氏の「落葉」もレベルが高い。
多作家が量産していたころの易しい煙詰がなつかしい。(笑)

詰パラに詰手順載ってますが再掲しておきます。

3一桂成 1一玉 2一成桂 同玉 3二金 1一玉 2二金 同玉 5二飛成 1一玉 1二龍 同玉 1三香 2一玉 2二歩 3一玉 4二銀成 同玉 5四桂 3一玉 4二桂成 同玉 4三歩成 3一玉 2一歩成 同玉 1二香成 3一玉 2二成香 同玉 2三と 同玉 3三と 1二玉 1三桂成 同玉 1四と 同玉 1五と 1三玉
1四と 同玉 1八飛 2四玉 1五馬 3五玉 3四と 同玉 4六桂 同と 3五歩 同玉 3六歩 同と 同金 同玉 3八飛 4六玉 3七馬 5七玉 5六と 同玉 6六と寄 同金 同と 同玉 6七歩 同玉 6九香 7七玉 5五馬 8七玉 8八飛 9六玉 8七金 8五玉 8六金 同金 同飛 同玉 7五角 8七玉 8八金 9六玉 9七金 9五玉 8六金 9四玉 8四と 同銀 9五歩 同銀 同金 同玉 7七馬 9四玉 9五銀 8三玉 8四銀 8ニ玉 8一と 同玉 7一香成 同銀 7ニ歩成 9一玉 9二歩 同玉 9三銀成 9一玉 8ニ成銀 同銀 同と 同玉 7三と 同玉 9五馬 8ニ玉 6四角 9三玉 8ニ銀 9二玉 8一銀不成 同玉 7ニ銀成 同玉 7三馬 7一玉 5三角成 8一玉 7一馬 同玉 6ニ香成 8一玉 7ニ成香 9二玉 8ニ馬 迄137手詰
画像
添川氏の煙はどれもレベルが高く「放れ駒」も印象に残りました。

詰将棋パラダイス 9月号
大学院 6
添川公司氏作
「放れ駒」

来年の看寿賞は多分この作品になるのだろう。画像

詰将棋パラダイス 8月号
大学院 2
井上徹也氏作
「シンメトリー」

私はこの手の類の超手数作品はあまり好みでない。
スミマセン!
皆さんが大絶賛しているのですごい作品なんでしょう。
10月号の解説で以下の点が気になりました。
436手目 4六玉 と 468手目 6六玉 の変化ホ 変化ト の部分。
436手目に4五玉と逃げ、4八飛に4六飛 と慣性の法則に従って手順をすすめると誤解にしますよ、そういうことですよね。
こういうところでひっかけられるのが一番腹が立つんだよね(笑)。
よって、私はこの作品に まっつぁんこ賞は授賞しません。
いらないと思いますけど。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年のベスト1・・・詰将棋編 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる