あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS Billboard Album200 & HOT100 December 10

<<   作成日時 : 2011/12/01 07:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今週のアルバムチャートのナンバー1は(いつも)予想通りマイケル・ブーブレ “Christmas” 。
予想されていた売上枚数を下回る22万7千枚ながら僅差でニッケルバックをかわした。
ニッケルバック “Here and Now” との差は0.18%。
“Here and Now” の売上枚数も22万7千枚である。
マイケル・ブーブレは今までに5枚のスタジオ録音盤を発表。
そのうち3枚が全米ナンバー1アルバムとなっている。

マイケル・ブーブレのナンバー1アルバムリスト
@ Call Me Irresponsible 2007/5/26 (1週間) 2.0×plutinum
A Crazy Love 2009/10/24〜10/31 (2週間) 2.0×plutinum
B Christmas 2011/12/12

クリスマスアルバムとしては、ジャスティン・ビーバーの “Under the Mistletoe” に続く今年2枚目のナンバー1。
1シーズンにクリスマスアルバムが2枚ナンバー1になるのは1957年以来だそうだ。
54年前の2枚は、エルビス・プレスリーの “Elvis' Christmas Album” とビング・クロスビーの “Merry Christmas” 。
クリスマスアルバムが全米アルバムチャートのナンバー1を飾るのは実は至難の業で、55年のチャート史で今回のマイケル・ブーブレ“Christmas” は9枚目である。
最近クリスマスアルバムがよく1位になるのは、通常作品の不振を表しているのかもしれない。

ニッケルバックの “Here and Now” は前述のとおり僅差でナンバー1を逃した。
彼らにとってこれが5枚目のトップ10アルバムで最近の3作は連続してトップ2内に送り込んでいる。
今までに発表したスタジオ録音盤は7枚。
2005年に発表した “All the Right Reasons” は32万5千枚を初週に売上げてナンバー1を記録し累計売上枚数は800万枚越え。
2008年の前作 “Dark Horse” は32万6千枚で2位発進だった。

リアーナの6枚目 “Talk That Talk” はまたもナンバー1を逃した。
19万7千枚で3位にランクインし彼女にとって6枚目のトップ10アルバムを記録。
デビュー以来全てのアルバムがトップ10入りしているがナンバー1は無し。
シングルチャートで10枚以上のナンバー1ヒットがありながらアルバムチャートでの1位は無い唯一のアーティストの座をキープ。

メアリー・J・ブライジのニューアルバム “My Life II: The Journey Continues, Act I” は15万6千枚で初登場5位。
彼女にとってこれが9枚目のトップ10アルバムでリアーナと同様発表作すべてがトップ10入りしている。
リアーナと違い、彼女は9枚のうち4枚で全米ナンバー1を記録。
2009年の前作 “Stronger With Each Tear” は33万枚で初登場2位だった。

アデルの “21” は24%売上増の14万枚を売ったが3位から7位に後退。
チャートインして40週目で初めてトップ5から転落した。

ドートリーの “Break the Spell” が今週最後4枚目のトップ10内初登場。
12万9千枚で8位。
2009年の前作 “Leave This Town” は26万9千枚で初登場ナンバー1。
今までに発表した2枚のアルバムはいずれも全米ナンバー1に到達していたが今回の作品は期待はずれに終わった。

今週のアルバム合計売上は先週比39%アップ、昨年同時期の売上に較べ5%ダウンの977万枚。
今年に入ってからの累計売上枚数は2億7,871万枚で昨年同時期の売上枚数を2%上回っている。

1 2 Christmas / Michael Buble 227,000
2 - Here and Now / Nickelback 227,000
3 - Talk hat Talk / Rihanna 197,000
4 1 Take Care / Drake 173,000
5 - My Life II: The Journey Continues, Act I / Mary J. Blige 156,000
6 5 Under the Mistletoe / Justin Bieber 142,000
7 3 21/Adele 140,000
8 - Break the Spell / Daughtry 129,000
9 13 Clear as Day / Scotty McCreery 88,000
10 9 Mylo Xyloto / Coldplay 79,000

【シングル】
画像今週のシングルチャートのナンバー1は5週連続でリアーナの “We Found Love” フィーチャリング カルビン・ハリス。
“We Found Love” は11月21日発売のニュー・アルバム “Talk That Talk” からのリードシングル。
既報の通りリアーナ6枚目のスタジオ録音盤 “Talk That Talk” は惜しくもナンバー1ならず3位どまり。
アルバムはなかなか思い通りにならないが、シングルチャートにおけるリアーナは最強。
エアプレイは6%増の1億3千9百万で2週連続 Radio Songs 1位。
今週のダウンロードは1%減の20万9千で Digital Songs は2位に後退。
“Talk That Talk” からは今週さらに2枚のシングルがチャートイン。
まずはタイトルトラック“Talk That Talk” featuring Jay-Z が7万3千ダウンロードで31位今週のトップデビュー。
さらに “Where Have You Been” が3万9千ダウンロードで初登場65位。

LMFAOの “Sexy and I Know It” は4週連続2位。
ダウンロードは24%増の22万6千で 今週のデジタルゲイナー獲得。
Digital Songs チャートでは2位から1位に上昇し初めてトップの座についた。
エアプレイも5%増の1億1千百万で Radio Songs 6位から4位に上昇。
ABCテレビで11月20日に放映されたAmerican Music Awardsにおけるパフォーマンスによる効果で売上増。
1位リアーナとの差がつまり、テレビ放映による一時的効果に留まらなければ1位になるのも夢ではなくなった感じ。

ブルーノ・マースの “It Will Rain” は5位から3位に上昇。
この曲は3週連続でBOX OFFICEのトップを飾っている映画トワイライト ブレイキングドーンの主題歌。
ダウンロード14%増の19万6千で Digital Songs の順位は3位変らず。
エアプレイは11%増の6千6百万で Radio Songs 17位から13位に4ポジション上昇。

ケイティー・ペリーの “The One That Got Away” が今週のエアプレイゲイナー。
エアプレイ19%増の7千万で Radio Songs 18位から10 位に上昇。
ダウンロードは29%増の13万7千で Digital Songs 11位から5位に上昇。
シングルチャートでは10位から9位へと一歩前進。
はたして1枚のアルバムから6枚目のナンバー1なるか注目である。

1 1 We Found Love / Rihanna Featuring Calvin Harris
2 2 Sexy And I Know It / LMFAO
3 5 It Will Rain / Bruno Mars
4 6 Moves Like Jagger / Maroon 5 Featuring Christina Aguilera
5 3 Someone Like You / Adele
6 4 Without You / David Guetta Featuring Usher
7 8 Stereo Hearts / Gym Class Heroes Featuring Adam Levine
8 7 Good Feeling / Flo Rida
9 10 The One That Got Away / Katy Perry
10 16 Party Rock Anthem / LMFAO Featuring Lauren Bennett & GoonRock

次週≪≫前週

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Billboard Album200 & HOT100 December 10 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる