あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS Billboard Album200 & HOT100 June 16

<<   作成日時 : 2012/06/07 07:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【アルバム】
画像今週もアルバムチャートナンバー1はジョン・メイヤーの “Born and Raised” 。
売上枚数は70%減の6万5千枚ときわめて低調ながら、もっと低調なCD全体セールスに支えられ2週目のナンバー1を記録。
彼のアルバムが2週以上ナンバー1を記録するのは初めてである。
ナンバー1アルバムの売上枚数としては、2011年2月19日付けニッキー・ミナージュ “Pink Friday” 4万5千枚以来の最低記録。
下には下があるもんだ(笑)

アデルの “21” はこの期に及んで4%増の5万8千枚で2位変わらず。
6月3日にNBCで放映されたロンドンでのライブが売上増に貢献。
来週はもっと売上増効果が大きく発現する見込み。

今週のトップ10内の初登場は3枚。

先頭バッターはシンガーソングライター レジーナ・スペクターの “What We Saw From the Cheap Seats”。
売上枚数4万2千枚で3位に初登場。
彼女は現在までに5枚のスタジオ録音盤と1枚のライブアルバム、11枚のシングルを発表。
2009年の前作 “Far” は5万枚で初登場最高3位。
今回のアルバムは3枚目のアルバムチャート入りで2枚目のトップ10アルバムを記録。

エドワード・シャープとマグネティック・ゼロの “Here” が3万5千枚で5位に初登場。
彼らにとって最高売上枚数とキャリアベストのチャートポジションを記録。
前作 “Up Flom Below” は最高76位にとどまった。

シガー・ロスの “Valtari” が2万6千枚で7位に初登場し初のトップ10アルバムを記録。
2008年の前作 “Med Sud I Eyrum Spilum Endalaust” は3万2千枚で初登場最高15位。

今週のアルバム合計売上は先週比5%ダウン、昨年同時期の売上に較べ9%減少の502万枚。
今年に入ってからの累計売上枚数は1億2,770万枚で昨年比3%の減少。

1 1 Born and Raised / John Mayer 65,000
2 2 21 / Adele 58,000
3 - What We Saw From the Cheap Seats / Regina Spektor 42,000
4 5 Up All Night / One Direction 41,000
5 - Here / Edward Sharpe and the Magnetic Zeros 35,000
6 3 Blown Away / Carrie Underwood 32,000
7 - Valtari / Sigur Ros 26,000
8 9 Now 42 / Various Artists 26,000
9 15 Tailgates and Tanlines / Luke Bryan 24,000
10 6 Tuskegee / Lionel Richie 22,000

【シングル】
画像今週もゴティエの “Somebody That I Used to Know” がナンバー1。
“Call Me Maybe” との接戦を制し本年最長の8週連続ナンバー1に記録を伸ばした。
エアプレイは5%増の1億4千5百万で Radio Songs は3週連続1位。
ダウンロードは6%減の24万7千ながら Digital Songs 4位から3位に上昇。
オンディマンドストリームは5%減の110万ながら7週連続 On-Demand Songs 1位。

今週も1位から5位まで先週と順位変わらず。

カーリー・ラエ・ジェプセンの “Call Me Maybe” は2位変わらず。

エアプレイは20%増の1億3百万で Radio Songs 7位から4位に上昇。
オンディマンドストリームは1%増の100万で On-Demand Songs 2週連続2位。
ダウンロードは6%減の28万4千で Digital Songs 3週連続1位。

1位ゴティエのポイントは先週比2%減で2位カーリーは2%増。
来週の1位争いはゴティエとジェプセンの差がさらに詰まって激戦になりそうだ。

マルーン5の “Payphone” も3位変わらず。
エアプレイは16%増の1億3百万で Radio Songs 6位から3位に上昇。
ダウンロードは3%減の25万7千で Digital Songs 3位から2位に上昇。
オンディマンドストリームは6%減の91万3千で On-Demand Songs 3位変わらず。

リアーナの “Where Have You Been” が11位から9位に上昇してトップ10入り。
彼女の22枚目の全米トップ10シングルを記録。
54年のチャート史で女性ソロアーティストの最多トップ10シングル記録はマドンナの38枚でダントツの1位。
2位同着は27枚のマライア・キャリーとジャネット・ジャクソン、続いてホイットニー・ヒューストンの23枚となっている。
リアーナの初トップ10は7年前2005年7月16日のデビューシングル “Pon De Replay”。
この期間に記録したトップ10シングルの枚数でリアーナの22枚はトップで、2位はリル・ウェインの16枚である。
女性アーティストにかぎってみると、2位はレディー・ガガの11枚でリアーナの半分だ。
“Where Have You Been” 今週のエアプレイは17%増の6千4百万で Radio Songs 14位から9位に上昇。
Radio Songs でのトップ10入りは19枚で、これを超えるのはマライア・キャリーの23枚だけである。
ダウンロードは1%減の14万4千で Digital Songs 8位から6位に上昇。
オンディマンドストリームは28万6千で On-Demand Songs 39位から32位に上昇。

1 1 Somebody That I Used to Know / Gotye featuring Kimbra
2 2 Call Me Maybe / Carly Rae Jepsen
3 3 Payphone / Maroon 5 Featuring Wiz Khalifa
4 4 We Are Young / fun. Featuring Janelle Monae
5 5 Starships / Nicki Minaj
6 7 What Makes You Beautiful / One Direction
7 6 Wild Ones / Flo Rida featuring Sia
8 9 Boyfriend / Justin Bieber
9 11 Where Have You Been / Rihanna
10 8 Glad You Came / The Wanted

次週≪≫前週

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
Billboard Album200 & HOT100 June 16 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる