あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20

<<   作成日時 : 2012/11/25 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20@東宝試写室

(C) 2012 ソニーPCL / ソニー・ミュージックレコーズ / ISOTOPE INC.画像
製作年:2012年
製作国:日本
日本公開: 2012年12月1日
上映時間: 1時間36分
配給: 東宝映像事業部

総合プロデュース: 須藤晃

キャスト
尾崎豊


【ストーリー】
26歳という若さで急死し、没後20年を経てもなおカリスマ的人気を誇るミュージシャン尾崎豊。10代の代弁者として一世を風靡(ふうび)した彼はおよそ2年半のブランクを経た後、1991年5月20日の横浜アリーナでの復活ライブに臨む。極度に緊張した尾崎の「久しぶりだね」という言葉と共に始まったステージの熱気を、18台のカメラを駆使して映し出す。

【感想】
1991年の5月に私が一番聞いていたアルバムはマライア・キャリーのデビューアルバムだ。
5月20日ならマライア・キャリーの“I Don't Wanna Cry”がデビュー以来連続4枚目のナンバー1を記録したところ。
何が言いたいかというと、わたしのミュージック・ライフにおいて、尾崎豊のプレゼンスはゼロだったということ。(笑)

そんな、尾崎ファンでも何でもないわたくしが、「復活 尾崎豊」観に行ってきました。

これは、映画というより、ライブ映像です。
きわめて貴重な記録であります。

まったく邦楽聞かない私でも、ラスト2曲は知ってました。
というより、他の曲は一度も聞いたことが無かったということの方がレアかな?

この方(尾崎豊)はまじめな方ですね。
自分が生きてることについて考えそれを歌詞にして作曲して皆に伝えようとした。

個々の人が生きてる意味なんかホモサピエンスの遺伝子を伝えること以外には無いのに(笑)

@個人の遺伝子が子孫に伝わる確率は
  
  lim(1/2)^n=0
 n→∞

A子孫が二人ずつ子供を製作(笑)すれば、トータル遺伝子が伝わる期待値は1となる。

個人の遺伝子には意味ないけど、各個人が自分の遺伝子を残そうと最善の努力(あがき)をすることがホモサピエンスのDNAを残すのには好都合なのである。

よって、あまり深く考えずに、生きてる間は、他人に迷惑かけない範囲で、できるだけ楽しく宇宙の悠久の時間の中ではほぼゼロに等しい人生を全うすれば良い。

尾崎ファンでない私からみても彼はかっこいい。
ましては尾崎ファンをや。
2週間限定だそうですから逃さず観に行って欲しいと思います。

≪曲目≫
01.FIRE.
02.DRIVING ALL NIGHT.
03.十七歳の地図.
04.僕が僕であるために.
05.きっと忘れない.
06.卒業.
07.FREEZE MOON.
08.永遠の胸.
09.太陽の破片.
10.誕生.
Encore
11.I LOVE YOU.
12.シェリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる