あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼 米長邦雄永世棋聖

<<   作成日時 : 2012/12/19 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日仕事中に米長邦雄永世棋聖の訃報が流れてきた。
先だっての第102回職域団体対抗戦のとき、米長会長は体調不良のため欠席。
その時になんとなく、この日が来ることが予感されていた。
それにしても69歳でのご逝去は早すぎる。

私が印象に残っている、米長先生の将棋から3局面を次の一手として出題し哀悼の意を表したい。
氏は残念ながら、あまり詰将棋はものにされなかったので詰将棋の出題なし。

第一問目は、大山康晴名人との初手合いより。
大山名人も米長さんと同じ69歳で亡くなられた。

第17期王座戦本戦一回戦第二局
昭和44年4月3日
先手 七段 米長邦雄
後手 名人 大山康晴
画像

後手の大山名人が4五銀を3四銀と引き、竜を追っ払おうとした局面。
竜を逃げれば1四香と歩を取られて何をやっているかわからない。
よって次の一手は当然の手ではある。
が、一連の読み筋の中に入っていて、その後も妙手が続くので極めて印象深い。
最後は名人の前に名を成さしめるが、実に面白い将棋だった。

第二問目は、中原名人とのB級U組順位戦
第23期B級U組順位戦
昭和43年8月29日
先手 六段 米長邦雄
後手 六段 中原誠
画像

後手の中原六段が8五金と打って粘りに来た局面。
先手勝勢だが、緩い手を指すと粘られる。
この将棋は次から次へと妙手が続出する。
米長先生の将棋は本当に面白いものが多い。

第三問目は、今は亡き村山聖八段との王将戦。
第43期王将戦挑戦者決定リーグ戦
平成5年12月10日
先手 名人 米長邦雄
後手 七段 村山聖
画像

これは詰将棋です。
詰むとわかっていれば発見はさほど難しくないかもしれません。
しかし、あの村山さんが見逃したくらいですから実戦での発見はきわめて困難でしょう。
米長先生の解説は
「村山君は5七角成で勝利を確定したと思っていただろう。
しかし村山君をせめることはできない。
なぜなら、次の一手はほかのプロ棋士では指せない一着である。」
と記し、米長先生をして“忘れられない一局”と言わしめています。
わたしも強く印象に残りました。

他にも、数々の名局はありますが、あえて上記三局をあげ、ご冥福を祈りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
追悼 米長邦雄永世棋聖 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる