あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 第102回職域団体対抗将棋大会

<<   作成日時 : 2012/12/02 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋の職団戦に参加してきた。
会場は、綾瀬の東京武道館。

わがチームは平成元年9月に開催された57回大会に初参加。
今回が39回目の出場となる。
先だって行われた希望退職で中心メンバーの一人が辞めてしまった。
参加が危ぶまれたがなんとか出場を果たすことができた。
社員数が多い割りに将棋の強い人が少ない。

第102回職域団体対抗将棋大会各クラスの優勝チームは下記の通り。

S級 NEC(1)
A級 NEC(2)
B級 アクセンチュア(1)
C級 神楽坂ITO
D級 日立製作所(3)
E級 農林中央金庫(1)
F級 さいたま地方法務局

10時ちょうどに会場に到着。
千代田線の最後尾に乗車したもんだから会場が遠いこと。
久しぶりだったので少し迷い、ギリギリの到着になってしまった。

今回もA級での参加である。

田中寅彦九段が埋め草まじえ開始の合図を出して対局が始まった。
米長会長が挨拶するはずだったが、体調不良で欠席とのこと。
心配である。

一回戦の対戦相手チームは、地方公務員さんたちのチーム。
遠くから旅費かけて参加する熱心さには頭が下がる。
何故か彼らとは縁があり、過去に2回も対戦したことがある。
75回大会B級4回戦と84回大会A級1回戦でいずれもチームとしては負けている。

戦型は先手まっつぁんこの居飛車、相手は向飛車。
居飛車穴熊に組み上げたのは良かったが膠着状態になってしまった。
画像

第1図から4五歩と突いた。
以下 同歩 3三角成 同桂 3一角 6二飛 4四歩 5三金 2五歩 同歩 5三角成 同銀 4三金 4二銀
と進行。
4四歩 が入ればなんとかなるかと思ったが、なんともならない。
へたくそである。(笑)
我ながらあきれた。
画像

4二銀と引かれて困った。
7五歩と突けばいいのに5五歩としてしまったので、あっさり4三銀引と清算されて切れ筋に陥った。

5五歩以下 4三銀引 同歩成 同銀 2五桂 2二飛 7五歩 同歩 7四歩 2五桂 6四銀 7六桂 同銀 同歩 7五桂 6二金打 7三歩成 同金左 同銀成 同玉 3三金 2四飛 4三金 5七角 5四歩 7五角成 5三歩成 8五歩 8七桂 4八馬 (第3図 100手目)と進行。
画像

手駒は乏しいし下手に攻めると入玉されそうだし困った。
長考のすえ、しかたなく5六銀と逃げてみた。
すると相手も長考のお返しの後、9二角と打ってきた。
たぶん悪手。
8五歩と歩を補充し、8六歩に7四歩と叩いて切れ筋を脱出。

5六銀 9二角 8五歩 8六歩 7四歩 同角 7五歩 9二角 7四銀 8二玉 6三と 同金 同銀成 8七歩成 同金右 7五馬 9五歩 同歩 9四歩 同飛 2五飛 8六歩 2二飛成 9三玉 7三成銀 7一銀 (第4図 126手目)
画像
 
7三成銀 と詰めろをかけた手に対し7一銀と打ってきた。
が、この手は無効で9二龍と切って簡単な詰みだった。
が、簡単な詰みが見えず8四桂と打ってしまった。
8四桂以下は同飛 同歩 8七歩成と進行。
以下即詰みに打ち取った。

チームとしては、他の全員が敗れ1−4負け。
敗者慰安戦にまわることになった。

敗者慰安戦の対戦チームは前回も対戦した大手企業。
なぜか同じチームと当たることが多く、これが3回目の対戦。
68回大会A級4回戦と101回大会A級2回戦の2回対戦して1勝1敗。
私の相手は千葉県代表の若者。
画像

先手まっつぁんこの居飛車にたいし、若者は中飛車。
定石不知のまっつぁんこは、正直いって中飛車は苦手である。
上の局面で、3六歩と突いてしまいそうになった。(笑)
わからないながら指しすすめたが馬を作られて不利な局面(第6図 70手目)をむかえる。
画像

この局面でわたしは3九飛 と寄った。
県代表の指し手3七歩 にたいし3三歩成として若干の手ごたえを感じた。
同馬なら6四桂、同飛なら4四銀でなんとか勝負になりそう。

後手はこの一局最長考慮時間で6三金左と上がってきた。
以下の指し手は、2三角成 3三馬 3二歩 2三馬 3一歩成 5五歩と進行。
その後は順当に県代表の前に名を成さしめてしまった。

終局後の感想で、県代表氏は
「6三金左の局面では、4二銀 と打たれるのがいやだった。
 4三と と寄られると5三とが防げない。
 4二銀とは打って来ないだろうと思って6三金左と上がった。」
とのことだった。
が、私の研究では、4二銀としても2一飛と寄られ、4三と と寄ると4六馬とされて困る。
3四角 と逃げれば3五馬とされ4四と とするくらいしかないが3四馬 同と 5五桂 くらいでダメ。
1八角 と逃げるのも2六桂 や 4八銀 でダメ。
結局、本譜よりももっとこっぴどく負かされそうだ。
もっと前の序盤に問題があったようである。
だいたい、年に2回しか将棋を指さずに県代表に勝とうって方が間違ってる(笑)

チームも1−4で敗者慰安戦一回戦敗退という結果に終わった。
次回はまたB級で指すことになりそうである。

第107回職団戦≪≫第101回職団戦



テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第102回職域団体対抗将棋大会 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる