あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 舟を編む

<<   作成日時 : 2013/03/31 08:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 39 / コメント 4

舟を編む@東商ホール

(C) 2013「舟を編む」製作委員会画像
製作年:2013年
製作国:日本
日本公開: 2013年4月13日
(丸の内ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間14分
配給: 松竹 /アスミック・エース

監督: 石井裕也

キャスト
馬締光也☆松田龍平
林香具矢☆宮崎あおい
西岡正志☆オダギリジョー
黒木華


【ストーリー】
玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれし……。

【感想】
原作は2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。
彼女の作品は随分と人気が高いようだがまだ一度も読んだことがない。
今度読んでみよう。
映画化された「まほろ駅前多田便利軒」「風が強く吹いている」は両方とも観た。

石井裕也監督の
あぜ道のダンディ(2011年6月18日公開)
ハラがコレなんで(2011年11月5日公開)
は観たが、評判の高い「川の底からこんにちは」は未見。
友人が「川の底からこんにちは」は掛け値なしの傑作なんて言うもんだから、次の2作品期待値MAXで観て裏切られた。

で、今度の作品は?

ちょっと長いけど面白かった!

映画の軸は、辞書 “大渡海” の編纂という15年がかりの気の遠くなるような作業。
身近にありながら製作過程不明の辞書が主人公というところが良い。
(映画の手柄ではなく原作の手柄だけど)

興味深い題材+馬締の恋愛模様をほどよくブレンド。
加藤剛が演じた辞書の監修者松本先生もポイント。
日頃普通の会社で働いていると縁遠く感じるプロ根性が見られた

あおいちゃんは、いつもと同じような役柄だ。
安定してるけど物足りない。
今後殻を破るようなブレークスルーを期待。

松田龍平も・・・いつもと似た感じだけど合っていた。
つい、お父さんをイメージしながら観てしまう。
お父さんと違うことはよくわかったので、たまには、お父さんがやったような役もみてみたい。

前日、仕事で午前様になり、途中で寝ちゃうんじゃないかと危惧したけどだいじょうぶだった。
ヘロヘロのわたしでも寝なかった作品。
3日たってもまだヘロヘロ状態が続いているので感想もヘロヘロ(笑)
たぶん面白いのでご期待ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(39件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2013/03/31 10:23
舟を編む
玄武書房・営業部で持て余されていた27歳の馬締(まじめ)光也は、言語能力を買われ、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り掛かったばかりの辞書編集部へ異動となった。 辞書作りは、用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正など、気が遠くなるほど地味な作業の連続だが、馬締はそんな仕事が全く苦にならない。 ところが、ある日「大渡海」中止の噂が入って来る…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2013/04/01 08:37
舟を編む
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。 ...続きを見る
悠雅的生活
2013/04/13 16:40
舟を編む
大渡海めっちゃ欲しい。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/04/13 17:40
映画 舟を編む
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2013/04/13 22:39
舟を編む
なるほど、こうきますか。 ...続きを見る
勝手に映画評
2013/04/14 17:07
舟を編む
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2013/04/14 18:13
『舟を編む』(2013)
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。 原作より集約されたキャラクター、逆に膨らまされているキャラクターがいたり、細部に亘って違いはあるものの、なかなか良心的な映画化だったと思います。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2013/04/14 20:47
舟を編む
三浦しをん著の同名小説を石井裕也監督が松田龍平主演で映画化したドラマです。 原作が大好きだったので、この物語をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 辞書作りという未知の世界がとても面白く感じられるような作品になっていました。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2013/04/14 20:58
映画 舟を編む
・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也... ...続きを見る
充実した毎日を送るための独り言
2013/04/14 21:13
「舟を編む」 大海を渡る拠り所
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/04/14 22:55
言葉の海を渡るひとたち。〜「舟を編む」〜
4月9日。試写会、高槻アレックスシネマにて。 ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2013/04/14 23:13
映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*)
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2013/04/15 15:54
舟を編む
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2013/04/16 00:19
大渡海〜『舟を編む』
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/04/16 07:23
舟を編む
 日本  ドラマ  監督:石井裕也  出演:松田龍平      宮崎あおい      オダギリジョー      黒木華 ...続きを見る
風情♪の不安多事な冒険 Part.5
2013/04/16 10:31
劇場鑑賞「舟を編む」
言葉は、生きている… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/04/16 14:46
映画『舟を編む』
 今日も新宿ピカデリー。『舟を編む』を観てきました。原作は未読ですが、文庫になったら読むつもりです。  これまで読んだ三浦しをんさんの小説の中では(それほど読んではいないけど)、『まほろ駅前多田便利軒』と『神去村なあなあ日常』がお気に入りです。 Story … ...続きを見る
健康への長い道
2013/04/17 21:14
映画「舟を編む」
映画「舟を編む」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2013/04/18 00:27
『舟を編む』
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月13日... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/04/18 12:13
舟を編む
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが... ...続きを見る
にきログ
2013/04/20 22:40
舟を編む
辞書作りって大変なんだな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/04/21 02:08
舟を編む  監督/石井裕也
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー ...続きを見る
西京極 紫の館
2013/04/22 22:46
映画「舟を編む」感想
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2013/04/23 23:01
舟を編む
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2013/04/24 22:03
「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/04/26 06:15
映画「舟を編む」仕事に何を求めるのか
映画「舟を編む」★★★★ 松田龍平、宮崎あおい オダギリジョー、黒木華 出演 ...続きを見る
soramove
2013/04/29 23:39
映画・舟を編む
2013年 日本 ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2013/05/02 13:12
辞書を作ろう!
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2013/05/04 09:57
「舟を編む」 (2013 松竹)
出版社のさえない営業マンとして松田龍平が登場したとき、誰もがびっくりしたはずだ。 ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2013/05/04 19:19
[映画『舟を編む』を観た(寸評)]
☆いい映画でした。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2013/05/12 09:00
舟を編む
監督は石井裕也。 ...続きを見る
花ごよみ
2013/05/18 13:22
石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平 ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2013/05/20 01:23
舟を編む
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 ...続きを見る
単館系
2013/05/23 23:09
舟を編む
舟を編む &#039;13:日本 ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を♪...
2013/06/11 23:08
舟を編む
辞書作りって、こんな風にアナログで地道な作業だったんだと感動〜。 ...続きを見る
シェイクで乾杯!
2013/07/06 20:49
『舟を編む』 なぜ1995年なのか?
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実な問題でもある。  それどころか、時代設定が1995年であるところがミソなのだ。  20年にも及ぶ辞書作りは、いつの時代を舞台にし... ...続きを見る
映画のブログ
2014/01/03 21:16
舟を編む
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集して作っているものと思っていた。はっきりいって、辞書を観る目が変わったように思う。 何気なく普段遣っている言葉、その意味をいざ説明してみろといわれたら、我々は出来るだろうか?劇中、序盤で主人公が「右」という言葉を説明してみろといわれるシーン... ...続きを見る
いやいやえん
2014/01/06 08:42
舟を編む
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 ...続きを見る
タケヤと愉快な仲間達
2014/02/09 17:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょこちょこ笑があって良かったと思いますが
私には長かった(笑)
同じく「川の底からこんにちは」を観てないので
今度、見ようと思ってます。
yutarou
2013/03/31 10:28
yutarouさん
「長かった」という感想がいつもと逆ですね(笑)
「川の底」は試写会当たったけどちょうどその日の舞台のレアチケットを取ってしまっていて断腸の思いで断念。そのままスルーしてしまいました。
まっつぁんこ
2013/03/31 13:31
辞書作りの苦労が描かれていますが、その点が面白く原作を読んでみたくなりました。
女性の観客が多かったのはやはり松田龍平とオダギリジョーが出演しているからでしょうか。
八千草薫、小林薫、加藤剛といったベテラン俳優も素晴らしかったです。
伊佐山ひろ子が重要な役で出ているのが、古くからの映画ファンには嬉しいところです。
実は今年の初日本映画です。日本映画はやはりいいですね。
猫好きにもお勧めの映画でした。
きさ
2013/04/20 08:10
きささん
「女性の観客が多かった」そうですか。
試写会は一部(アクション系)を除けば女性優位が定常状態。映画館に見に行くと、いつも男の方が多い気がする(特に洋画)のでやはりキャストの力なんでしょう。
「日本映画はやはりいい」つまらんのも多いですけど(笑)
まっつぁんこ
2013/04/20 18:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
舟を編む あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる