あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 第24回東京国際コイン・コンヴェンション

<<   作成日時 : 2013/05/02 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も「第24回東京国際コイン・コンヴェンション」がロイヤルパークホテルで開催されている。

催事:第24回東京国際コイン・コンヴェンション
     (主催:日本貨幣商協同組合)
開催場所:ロイヤルパークホテル(東京都中央区)
開催期間:平成25年5月2日(木曜日)〜5月4日(土曜日・祝日)
        3日間

毎年ゴールデン・ウィーク期間中の開催だが、今年は平成25年5月2日(木)から5月4日(土・祝)まで。

造幣東京フェアとは異なり通常の貨幣セットだけが発売される。
今年も貨幣セット購入のためだけに会場を訪問することにした。

ケースのデザインは、第24回東京国際コイン・コンヴェンションのテーマである“お札の肖像〜同世代のコインたち〜”にちなみ、表面にこれまで発行された地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣のうち肖像が描かれている、秋田県(白瀬矗)、宮城県(伊達政宗)、高知県(坂本龍馬)、佐賀県(大隈重信)及び大分県(双葉山)の表面の図柄を、裏面に同千円銀貨幣の裏面の図柄を配しています。
 また、年銘板のデザインは、表面に聖徳太子の肖像を、裏面に製造年を表す「’13」と干支の巳(へび)のイラストを配しています。

だそうである。
画像

霞が関を10時4分に出発し、ロイヤルパークホテルには10時23分に到着。
ホテルの2階にある東雲の間が一時待合室になっていたのは昨年と同じ。
東雲の間に収まりきれないお客がロビーに大量にあふれだしていた。
私の到着時で、待ち行列はだいたい400人目くらいだったと推定。
昨年は二日目に買いに来たが初日は倍以上のお客が来るようだ。

黄色いプラカードを持った係員がやってきて次のようにアナウンス。

「重要なお知らせがあるのでお聞きください。
このプラカードをもった係りが行列に並ぶことがあります。
お客様全員が制限いっぱいに購入した場合このプラカード以降のお客様は購入できないことがありますのでご了承ください。」

おっさんが
「今日の販売数と購入制限数はいくつだ?」
「まだ決まっておりません。」
「上の人のところいって早く決めて来いバカヤロウ」
短気なおっさんと、役立たずの若い係員が面白かった。(笑)

販売開始時刻11時の少し前から3階の販売コーナーへの移動が開始される。
行列は少しずつ前進し、11時15分に東雲の間に入って座ることができた。
それもつかの間、10分くらいでまた3階の販売コーナーへ移動。
販売コーナーには椅子がなく、購入まで行列に並んで待つことになった。

本日(5月2日)の販売予定数は3,500セット。
一回の購入は5セットまでとアナウンスがあった。
販売開始11時の段階で、最後尾は700人。
再度並んだとしても購入できない可能性がありますのでご注意くださいとアナウンスされていた。

定刻の11時に販売が開始され、私が購入を終えたのは11時54分。
販売窓口の数は4コーナー。
1人当りの処理時間を昨年通り32秒と仮定すると私はほぼ400人目くらいだったと推定できた。

第25回東京国際コイン・コンヴェンション≪≫造幣東京フェア2012第23回東京国際コイン・コンヴェンション

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第24回東京国際コイン・コンヴェンション あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる