あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 『ムサシ』ロンドン・NYバージョン

<<   作成日時 : 2013/10/16 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

『ムサシ』ロンドン・NYバージョン@彩の国

10月13日(日)の昼公演に行ってきました。
さいたま芸術劇場は初めて。
良い劇場だけど、ちと駅から遠すぎ。
健脚のわたしでも10分かかりました。
余裕をもって出かける必要がある劇場。
平日の参戦は一般サラリーマンにはムリ。

演目からみて、男性むけかと思いきや観客の殆どは女性客でした。
ざっとみて8割がたといったところ。
藤原達也と溝端淳平が出演してるからなんでしょうね。

画像

公演日程
2013年9月27日(金)〜10月20日(日) 埼玉公演 彩の国さいたま芸術劇場
2013年10月25日(金)〜29日(火) 大阪公演 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2013年11月8日(金)、9日(土) シンガポール公演 エスプラネード・シアター
2014年 韓国公演

キャスト
宮本武蔵☆藤原竜也 
佐々木小次郎☆溝端淳平 
筆屋乙女☆鈴木 杏 
沢庵和尚☆六平直政 
柳生宗矩☆吉田鋼太郎 
木屋まい☆白石加代子
平心☆大石継太 
忠助☆塚本幸男 
浅川甚兵衛☆飯田邦博 
浅川官兵衛☆堀 文明 
只野有膳☆井面猛志

【あらすじ】

慶長十七年(一六一二)陰暦四月十三日正午。
豊前国小倉沖の舟島。真昼の太陽が照り付けるなか、宮本武蔵と佐々木小次郎が、たがいにきびしく睨み合っている。小次郎は愛刀「物干し竿」を抜き放ち、武蔵は背に隠した木刀を深く構える。武蔵が不意に声をあげる。「この勝負、おぬしの負けと決まった」。約束の刻限から半日近くも待たされた小次郎の苛立ちは、すでに頂点に達していた。小次郎が動き、勝負は一撃で決まった。勝ったのは武蔵。検死役の藩医に「お手当を!」と叫び、疾風のごとく舟島を立ち去る武蔵。佐々木小次郎の「厳流」をとって、後に「厳流島の決闘」と呼ばれることになる世紀の大一番は、こうして一瞬のうちに終わり、そして……物語はここから始まる。

【感想】

開演時間は12:30の予定だったが珍しく遅れた。
12:36に笙の音、鼓の音と共に開演。

いきなり、藤原ムサシと溝端小次郎の対決シーン。

藤原ムサシが溝端小次郎を打ち倒し
「手当すれば助かるかもしれない・・・」
と言って走り去る。

このシーンには舞台セットは何もない。

クライマックスシーンを最初に持ってきて、時間が遡るのかなと思った。
(なにしろ、内容については全くの白紙状態でみている)

続いて舞台転換が行われる。

竹の株がわらわらと舞台に出てくる。
ぐるぐると位置を変えながら、合間に法蓮寺のセットもバラバラに登場。
何時の間にやら、正面に法蓮寺の庫裡が姿をあらわす。
竹は庫裡の裏や舞台袖に配置される。

この転換がなかなか見事だった。

この後は、もっと殺陣があるのかと思ったら殆どない。
ストレートプレイの連続。

特に五人六脚の場面では場内が笑の渦につつまれる。

細かい内容については大胆に省略(笑)
「復讐の連鎖を絶て」というメッセージが強力に伝わってくる作品だった。

カーテンコールは5分ほど。
最後はスタンディングオベーション。
ひねくれものの私は座ったまま拍手をしていた。

まっつぁんこ選定のベストアクトは溝口淳平。
藤原ムサシも勿論良かったけど、特に若者が良かったと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ムサシ」観てきました
鑑賞劇場:彩の国さいたま芸術劇場作 :井上ひさし演出:蜷川幸雄出演:藤原竜也/小栗旬/鈴木杏/辻萬長/吉田鋼太郎/白石加代子他久しぶりに今日は演劇です。彩の国さいたま芸術劇場... ...続きを見る
NiceOne!!
2013/10/28 07:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まっつぁんこさん☆
NYバージョンだと日本バージョンとどうのように違うのでしょうかね?
私はロンドンで観ました。
日本人とイギリス人半分ずつくらいで、満席でしたよ。
さすがだなー☆とその時思いましたね。
そして私も竹の舞台転換に感動しました。
ノルウェーまだ〜む
2013/10/19 00:28
ノルウェーまだ〜むさん
2009年初演のムサシは埼玉公演と大阪公演のみ。
2010年の再演はロンドンで開幕。
小次郎が小栗旬から勝地涼に変わったくらいで内容は大きく違わないようです。タイトルにロンドン・NYバージョンがついたので何か変えているんでしょうけど観てないからわからない(笑)
初演の時はチケット歯が立ちませんでした。
まっつぁんこ
2013/10/20 23:11
初演の小栗くんに代わって溝口くんですか。どうでした?
さいたま芸術劇場、何であんなとこに作ったんだろうね。あの立地はほんと行く気なくすわ(苦笑)
rose_chocolat
2013/10/28 07:15
rose_chocolatさん
記事に書いてありますが溝端くんがベストアクト。とっても良かったと思います。
あの立地は一般サラリーマンは対象外と宣言しているようなもの。平日に行く気にはなれません。
まっつぁんこ
2013/10/28 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ムサシ』ロンドン・NYバージョン あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる