あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS レイルウェイ 運命の旅路

<<   作成日時 : 2014/04/05 13:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 2

レイルウェイ 運命の旅路@角川シネマ有楽町
画像
(C) 2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
英題:THE RAILWAY MAN製作年:2013年製作国:オーストラリア/イギリス日本公開:2014年4月19日 上映時間:1時間56分 配給:角川書店

監督: ジョナサン・テプリツキー

キャスト
エリック☆コリン・ファース
パトリシア☆ニコール・キッドマン
ジェレミー・アーヴァイン
ステラン・スカルスガルド
永瀬☆真田広之
サム・リード
石田淡朗


【ストーリー】
第2次世界大戦中に日本軍の捕虜となったエリック(コリン・ファース)は、タイとビルマ間を走る泰緬鉄道建設のための強制労働に就かされる。彼は過酷な戦争体験に苦しみながらも、妻パトリシア(ニコール・キッドマン)と一緒に穏やかな日々を送ろうとしていた。そんなある日、エリックは当時施設にいた日本人通訳の永瀬(真田広之)が生存していると知る。

【感想】
一面的であまり深みがない。
ひとことで要約すると次のような映画である。

黄色人種(日本人)の信じられない蛮行でPTSDになった白人が大いなる寛容をもって赦しを与える!

シンガポールで英国人を捕虜にして泰緬鉄道建設のための強制労働に就かせたのは事実であろう。
が、日本が彼の地で行った統治は、白人による収奪とはまるで違う。
だから、タイとビルマ間を走る鉄道は今も動き、現地の人々に貢献している。

主人公だって、拷問にはあったのかもしれないが、ちゃんと生きて帰還している。
シベリア抑留や満州引き上げで日本人が被ったような悲惨な扱いはうけていない。

こんな映画は欧米の視点で製作するのではなく、事実に基づきもっと公平に描いてもらいたいものだ。
それも
当事者が亡くなる前に事実を捻じ曲げずに描いて欲しい。

ただ、憎しみより寛容が重要で、事実に基づき話しあうことが必要という、パトリシアさんのメッセージは正しいと思う。






レイルウェイ 運命の旅路 (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店
エリック・ローマクス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レイルウェイ 運命の旅路 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ポスター A4 パターンE レイルウェイ 運命の旅路 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポスター A4 パターンE レイルウェイ 運命の旅路 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『レイルウェイ -運命の旅路-』 2014年3月27日 角川シネマ有楽町
『レイルウェイ -運命の旅路-』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2014/04/05 20:34
レイルウェイ 運命の旅路
イギリス。 鉄道好きの退役軍人エリック・ローマクスは、列車で相席になった女性パトリシアと恋に落ち結婚する。 幸せな毎日だったが、毎夜、エリックは悪夢に悩まされていた。 第二次世界大戦中の1942年に日本軍の捕虜となった彼は、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道(たいめんてつどう)建設の過酷な労働に従事させられ、拷問を受けた時のことが、今も忘れられないのだった。 そんな時、彼は日本軍の通訳だった永瀬隆が生きていることを知る…。 戦争ヒューマンドラマ。  ...続きを見る
象のロケット
2014/04/13 00:45
『レイルウェイ 運命の旅路』 (2013) / オーストラリア・イギリス
原題: The Railway Man 監督: ジョナサン・テプリツキー 出演: コリン・ファース 、真田広之 、ニコール・キッドマン 、ステラン・スカルスガルド 、ジェレミー・アーバイン 、サム・リード 、石田淡朗 試写会場: よみうりホール ...続きを見る
Nice One!! @goo
2014/04/14 09:46
レイルウェイ 運命の旅路
エリック・ローマクス著の自叙伝をコリン・ファース主演で映画化したヒューマンドラマです。 コリン・ファース&ニコール・キッドマンと真田広之が共演すると聞いて気になっていました。 過酷な戦争体験に傷付いた主人公の心の行方を、息をつめながら見つめていました。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2014/04/14 12:49
「レイルウエイ 運命の旅路」☆心の真ん中にあるもの
ノンフィクション大賞に輝いた元英国人将校エリック・ローマネスクの壮絶な戦争体験を描いた自叙伝の映画化。 戦争体験とかけ離れた現代の恋愛が美しく描かれ、当時の記憶とのギャップがより一層際立っている。 真田広之が出ているとは知らずにいたので、その重要な役どころにびっくり☆ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2014/04/17 13:04
レイルウェイ 運命の旅路
何の予備知識も無い状態での鑑賞ながらも、なかなかに見応えのある内容だった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/04/19 19:36
映画・レイルウェイ 運命の旅路
原題 THE RAILWAY MAN2013年 オーストラリア、イギリス ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2014/04/29 17:19
レイルウェイ 運命の旅路
このリベンジ・マッチはないだろう 公式サイト。オーストラリア=イギリス、原題:The Railway Man。エリック・ローマクス原作、ジョナサン・テプリツキー監督。コリン・ファース、ニコ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/04/29 18:37
レイルウェイ 運命の旅路
 『レイルウェイ 運命の旅路』を渋谷のシネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2014/05/07 06:22
『レイルウェイ 運命の旅路』 日本人にできること
 映画が素晴らしいだけでなく、映画が存在することが素晴らしい――そんな作品がある。  映画を完成させ、世界に発信していくことの意義――その崇高さに圧倒される作品がある。  『レイルウェイ 運命の旅路』がまさにそれだ。 ...続きを見る
映画のブログ
2014/05/07 20:00
レイルウェイ 運命の旅路
原題 The Railway Man 製作年度 2013年 製作国・地域 オーストラリア/イギリス 上映時間 116分 原作 エリック・ローマクス 監督 ジョナサン・テプリツキー 出演 コリン・ファース/ニコール・キッドマン/ジェレミー・アーヴァイン/ステラン・スカルスガルド/石田淡朗/真田... ...続きを見る
to Heart
2014/05/12 01:31
「レイルウェイ 運命の旅路」
人の心にキズを残す「戦争」というものは、してはいけない。…を改めて確認しよう。 ...続きを見る
或る日の出来事
2014/05/15 09:38
レイルウエイ 運命の旅路  The Railway Man
昨年末の安倍総理の靖国参拝を受け、今年の初めに駐英中国大使と駐英日本大使が相次いで デイリー・テレグラフ紙に寄稿した論説でエリック・ローマックスと永瀬隆両氏の存在、 本作が4月に公開されることを知り、その流れで往年の「戦場にかける橋」を見ました。    詳... ...続きを見る
映画の話でコーヒーブレイク
2014/05/19 00:58
映画『レイルウェイ 運命の旅路』を観て
14-37.レイルウェイ運命の旅路■原題:The Railway Man■製作年、国:2013年、オーストラリア・イギリス■上映時間:116分■料金:1,800円■観賞日:4月26日、新宿ピカデリー(新宿)□監督:ジナサン・テプリツキー◆コリン・ファース◆ニコール・キッドマン◆真田... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2014/06/01 22:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まっつぁんこさん☆
自叙伝をもとに・・・なので、まさか事実を捻じ曲げているとは知りませんでした。
それでちょっと違和感あったのですね。
それならそのまま書簡のやり取りで交流を深め、それぞれの心の奥を浮き彫りにするって言うほうが良かったような。
ノルウェーまだ〜む
2014/04/17 13:07
ノルウェーまだ〜むさん
パトリシアさん(実物)出席のティーチインで言ってましたから間違いありません。
妙な脚色はしないでいただきたいところです。
まっつぁんこ
2014/04/22 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイルウェイ 運命の旅路 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる