あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NHK杯戦木村一基八段VS佐藤天彦七段

<<   作成日時 : 2014/07/20 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さきほど終了したNHK杯戦木村八段VS佐藤七段戦は時間の長い将棋ではたぶんみられない斬りあいで面白かった。

まずは第1図、先手の木村八段が2三角成と序盤から角をぶった切った局面。
画像

第1図からの指し手
2三同飛 3四歩 4五桂 同歩 6四角 3八飛 1九角成 3三歩成 3七歩 同飛 第2図

一直線の斬り合いとなる。
3三歩成のところで、渡辺二冠は同金 1五桂 3七歩 同銀 2四飛 2八銀 などを解説。
感想戦では、3七歩 同飛に3三金とすると2八銀打 同馬 同金 3四歩 3六飛 などが研究される。

実はこの局面では既に先手が優勢だったようだ。
画像

第2図からの指し手
3七同馬 2三と 9五角 7七桂 4八馬 同金 4六香 3八金 4九飛 6六歩 7六銀 7五飛 第3図
9五角から4六香とされて生きた心地がしない。
画像

4六香 に対し受け師木村八段は3八金と逆方向にいった。
が、普通に5八金でもだいじょうぶだったみたい。(笑)
4七銀とかからまれたら5九銀とうけておく。
以下 5八銀成 同銀 4八香成 3七銀 などと受けつぶす。
いずれにせよ、この局面は既に後手切れ筋のようだ。

7五飛のところは、3二と の方が勝ちが早かった。
4八香成 なら同金 同飛成 5八金 でダメ。
7七銀成 の突進は同金 同角成 同玉 7九飛成 6七玉 で詰まない。
以下5六玉の脱出をふせぐ6四桂なら、5四桂 同歩 5三角 同玉 4三金 6二玉 5二飛 同金 同金 同玉 4一銀 6一玉 5二金 7一玉 6二銀 7二玉 6一角 で詰みだ。
6四桂でなく5五金と逃げ道をふさぐのは9五角 7三桂 5六歩 でダメ。

最初に訪れたチャンス2三角成を逃さず的確にとらえた木村八段の完勝譜だった。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK杯戦木村一基八段VS佐藤天彦七段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる