あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK杯戦増田裕司六段VS阿久津主税八段

<<   作成日時 : 2014/07/06 13:36   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さきほど終了したNHK杯戦増田六段VS阿久津八段戦は大逆転だった。

第1図は先手の増田六段が取り込まれた7六歩を放置して勝負手3四銀打を繰り出したところ。
この局面は明らかに後手の阿久津八段が優勢と思われる。
画像

後手の阿久津八段は当然7七歩成と銀得を果たす。
第1図以下の指し手
7七歩成 同桂 3四金 同銀 6九銀 (第2図) 
画像

6九銀は急ぎ過ぎ。
3三銀打 とか受けに回った方が確実だった。
他に7六歩も有力。
色々勝ちがありそうな局面。
第2図以下は
2三歩 3三金 2二歩成 同玉 2四角 (第3図)
画像
 
2四角と出られてみるとうまい受けがない。
7八銀成 同玉 3一玉 として受かるかと思ったが3三角成とされてダメ。
同桂ととると、2一飛成 同玉 2二金 同玉 2三銀 3一玉 3二金 で詰められる。
単に3一玉でも3三角成でダメ。
やはり6九銀として2三歩を打たれてはいけないようだ。

第3図以下は
同金 同飛 3一玉 2二飛成 4一玉 3二金 5二玉 4二金 5三玉 4三金 6四玉 6五歩 (第4図)
とすすむ。
画像

阿久津八段は6五歩を同桂と取った。
そのため7五角と打たれて詰んでしまった。
詰まない玉を詰まされてしまったので頓死である。
第4図以下の指し手は
6五同桂 7五角 同玉 7六歩 6四玉 7五金 5四玉 5二龍 迄87手 増田六段の勝ち

6五歩にたいし
@7五玉は7六歩 8四玉 7五金 9四玉 8五角 同桂 同金まで
A7四玉は8五角 同桂 7二龍 7三金 7五金 同玉 7三龍 7四歩 7六歩 同玉 7四龍 6六玉 6七金打まで
結局詰みを逃れるには6五同飛とするしかない。
この6五飛を同桂と取ると先手玉は詰み。
詰手順は以下の通り
6六角 7七歩 7八銀成 同玉 7七角成 同玉 6五桂 7六玉 7七金 8六玉 7五金 9六玉 8四桂 9五玉 9四歩 まで
6五同飛を同桂と取れないとなると、王手で角を打って自陣に利かすしかない。
たとえば8六角は7五銀と受けられる。
そこで6五桂と飛車をとると8六銀と角をはずされて先手の負けだ。

第3図では先手の勝ちだったが、第4図では逆に後手の勝ちになっている。
(ちなみに第1図は後手大優勢)
第4図の6五歩では2八龍と引いて受けに回って先手が優勢。
が、簡単に勝ちといえるような局面ではなかった。
手数は短かったが二転三転の面白い将棋だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
NHK杯戦増田裕司六段VS阿久津主税八段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる