あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 嗤う分身

<<   作成日時 : 2014/11/03 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

嗤う分身@西荻ターニング

画像
(C) Channel Four Television Corporation, The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
英題:THE DOUBLE
製作年:2013年
製作国:イギリス
日本公開:2014年11月8日 (シネマライズほか)
上映時間:1時間33分
日本語字幕:種市譲二
提供:新日本映画社
配給:エスパース・サロウ

監督・脚本: リチャード・アイオアディ

キャスト
ジェシー・アイゼンバーグ
ミア・ワシコウスカ
ウォーレス・ショーン
ノア・テイラー
ヤスミン・ペイジ
キャシー・モリアーティ
ジェームズ・フォックス


【ストーリー】
要領が悪く存在感の薄いサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は周囲からまともに相手にされず、向かいの部屋に住む職場の同僚ハナ(ミア・ワシコウスカ)を望遠鏡でのぞくパッとしない毎日を送っていた。そんなある日、彼と生き写しのような新人ジェームズ・サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)が入社してくるが、職場では誰もジェームズの存在に驚かない。容姿は同じでも性格は全然違うジェームズの登場により、サイモンは追い詰められていき……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★☆

万人にはすすめ難い。

フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。
とのことだが、ドストエフスキーは全く感じられなかった。(笑)

映画の冒頭は、地下鉄の車内。
ジェームスが、ガラガラの電車のある座席に座っている。
すると、男から「そこは私の席だ」と言われる。
とまどうジェームス。
男はさらに「そこは私の席だ」とジェームスをどかせにかかる。

他に席はいくらでもあるのに。

しぶしぶ席を譲るジェームス。
わけのわからないスタートで不条理劇が始まる。

さて、目的地に到着。
ジェームスは下車しようとするが、荷物を電車に運び入れる男に妨害される。

「邪魔だからどけ!」

とでも言って強引に降りればいいのにそれができないジェームス。

ようやく下車するが、持っていたカバンを扉にはさまれてしまう。
そのままカバンは列車と共に失われる。

ようやく勤め先に到着。
身分証がないため入れてもらえない。

毎日出社して顔見知りのはずの守衛に、「おまえなんか知らない」

そして、分身、名前と苗字がひっくりかえっただけのサイモンが颯爽と登場する。

というわけで、訳の分からない映画です。(笑)
こういう訳のわからない好きな人におすすめ。

映像は近未来的世界をシュールに描いていて独特。
さらに独特なのは、劇中歌として日本の昭和歌謡が流れるところ。
坂本九の「上を向いて歩こう」
ブルーコメッツの「ブルー・シャトー」
こんなのがまるまる流れる洋画初めて観た。
変なの(笑)
特異な世界観が異彩を放っていたのはたしか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【TIFF_2013】『ザ・ダブル/分身』 (2013) / イギリス
原題: The Double 監督: リチャード・アヨエイド 出演: ジェシー・アイゼンバーグ 、ミア・ワシコウスカ 、ウォーレス・ショーン 、ノア・テイラー ...続きを見る
Nice One!! @goo
2014/11/06 08:29
嗤う分身 (ザ・ダブル)/The Double
ある日、自分と同じ姿の人間が現れて、全てを奪っていく ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2014/11/07 00:53
嗤う分身・・・・・評価額1650円
ホンモノの“僕”はどっちだ? ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2014/11/08 16:34
嗤う分身
評価:★★☆【2.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2014/11/09 09:45
嗤う分身
 イギリス  ドラマ&サスペンス  監督:リチャード・アイオアディ  出演:ジェシー・アイゼンバーグ      ミア・ワシコウスカ      ウォーレス・ショーン     ... ...続きを見る
風情♪の不安多事な冒険 Part.5
2014/11/09 16:36
嗤う分身 (2013)
〈あらすじ〉 内気で要領が悪く、驚くほど存在感の薄い青年サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。 ...続きを見る
ジュライシネマログ
2014/11/11 16:58
嗤う分身
厳しい束縛と管理体制が敷かれた世界の、“大佐” なる者が君臨する会社。 勤続7年なのに誰にも相手にされない青年サイモン・ジェームズは、ある日、見知らぬ男の飛び降り自殺を目撃する。 その後、サイモンと瓜二つの男ジェームズ・サイモンが、会社期待の新人として入社してきた。 だが不思議なことに、上司も同僚も、誰一人この状況に驚かない。 サイモンはますます影の薄い存在になっていくのだが…。 スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2014/11/11 20:53
嗤う分身
要領が悪く存在感の薄いサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、周囲からまともに相手にされず、向かいの部屋に住む職場の同僚ハナ(ミア・ワシコウスカ)を望遠鏡でのぞくパッとしない毎日を送っていた。 ある日、サイモンと生き写しのような新人、ジェームズ・サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)が入社してくる。 混乱するサイモンをよそに、人当たりの良いジェームズはすぐに周囲の人望を集め... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2014/11/14 15:45
映画・嗤う分身
2013年 イギリス原題 THE DOUBLE 原作 ドストエフスキー「二重人格」 ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2014/11/15 15:41
嗤う分身〜回帰分析的ハッピーエンド
公式サイト。イギリス映画。原題:The Double。フョードル・ドストエフスキー原作、リチャード・アイオアディ監督。ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/11/15 22:08
『嗤う分身』('14初鑑賞77・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 11月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:55の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2014/11/25 21:43
またも瓜二つの人物の出現
10日のことですが、映画「嗤う分身」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2015/03/14 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
西荻って試写?
rose_chocolat
2014/11/06 08:30
rose_chocolatさん
試写です。
休みの日なのに年寄ばかりでした。
ブルコメライブはパスして帰りました。
まっつぁんこ
2014/11/07 07:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
嗤う分身 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる