あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS ホビット 決戦のゆくえ

<<   作成日時 : 2014/12/09 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 4

ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー
画像
(C) 2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
英題:THE HOBBIT:THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開: 2014年12月13日 (新宿ピカデリーほか)
上映時間: 2時間25分
配給: ワーナー・ブラザース映画

原作: J・R・R・トールキン
監督・脚本: ピーター・ジャクソン

キャスト
ビルボ・バギンズ☆マーティン・フリーマン
ビルボ(老年期)☆イアン・ホルム
灰色のガンダルフ☆イアン・マッケラン
トーリン・オーケンシールド☆リチャード・アーミティッジ
レゴラス☆オーランド・ブルーム
タウリエル☆エヴァンジェリン・リリー
バルド☆ルーク・エヴァンズ
スランドゥイル☆リー・ペイス
ガラドリエル☆ケイト・ブランシェット
エルロンド☆ヒューゴ・ウィーヴィング
サルマン☆クリストファー・リー
(声の出演)
スマウグ☆ベネディクト・カンバーバッチ


【ストーリー】
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★ 平凡かな(笑)

ますます「ロード・オブ・ザ・リング」っぽくなっていた。
もともとトールキンの原作「ホビット」にはサウロンもレゴラスも出てこない。
ガラドリエルもエルロンドも出てこない。
それに「指輪物語」と違い一冊で終わりだ。
というわけで・・・
三部作になるような話ではないのだが、いっぱい原作にない部分を付け足して仕立てあげている。
その結果が、「ロード・オブ・ザ・リング」前章みたいな本三部作として結実。

今回の作品は、「ロード・オブ・ザ・リング」ファンとしては楽しく観ることができた。
が、わたしは、ファンタジーアクションとしては平凡かなと思ったわけである。

ところが、IMDBの評価点は9.4とバカ高い。
「思いがけない冒険」も前作「竜に奪われた王国」も8.0なのに。
何でだろ?

これで、ロード・オブ・ザ・リングが完結してしまう。
その寂しさに免じての甘点だろうか?(笑)

ストーリーは簡単。

@ 弓の名手バルドによるスマウグの退治
A 父祖の地はなれ山(エレボール)のドワーフによる奪還
B 森のエルフたち・湖の町の人間・ドワーフとオークの決戦

ちょっと単調な感じがしたのは気のせいか・・・

これもまた、性懲りもなく 3D だけど、別に2Dで問題なしだと思う。
スマウグが3Dで画面に飛び込み、飛び出してくるようなシーンなかったし(笑)

あと、どうせ「ロード・オブ・ザ・リング」へのつなぎなら、タウリエルもなんとかして欲しかった。
「ロード・オブ・ザ・リング」に出てこないんだからそれなりの処遇が必要でしょう。
また、最後に、スランドゥイルがレゴラスにアラゴルンに会いに行けと言うんだけど大疑問符。
「ホビットの冒険」のときアラゴルンがいたら、「指輪」の時にはじいさんになってしまう。
おかしいだろ!と思いました。
竜に奪われた王国

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(25件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ホビット -決戦のゆくえ-』 2014年12月3日 新宿ピカデリー
『ホビット -決戦のゆくえ-』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2014/12/09 13:39
劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」
旅が、終わる… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2014/12/13 15:14
ホビット 決戦のゆくえ
評価:★★★☆【3.5点】(F) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2014/12/13 21:39
ホビット 決戦のゆくえ
故郷を奪還したドワーフの王子トーリン一行は、心ならずも恐るべき竜のスマウグを世の中に解き放ってしまった。 怒り狂ったスマウグは報復の炎を降りそそぐ。 一方、トーリンは取り戻した財宝に異常な執着を示し始め、続々と避難して来る湖の町の人々に対しても、冷たい態度で応じる。 ビルボはそんなトーリンに、見つけたアーケン石を渡す気になれないでいた…。  ファンタジー・アドベンチャー全3部作第3弾。 ...続きを見る
象のロケット
2014/12/14 02:10
ホビット 決戦のゆくえ
必死剣鳥刺し 公式サイト。原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/12/14 08:54
映画「ホビット 決戦のゆくえ」@109シネマズ川崎
 109シネマズさん主催のIMAXデジタルシアターでの試写会だ。客入りは前3列以外満席だ。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2014/12/14 12:36
物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』
『ホビット』3部作の最終章です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2014/12/14 23:32
ホビット 決戦のゆくえ
結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/12/15 00:04
ホビット 決戦のゆくえ : 納得のシリーズ完結篇
 一昨日の総選挙、自公連立政権の勝利となりました。個人的には、公明党が議席を増やしたことは残念でしたが、年寄と風見鶏の政党(次世代の党)がほぼ一掃されたことはよい傾向 ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2014/12/16 16:36
ホビット 決戦のゆくえ  2D字幕版
竜スマウグから故郷を取り戻した一行が、黄金を狙う者達の襲撃を受けて戦いを繰り広げる。黄金の魔力に取り付かれた王が攻める敵を前にして目覚める葛藤がしっかりと描かれていたので、その後の戦いのシーンを引き立てていた。見終わったあとの充実感は格別だった。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2014/12/16 23:15
ホビット 決戦のゆくえ
遂に最終回! 『ロード・オブ・ザ・リング』に続く、前日譚『ホビット』映画三部作のラスト『ホビット 決戦のゆくえ』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2014/12/17 00:43
『ホビット 決戦のゆくえ』 (2014)
名作ファンタジーの前日譚、感無量の完結編! ...続きを見る
相木悟の映画評
2014/12/17 15:30
映画「ホビット 決戦のゆくえ(3D)」感想
ビルボの冒険が終わる ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2014/12/18 18:15
『ホビット/決戦のゆくえ』(2014)
映画版『ホビット』、ここに完結。そして物語は『ロード・オブ・ザ・リング』へ――。色々な意味で感慨深いですね。先ずは映画化が頓挫せず、無事ゴールまでたどり着いたことを。もし全てが順調に行っていたならば、もう5年くらい早くこの日が迎えられていたかも知れません。映画化の権利を巡る争い、ピーター・ジャクソン監督と映画会社との争い、原作著作権者と映画会社との争い、映画会社の経営悪化、スケジュールの遅れに伴うギルレモ・デル・トロからジャクソンへの監督交代劇…その道程は決して平坦ではありませんでした。そしてビ... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2014/12/18 21:00
イケメン特盛祭りの最終章(ヾ(・∀・;)オイオイ〜「ホビット 決戦のゆくえ」〜
正直一番怖かったのはケイト・ブランシェットがやってたガラドリエルだったと思うんだが いかが? ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2014/12/19 00:11
映画「ホビット 決戦のゆくえ」
映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2014/12/19 00:37
「ホビット 決戦のゆくえ」
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2014/12/19 23:03
ホビット 決戦のゆくえ
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、“湖の町”のバルド(ルーク・エヴァンス)が竜のスマウグ(声ベネディクト・カンバーバッチ)を倒したことから、ついに王国を奪い返す。 しかし、竜の病にとりつかれてしまったトーリンは、エルフと人間を拒否してしまう。 三者の対立が激しくなる中、... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2014/12/23 22:40
ホビット 決戦のゆくえ
戦うしかないのであります!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2014/12/25 17:03
ホビット 決戦のゆくえ  監督/ピーター・ジャクソン
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス ...続きを見る
西京極 紫の館
2014/12/25 21:32
「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armi...
前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志ですら三つなのに、五つもからんだらわけがわか... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2015/01/07 06:36
「ホビット 決戦のゆくえ」 竜の病
ピーター・ジャクソンの「ホビット」3部作の完結編です。 前作ではビルボやドワーフ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2015/01/12 19:31
映画「ホビット 決戦のゆくえ」ほぼ全編全員参加の激しい戦いのラスト
映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★ マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、 リチャード・アーミティッジ、ケン・スコット、 グラハム・マクタビッシュ 出演 ...続きを見る
soramove
2015/02/02 09:26
ホビット 決戦のゆくえ
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる! ファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2015/04/22 09:57
ホビット 決戦のゆくえ
THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES 2014年 アメリカ/ニュージーランド 144分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/12/13) ...続きを見る
銀幕大帝α
2015/04/23 13:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まっつぁん、うちのブログに書き込みあったんで調べてみたらアラゴルンは年齢あってたよ。
彼は「ヌメノール」という種族の血を引いてるので長命で、LOTRの時にすでに87歳だったんだって。
あの冒険が終わって120年の治世のあと210歳で亡くなったそうな。
故にこの時アラゴルンは20歳ぐらいで何も問題ないのでした。
すごい設定やけど、ちゃんと監督はそのへんも押さえてるのね。驚いたわw
Caine
2014/12/15 23:17
Caineさん
ありがとうございます。
そういえば、アラゴルン人間じゃないじゃん、と思ったような記憶があるようなないような。
指輪物語を読んだのは10年以上前なので忘れた。もう読み直す気はしません。
20歳までは急速に成長してその後はゆっくり老ける。まだ幼児のアラゴルンに会いにいけというわけではないでしょう。都合の良い設定ではありますね。(笑)
まっつぁんこ
2014/12/16 07:28
面白かったですが良くも悪くも意外性はないですね。
安定のクオリティというか。
スマウグが町を破壊するスペクタクルはさすがに見せます。
ドワーフの王トーリンが宝に執着するあたりはちょっとダレますかね。
ドワーフ、人間、エルフ、オークの四つどもえの戦いはさすがに盛り上がりますが、ちょっと長いかな。
ただ、最後の別れは結構泣けました。
きさ
2014/12/28 10:52
きささん
ピンチになると援軍が現われる。
LOTRと基本パターンはいっしょ
たしかに安定のクオリティ。
なんていいながら間違いなくトリロジーブルーレイを買ってしまいます。
まっつぁんこ
2014/12/29 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
ホビット 決戦のゆくえ あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる