あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK杯戦飯塚祐紀七段VS屋敷伸之九段

<<   作成日時 : 2015/01/25 13:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さきほど終了したNHK杯テレビ将棋トーナメント戦の飯塚七段VS屋敷九段戦は飯塚七段の会心譜。
序盤からリードを奪い、終盤もつれたようにみえたが、最後まで飯塚七段がリードを保っていた。

序盤から後手の屋敷九段が5四歩から5三銀と趣向をみせた。
動きにやや無理があり、55手目の次図では既に先手優勢となった。

画像


サービス精神のなせる業とはいえ、ちょっと残念な序盤である。

以下の指し手
8五歩 同歩 7三桂 2二歩 同金 5四歩 5二金 5三歩成 同銀左 2四歩 同歩 5三桂成 同金 7一角

8五歩 から 7三桂 と溜めた後手に対し先手は一気に攻める。

「7一角は決めに出た手」と野月七段が解説する。

画像


屋敷九段は5二飛と逃げたので6一銀と打たれてしまった。
他の位置に逃げたほうが良かったと思う。

以下の指し手
5二飛 6一銀 9二飛 5三角成 同銀 2四飛 4四角 3四金 2三歩 同金 5一玉 2二金 6一玉 1一金 2二歩 7五香 6四馬 8四歩 8五桂 8三歩成 3二飛 2一金 7七桂成 同桂 8六桂 5六桂 3五角 6四桂 2四角 3三歩

画像


3三歩のところ後手玉に詰みがあればてっとり早い。
が、危ないが逃れている。
冷静な3三歩で戦意喪失しそうなところ。

3三歩は詰めろなので、これを上回る手は詰めろ逃れの詰めろしかない。

後手の指し手は、いちばんそれらしい6四銀。
これが詰めろならかっこいい。

が、残念ながら先手玉は全然詰みそうにない。

以下の指し手
6四銀 3二歩成 7八桂成 同玉 8六桂 6七玉 6九飛 6八金打 7八銀 5七玉 6七金 同金右 同銀成 同玉 7八銀 5七玉 6八飛成 同玉 4六角 5七銀 6七金 5九玉 3七角成 4八金 迄123手 先手勝ち

最終手の4八金のところ野月七段が解説していたとおり4九玉などとしてしまうと5八金とはいられて「あっ」と叫ぶことになる。
そんなヘマをするわけがなく順当に終局。

最後は一見危なかったように見えるが実は一度も後手優勢の局面はなく先手の快勝。
飯塚七段の緩みの無い指し口が印象に残る一局でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
NHK杯戦飯塚祐紀七段VS屋敷伸之九段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる