あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夜中のゆりかご

<<   作成日時 : 2015/04/25 13:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

真夜中のゆりかご@一ツ橋ホール
画像
(C) 2014 Zentropa Entertainments34 ApS & Zentropa International Sweden AB
英題:A SECOND CHANCE
製作年:2014年
製作国:デンマーク
日本公開: 2015年5月15日 (TOHOシネマズシャンテほか)
上映時間: 1時間42分
日本語字幕:稲田嵯裕里
提供・配給: ロングライド

監督: スサンネ・ビア

キャスト

アンドレアス☆ニコライ・コスター=ワルドー
シモン☆ウルリッヒ・トムセン
アナ☆マリア・ボネヴィー
トリスタン☆ニコライ・リー・コス
サネ☆メイ・アンダーセン


【ストーリー】
愛する妻と幼い息子と幸せな毎日を送っていた刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、通報を受けて同僚のシモン(ウルリク・トムセン)と共に現場に掛け付けた一室で、薬物依存のカップルと目を覆うような育児放棄の現場を目の当たりにする。夫婦でわが子をいつくしむ日々は愛に満ちていたが、ある日思いがけない悲劇に見舞われ、アンドレアスの中の善悪の価値観が揺らいでいき……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★
スサンネ・ビア監督らしい暗い作品。

この映画は、最後まで観て初めて、そういうことだったのかと腑に落ちる。
が、残念ながら、騙され感を強く感じてしまったのである。

それは何故か?

アンドレアスとアナの夫婦がこの映画の主役である。
夫婦の間には生まれたばかりの男の子アレキサンダーがいる。
赤ん坊が夜泣きすると、アンドレアスが車に乗せてドライブ。
アナが乳母車にのせて散歩に出かけることもある。
へえ、外国では夜泣きのたびにあんなことするのかと若干の違和感。

刑事アンドレアスの相棒はシモン。
相棒とふたりで、麻薬常習者トリスタンの家を捜索。
糞尿にまみれた赤ん坊ソーフスを発見する。

一見正常にみえるアンドレアスとアナ夫婦。
対比するように、クソのトリスタンとサネ夫婦が設置されている。

そして事件が起きる。

なんと、アレキサンダーが突然死してしまうのである。

で、前段の、アレキサンダーとソーフスの対比が活きたストーリー展開につながっていく。

ネタバレはつまらないので以下省略。

なんで騙され感が強かったというと・・・
アンドレアスとアナ夫婦の背景が描写されていないから。
ちょっとエキセントリックなところもあるけど普通の夫婦にみえるから。
まさかそんなこととは思えない。
いずれにしても、わたしはあまり感情移入はできなかった。

ところで、まったくの余談だが・・・
映画の画面ではわからないが、登場しているキャストは、大男と大女ぞろい。
ニコライ・コスター=ワルドー 188p
ニコライ・リー・コス 188p
マリア・ボネヴィー 173p
メイ・アンダーセン 177p
アレキサンダーとソーフスを演じた赤ん坊たちもきっとビッグサイズなのだろう(笑)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『真夜中のゆりかご』 2015年4月23日 一ツ橋ホール
『真夜中のゆりかご』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2015/04/25 18:02
真夜中のゆりかご
刑事アンドレアスと相棒シモンは通報を受け、薬物依存の男女が暮らす一室に踏み込む。 室内は荒れ放題で、浴室では汚物にまみれた赤ん坊ソーフスが見つかった。 その赤ん坊と同じくらいのアンドレアスの息子アレクサンダーは夜泣きがひどいが、妻アナは愛情いっぱいに育てている。 ところが、夜中に突然息子が死んでしまう。 泣き叫ぶ妻を薬で寝かせた後、アンドレアは死んだ息子を連れて車を走らせるのだが…。 サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2015/05/12 15:43
真夜中のゆりかご
 デンマークの社会派、スサンネ・ビア監督が女性監督らしい冷徹だけど暖かみを忘れない視線で人間の悪意を描いた問題作。自分が主人公の立場だったらどうしたろう、と考えさせられました。  作品情報 2014年デンマーク映画 監督:スサンネ・ビア 出演:ニコライ・コ… ...続きを見る
映画好きパパの鑑賞日記
2015/05/26 06:21
真夜中のゆりかご/EN CHANCE TIL/A SECOND CHANCE
第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞「未来を生きる君たちへ」の女流監督スサンネ・ビア &アナス・トマス・イェンセン脚本のコンビが母国デンマークを舞台に、 育児放棄、ドラッグ中毒、家庭内暴力など現代社会に蔓延する問題を盛り込んだサスペンスドラマ。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2015/05/27 13:11
「真夜中のゆりかご」
敬愛するスサンネ・ビア監督作品。それにしては主要な登場人物が思慮浅く、今ひとつ乗り切れない。やっぱりこの監督にはサスペンスの王道は難しいのかなぁ…?と思っていたら…!恐るべし、スサンネ・ビア監督。この展開を全く予測していなかった自分の方が思慮が浅い、と言わざるを得ない。ああホントに、しみじみと怖かったです。男は騙され、女は騙されない。という事なのか、究極。それは自分自身を騙す事も含む。北欧の美しい一軒家に住むアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドウ)とアナ(マリア・ボネビー)のカップル。二人の... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2015/07/14 12:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!TBさせていただきました!
この作品は、個人的に敬愛するスサンネ・ピア監督の作品としては、ちょっと凡庸かなー、と思っていたのですが…
私も騙されてしまいました。
二組の夫婦で瀟洒な家に住む普通そうな夫婦とジャンキーのカップル…と言えば…ねぇ…?
それから、ラストのサネが再生したシーンはとても美しく見えました。
ここなつ
2015/07/14 14:41
ここなつさん
TB&コメントありがとうございます。
私はスサンネ・ピア監督らしい作品と思いました。
たしかにラストでほんの少し光がみえますが救いがなさすぎ。たまにはもっと明るい作品おねがいします!
まっつぁんこ
2015/07/14 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
真夜中のゆりかご あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる