あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS あの日のように抱きしめて

<<   作成日時 : 2015/08/09 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 4

あの日のように抱きしめて@ユーロライブ
画像
(C) SCHRAMM FILM / BR / WDR / ARTE 2014
英題:PHOENIX
製作年:2014年
製作国:ドイツ
日本公開: 2015年8月15日
上映時間: 1時間38分
協力: ドイツ文化センター
提供: ニューセレクト
配給: アルバトロス・フィルム

監督・脚本: クリスティアン・ペッツォルト
共同脚本: ハルン・ファロッキ
原作: ユベール・モンティエ

キャスト
ネリー☆ニーナ・ホス
ジョニー☆ロナルト・ツェアフェルト
レネ☆ニーナ・クンツェンドルフ


【ストーリー】
1945年ドイツ、強制収容所から帰還したネリー(ニーナ・ホス)は銃によって顔にひどいけがを負っており、顔の修復手術を受ける。生き別れになっていた夫ジョニー(ロナルト・ツェアフェルト)と念願の再会を果たすネリーだったが、妻は収容所で死んだと思い込んでいる彼は、顔の変わった彼女が自分の妻であることに気付かない。さらに、その遺産を手に入れるため妻のふりをしてほしいと持ち掛け……。

【感想】
まっつぁんこの評価 ★★★☆

これまた、   「ネタバレ禁」   の映画。

ストーリーは、上記のとおり。

@ ジョニーは、いくら顔が少し変わったとはいえ、なぜネリーに気が付かないのか?

A ジョニーはいったいいつ気が付くのか?もしくは気が付かずに終わるのか?

すべては、ニーナ・ホスの歌う

SPEAK LOW

に凝縮されています。

余韻の残るラストが良かったと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あの日のように抱きしめて
1945年、敗戦直後のドイツ。 強制収容所で顔に大怪我を負ったユダヤ人女性ネリーは、親友レネに連れられドイツに戻った。 彼女は顔の修復手術を受けた後、2年間生き別れになっていた夫ジョニー(ユダヤ人ではない)を探し出す。 しかし彼はネリーが死んだと思っており、彼女が妻であることに気づかない。 更に彼は、妻の財産を手に入れるため、ネリーに妻の振りをして欲しいと頼む。 レネは、ジョニーは裏切り者だとネリーに伝えるが…。 戦争ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2015/08/11 08:34
『あの日のように抱きしめて』 スピーク・ロウ
Phoenix(viewing film) 『あの日のように抱きしめて(原題:P ...続きを見る
Days of Books, Films...
2015/08/26 20:56
あの日のように抱きしめて
 『あの日のように抱きしめて』を渋谷のル・シネマで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2015/09/01 06:22
「あの日のように抱きしめて」
「SPEAK LOW」…この曲だったんだ…。全編通して狂おしい程に響いてくるコントラバスの旋律の正体は。そこに全て繋がる、凄い、素晴らしいラスト。その余韻。見応えのある濃厚なサスペンスと哀しみの籠ったラブストーリー。第二次世界大戦終了直後、ユダヤ人収容所生活から永らえたものの、顔に修復のきかないほどの傷を負ったネリー(ニーナ・ホス)は、ユダヤ人活動家のレネ(ニーナ・クンツェンドルフ)に助けられ、ドイツに戻って顔の整形手術を受ける。元の自分の顔に戻して欲しかったネリーだったが、それは叶わず、別人の... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2015/09/11 12:51
映画・あの日のように抱きしめて
原題 Phoenix2014年 ドイツ ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2015/09/16 16:53
あの日のように抱きしめて
『あの日のように抱きしめて』---PHOENIX---2014年(ドイツ)監督: クリスティアン・ペッツォルト出演: ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト 、ニーナ・クンツェンドルフ ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2016/04/02 14:39
「あの日のように抱きしめて」(2014年)
「あの日のように抱きしめて」(原題:Phoenix)は、2014年公開のドイツのサスペンス&ドラマ映画です。1961年に発表されたフランスの小説家ユベール・モンテイエの「LeRetourdesCendres」(英... ...続きを見る
楽天売れ筋お買い物ランキング
2016/10/11 12:52
あの日のように抱きしめて
【概略】 1945年6月、ベルリン。第二次大戦でのドイツ降伏の翌月、元歌手でユダヤ人のネリーは、顔に大怪我を負いながらも強制収容所から奇跡的に生還。過去を取り戻したい彼女は、元の顔に戻すことに固執。顔の傷が癒える頃、ついに夫ジョニーと再会したネリー。しかし、容貌の変わった彼女に夫は全く気付かない。そのうえ、「収容所で亡くなった妻になりすまし、遺産を山分けしよう」と話を持ちかけるジョニー…。 スリラー ...続きを見る
いやいやえん
2017/01/12 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「すべては、ニーナ・ホスの歌う“SPEAK LOW”に凝縮されてい」ると述べておられますが、園子温監督の『ラブ&ピース』のラストにおける忌野清志郎の歌「スローバラード」とか、荒井晴彦監督の『この国の空』のラストにおける茨木のり子の詩「わたしが一番きれいだったとき」にもそんな感じがしました。
クマネズミ
2015/09/01 06:45
クマネズミさん
SPEAK LOW はニーナ・ホス本人が歌っている分強烈。スロー・バラードも良かったですけど(笑)
まっつぁんこ
2015/09/02 20:05
こんにちは。
私もこの作品、本当に余韻が残る作品だったと思います。
無理に解を説明しない所が素晴らしかったです。
ここなつ
2015/09/11 12:50
ここなつさん
説明過剰な映画が多いですからね。
あのあとどうなったか気になってしかたありません(笑)
まっつぁんこ
2015/09/12 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの日のように抱きしめて あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる