あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NHK杯戦畠山鎮七段VS広瀬章人八段

<<   作成日時 : 2015/10/18 12:43   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

今週のNHK杯戦畠山七段VS広瀬八段も厳しい将棋だった。
解説は豊川孝弘七段。

初手からの指し手

7六歩 8四歩 6八銀 3四歩 6六歩 6二銀 5六歩 5四歩 4八銀 4二銀 5八金右 3二金 6七金 4一玉 7八金 5二金 6九玉 3三魏 7七銀 3一角 7九角 4四歩 3六歩 7四歩 3七銀 6四角 6八角 4三金右 7九玉 3一玉 8八玉 2二玉 2六歩 9四歩 1六歩 8五歩 1五歩 5三銀 9六歩 7三角 1七香 6四銀 1八飛 2四銀 2五歩

画像


2五歩が指しすぎで同銀と取られ、以後先手良しの局面はなかった。

矢倉将棋は受けているとどんどん攻められて一方的になりがち。
その点、強気な畠山七段の攻めは参考になった。

2五歩以下の指し手

同銀 2八飛 3三桂 4六角 4五歩 5七角 

画像


ここで、すぐに1四歩と突いて先手が困っていそう。

そんな短兵急なことはしない広瀬八段の指し口は参考になる。

5七角以下の指し手

5三銀 3八飛 4四銀 6五歩 2四歩 6六角 1四歩 

画像


ようやく1四歩と突いた。
これは一方的になるのではないかと思ったがさにあらず。

やはり、受けないのがコツである。(笑)

1四歩以下の指し手

7五歩 同歩 同角 7四歩 6六角 1五歩 2六歩 1四銀 4八飛 1六歩 同香 1五歩 4六歩 同歩 7五歩 同歩 4六銀 4五歩 同銀 同桂 4六歩 5七桂成

画像


5七桂成はあまり良くなかったのではないか?
3三銀 と先に引いておくとか、豊川七段が解説していた4七歩とか。

この手はよくわかりませんでした。

5七桂成以下の指し手

同金 1六歩 4五歩 3三銀 4四歩 同銀 同飛 同金 同角 3三銀 7一角成 4二飛 3五歩 4九飛成 3四歩 同銀 4四桂 4二金 3五歩 4三銀 8一馬 7六歩 同銀 5九飛 3四桂 同銀 3二金 

画像


全然ダメかと思ったら、3四桂 から 3二金 と勝負手が繰り出される。

面白い(笑)

同金 同桂成 同玉 3四歩 とすすんだとしても、4一桂 とか 2一桂 とか受けられてダメそう。

それでも、この指し方はたいへん参考になりました。

3二金以下の指し手

2三玉 4二金 5七飛成 6三馬 6六桂 6七金 5八龍上 9七玉 9五歩 8五銀 7五金 3二銀 1三玉
7三馬 

画像


豊川七段解説のとおりこの局面は13手詰。

9六歩 同銀 同香 同玉 9四香 9五歩 8五銀 9七玉 8六金 同歩 9六歩 8七玉 7八龍 まで

後手玉に詰みはなく、8五金まで122手で終局。

やはり詰みがある時は詰めた方が良いと思う。




テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも重要局面のアップ、感謝です。久しぶり相矢倉を見ました。相矢倉は、30年ぐらい前の中原・米長・加藤一の登場する名人戦で、7局全部相矢倉なんてありました。難解のイメージを持っています。

本局は、先手畠山七段の攻めが、届かなかったという印象です。畠山七段は、解説でよく登場してその話しぶり好きなんですが、残念でした。勝った広瀬八段は、本トーナメント次回以降もがんばって欲しいです。
Gくん
2015/10/20 19:21
Gくんさん
矢倉は苦手。
研究しないで指すと必ず作戦負けになり、攻め続けられて形も作れずに敗れる。決して指さないことを誓いました。
昔の三巨頭の矢倉戦には面白い将棋が多かったので好きですけど見るだけにします。(笑)
まっつぁんこ
2015/10/21 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK杯戦畠山鎮七段VS広瀬章人八段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる