あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NHK杯戦阿部光瑠五段VS久保利明九段

<<   作成日時 : 2015/11/29 12:20   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

今日のNHK杯戦阿部五段VS久保九段も不思議な将棋だった。

画像


この局面は、自分の感覚では居飛車圧倒的に良し。
それが、最後は圧敗になってびっくり。
感覚の悪さかと思ったが・・・

3五歩以下の指し手

4六飛 3四歩 4四角 

画像


やっぱり先手良しとしか思えない。

4五歩 同飛 3七桂 4七飛成 4五歩 で後手困っているのではないかと思った。
が、それは読み抜けで3七龍 とされてダメ

が、感想戦でもやっていたが、4五歩 同飛 2四飛 としておけば本譜の6六銀からの攻めがなかったのではっきり先手良しだった。

4四角以下の指し手

2四飛 9六歩 2一飛成 6六銀 同金 同角 同角 同飛 8四歩 7六飛 8三歩成 同金左 8七銀 8六銀

画像


以降の久保九段の指し手は冴え、光瑠五段はしぼんでしまった。
9六歩 は取るしかなかったと思うし、8四歩 のところも6七銀打 とかいくらでも選択肢はあったと思う。

本譜は久保九段にばかり良い手が出ていいところなく終わってしまったのは残念。


テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも重要局面のアップ、感謝です。後手の久保久九段に端を詰められたうえでの、後手の玉頭からの途切れない攻めと寄せで、先手の阿部五段に反撃の手番が廻って来なかったという印象です。

今回は、戸辺六段の解説がことごとく当たって、逆に面白くありませんでした(笑)。両者の作戦に注目しました。先手の作戦は、戸辺六段の生まれる前の戦法「玉頭位取り」ということでした。オオ!と思いましたが、後手が穴にもぐり先手も穴にはいり、なあーんだ結局は、相穴熊かと思いました。
Gくん
2015/11/30 18:39
Gくんさん
この展開で思い出したのは、大昔の中原VS大山戦。
もちろん居飛車の中原先生が勝ちました。
本局も圧勝の流れだったのに4五歩を逃したのは若手強豪らしくありませんでした。
まっつぁんこ
2015/11/30 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK杯戦阿部光瑠五段VS久保利明九段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる