あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 杉原千畝 スギハラチウネ

<<   作成日時 : 2015/11/30 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 2

杉原千畝 スギハラチウネ@イイノホール
画像
(C) 2015「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会
製作年:2015年 製作国:日本
日本公開: 2015年12月5日
上映時間: 2時間19分
配給: 東宝

監督: チェリン・グラック

キャスト
杉原千畝☆唐沢寿明
杉原幸子☆小雪
ペシュ☆ボリス・シッツ
イリーナ☆アグニシュカ・グロコウスカ
ニシェリ☆ミハウ・ジュラフスキ
グッジェ☆ツェザリ・ウカシェヴィチ
大島浩☆小日向文世
南川欽吾☆塚本高史
大迫辰雄☆濱田岳
根井三郎☆二階堂智
菊池静男☆板尾創路
関満一朗☆滝藤賢一


【ストーリー】
1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの日本領事館への勤務を命じられる。同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、第2次世界大戦が勃発し……。

【感想】
チェリン・グラック監督の “サイドウェイズ” は印象が悪かった。
本作も期待せずに観たが、長い尺を退屈せずにみることが出来た。
そばにいたオバサンは爆睡してたけど気持ちよさそうだった(笑)

この映画のチラシをみて、わたしは小栗くんが主演だとばかり思っていた。
目が腐っていると言われそうだ。(笑)
映画を観だして、今度は、エミリー・ワトソンが出ている、すごいと思った。
が、ポーランドの有名女優アグニシュカ・グロコウスカだった(笑)

邦画と思いきや字幕がいっぱい出てくる。
当時のリトアニアの現地語は英語だったのだろうか?

杉原千畝は、英語、露語、独語、仏語が堪能だったとのこと。
リトアニア語は露語に近いのかと思ったがそうでもなさそう。
“私”の主格単数は aš 。露語なら Я だから全然ちがう。
やはり英語だったのかと I wonder.

ロケ地はポーランドだったそうである。
当時の雰囲気が再現できていたのではないかと I hope 。
たぶんもうかっている東宝にしかできないこと 。
その点は良かったとおもう。
やっぱりセットやCGでは出せないものがある。

などとストーリーには関係ないことばかり書いた。
というのも、ストーリーに関してはあまり語るべきことがないからだ。

実在の人物、杉原千畝の事績をもう一度きちんと映像化して後世にのこす。
それは大変意義のあること。
多くの日本人はあまり彼のことを知らないみたいだから。


なにしろ、杉原千畝の名誉が回復されたのは2,000年。
彼の “命のビザ”で生き延びた主にユダヤ人の方々からの外圧(?)に負けてしぶしぶ。
外務省も、厚生労働省に負けず劣らず困った役所(笑)
人道的処置を実行した人物を戦後排斥し、評価是正に60年を要した。
命令に背かれ、顔をつぶされただけなのに(笑)狭量である。
狭量な当事者たちが死んでいなくなって漸く名誉が回復された。

杉原千畝の業績を歴史に刻みこむのと同時に、権力構造(お役所)の持つ傲慢さ、懐の狭さ、非人間性等を多くの人がよく認識し、厳しく見守って指導する必要性を再認識する必要がある。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『杉原千畝 スギハラチウネ』 2015年11月29日 イイノホール
『杉原千畝 スギハラチウネ』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2015/11/30 22:42
杉原千畝 スギハラチウネ
堪能なロシア語と独自の諜報網を駆使し、満州でソ連北満州鉄道譲渡の交渉を成立させた外交官・杉原千畝は、1939年、リトアニア・カウナスの日本領事館勤務となる。 彼は新たな相棒ペシュと共に諜報活動を開始し、ヨーロッパ情勢を探って分析し日本に発信していた。 ところが第二次世界大戦が勃発すると、ナチスに迫害され国を追われた大量のユダヤ難民がビザを求め、カウナスの日本領事館へ押し寄せてきた…。 歴史ドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2015/12/03 15:15
劇場鑑賞「杉原千畝 スギハラチウネ」
たとえ、全てを失ったとしても… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2015/12/05 15:49
杉原千畝 スギハラチウネ
評価:★★★★【4点】(F) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2015/12/05 18:34
杉原千畝 スギハラチウネ
139分とちょい長めだけど、ダレずに観られた。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/12/05 23:22
私の誇り。『杉原千畝 スギハラチウネ』
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った日本人外交官の波乱に満ちた半生を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2015/12/05 23:39
杉原千畝スギハラチウネ
「シンドラーのリスト」と比べるのは酷だけど、本作も力作だ。杉原千畝だけでなく、他にも強力した人々がいてユダヤ難民が救われたとわかってよかった。世界を変えようとした日本人がその時代にもいたことは誇りになる。星5個。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2015/12/07 17:41
杉原千畝 スギハラチウネ
sleight of hand 公式サイト。英題:Persona Non Grata。チェリン・グラック監督。唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニシュカ・グロコウスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/12/08 21:35
『杉原千畝 スギハラチウネ』
その決断が、世界を変えた。 第二次世界大戦下のリトアニアにて2000枚以上の「命のビザ」を発給し、6000人以上のユダヤ難民を救った「日本のシンドラー」こと、杉原千畝。 なぜ彼は ... ...続きを見る
こねたみっくす
2015/12/08 23:35
『杉原千畝 スギハラチウネ』
『杉原千畝 スギハラチウネ』 ...続きを見る
pure breath★マリーの映画館
2015/12/09 21:57
『杉原千畝 スギハラチウネ』('15初鑑賞88・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:15の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/12/13 12:52
杉原千畝 スギハラチウネ
 『杉原千畝 スギハラチウネ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2015/12/15 06:38
杉原千畝 スギハラチウネ
2015/12/05公開 日本 139分監督:チェリン・グラック出演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、小日向文世 ひとりの日本人が、世界を変えた――。 Story:1935年、満洲国... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2015/12/16 16:06
「杉原千畝 スギハラチウネ」国の命に背いても貫いた人道的立場では国も人種も関係ない命を救う事こそ重要...
「杉原千畝 スギハラチウネ」は日本の外交官として活躍していた杉原千畝が1939年に欧州のリトアニア・カウナスに赴任した際にユダヤ人難民を救うために政府の命に背きながらも4000人 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/12/18 00:21
杉原千畝 スギハラチウネ・・・・・評価額1650円
杉原千畝とは何者だったのか? ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2015/12/18 14:59
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2015/12/20 08:02
杉原千畝 スギハラチウネ
■ 試写会にて鑑賞杉原千畝 スギハラチウネ 2015年/日本/139分 監督: チェリン・グラック 出演: 唐沢寿明/小雪/ボリス・シッツ/アグニェシュカ・グロホフスカ/ミハウ・ジュラフスキ 公式サイト 公開: 2015年12月05日 昭和09年。満州国の外務部で、ソ連の事情通として名を馳せていた杉原千畝は、北満州鉄道譲渡交渉においてもその力を発揮していた。しかし関東軍の裏切りに... ...続きを見る
映画三昧、活字中毒
2015/12/23 11:37
杉原千畝 スギハラチウネ
第二次世界大戦中にリトアニアで大勢のユダヤ難民たちにヴィザを発行した一人の外交官の物語です。 予告編を観て、この作品は観なくちゃと心に決めていました。 世界を変えたいという想いと共に生きた主人公の生き様が深く心に響く作品でした。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2015/12/23 21:42
杉原千畝 スギハラチウネ
日本政府に背いて6000人の、 ユダヤ難民にビザを発給し、 多くのユダヤ人の命を救った、 実在の日本人外交官、 杉原千畝を描いた映画。 ...続きを見る
花ごよみ
2016/01/04 16:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
杉原千畝という人を知るにはいい映画だと思いますが、
映画のエンタメ性というところを考えると、
いまひとつと言えなくもない…な感じでした。
りお
2015/12/23 11:42
りおさん
エンタメ性はなかったですね。邦画は総じてエンタメ性低い。
たまには突き抜けた娯楽作を観たいものです
まっつぁんこ
2015/12/23 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
杉原千畝 スギハラチウネ あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる