あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 俳優 亀岡拓次

<<   作成日時 : 2016/01/26 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

画像俳優 亀岡拓次

東京国際映画祭で観劇。

(C) 2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開: 2016年1月30日 (テアトル新宿ほか)
上映時間: 2時間3分
協力: 文藝春秋
配給: 日活

監督・脚本: 横浜聡子
原作: 戌井昭人

キャスト

亀岡拓次☆安田顕
室田安曇☆麻生久美子
宇野泰平☆宇野祥平
山之上監督☆新井浩文
横田監督☆染谷将太
貝塚トオル☆浅香航大
スナックキャロット ママ☆杉田かおる
藤井☆工藤夕貴
大森立嗣
野嵜好美
不破万作
戌井昭人
金子清文
平田薫
中沢青六
鈴木晋介
日向丈
メラニー
ガルシア・リカルド
松村夏子☆三田佳子
古藤監督☆山崎努


【ストーリー】
亀岡拓次(安田顕)は、37歳独身。脇役俳優としてどんな役にもはまることから、仕事の依頼はひっきりなし。しかし、なかなか名前を覚えてもらえない。私生活では、安い居酒屋を飲み歩くことがもっぱらの楽しみという地味な日常を送っている。そんなある日、ロケ先で知り合った飲み屋のおかみ・安曇を好きになる。さらには、世界的に著名な人物からオーディションに呼ばれることになり……。

上映後に横浜監督によるQ&Aがあった。
本作は彼女にとって6年ぶりの長編監督作。

横浜監督
「東京国際映画祭の参加は2回目。
お招きいただきありがとうございます。
この映画は今世にでたばかり。
見てすぐ言語化は難しいかもしれませんが対話したいのでよろしくお願いします。」

司会から安田顕のキャスティングについて。
ユニークな俳優さんを使うに至ったきっかけは?
「テレビで見たことがあり注目するようになった。
個性的な役をやる俳優さんだなと思った。
でも、何を考えているかわからない怖さがある。
ある種闇をかかえている気配もある。
安田顕さんと亀岡拓次をリンクさせながら脚本を書いた。
彼が決定的に違うところ。
それは芸があるところ。
劇中にオナラやゲップのシーンがあるが“やってください”と言われて誰でもできる技じゃない。
安田さんの舞台ヒッチコックの39階段ミスター・メモリーの役の動きがコメディー役者のすばらしい動きだった。
この人は喜劇俳優なんだなと。
それを取り入れたいと思った。」

司会から工藤夕貴のキャスティングについても聞かれ
「りんご農家の少女からのご縁で女性マネージャー役を頼んだ。」

以下は観客からの質問に答えるかたちで進行。

Q.監督の演出イメージは最初からありましたか?(女性)

山崎努さんをはじめ4人監督が出てくる。
大森さん染谷くん。
いかにも監督っぽいビジュアルの黒沢明みたいなわかりやすい監督にはしたくなかった。
山崎さんは監督のイメージを持っていて衣装や黄色いサングラス持ち込んできたのでそれに乗った。
他の監督は監督像から遠ざけた。

Q.海外でのひとり芝居のシーンは何かの舞台をみた影響ですか?(女性)

原作にも海外で監督と対面するシーンがある。
飛躍したいという思い。
舞台をみて発想したのではありません。
監督との距離感、背景はスクリーンを使いたい、そういう頭の中のイメージから発した。
戦争の映像を使おうとしたができなかった。
光と影と亀岡の視覚的イメージをやりたかった。

Q.カブで安田さんが移動するシーンの背景を合成した理由は?

スクリーンプロセスという技を使った。
古典的特撮方法。
この映画はロードムービー。
亀岡がいろいろなところを転々とする。
これをわたしはトリップムービーと思っている。
遺跡にいると思ったら、妄想したり、酒を飲んで寝る。
現実と非現実が境界なく現れ時制が飛ぶ。
背景をスクリーンにしてあえてウソをやってしまおう。
実写よりウソを見せるのが通用すると思った。
実写は労働力と費用がかかる。
スクリーンプロセスの方が安上がりで面白く有効性がある。

Q.6年ぶりの長編映画ですがその間の変化や気付きはありましたか?今後の展望は?

ウルトラミラクルラブストーリーはオリジナルだった。
業界が変わりオリジナルで作るのが難しかった。
初めての原作ものを撮ることになった。
自分自身の物語から、原作の視点からバトンタッチして作ることに変わりものの見方が変わった。
6年前は好きなようにやった。
今回は、いかに面白くするかプロデューサーの安井さんほか色々意見をとりいれ、その上でいかに自分の映画にするかこだわって作った。
今後は、原作ものオリジナルこだわらず何でもやりたい。

司会から麻生久美子さんについて聞かれて

あずみは離婚して出戻っている。
若い人ではダメ。
あてはまる30代から40代の人はあまりいない。
以前仕事をした麻生さんのことは頭にあった。
彼女は細かい演技ができるひと。
“あと5g重い演技してください”と頼むと微調整する技術力があり、ヒロイン性も兼ね備えている。

Q.安田さんとの仕事はいかがでしたか?(男性)

撮影前に1,2回話をした。
シャイな方で人がいると本音を言わない。
二人の時は本音が出る。
いい意味の暗さがある。
亀岡はつかみどころのない役で強烈な性格はない。
都度発するわかり難い言葉に対応して目の前のことを一所懸命やってもらった。
互いにわからないまま現場に居続けることができた。
この亀岡拓次が作品の中にどう存在するのか撮影中にはわからなかった。
できた作品をみて、安田さんの持っている“華”の部分と“暗さ”の部分をよくこんなに出し惜しみなくすべてを出してくれたと思った。
これまでのどの映画やテレビでも観たことがない安田さんが映っていました。
そういう安田さんを出してくれてありがたいなと思っています。

最後に監督から

東京国際映画祭に選んでくれてありがとう。
皆さんの言葉で成長する段階にはいりました。
思ったことを言語化して表現していただけるとありがたいと思います。

作品はちょっと変わっていて面白い作品。
監督の言葉を読んでわかるとおり色々な技も使われている映画らしい映画。
いままでみたことがない安田顕の熱演は必見。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
俳優 亀岡拓次
 『俳優 亀岡拓次』をテアトル新宿で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/02/24 06:44
『俳優 亀岡拓次』 下品にならない匂い
The Actor Kameoka Takuji(viewing film) 冒 ...続きを見る
Days of Books, Films...
2016/02/24 11:21
俳優 亀岡拓次〜カメオになれないカメオ
公式サイト。戌井昭人原作・出演、横浜聡子監督。安田顕、麻生久美子、宇野祥平、新井浩文、染谷将太、浅香航大、杉田かおる、工藤夕貴、大森立嗣、野嵜好美、不破万作、三田佳子 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/02/24 11:51
「俳優 亀岡拓次」:安田顕を味わう映画
映画『俳優 亀岡拓次』は、今乗ノリにノっている安田顕の初主演映画(ですよね?)。 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2016/02/24 22:35
俳優 亀岡拓次 ★★★.5
脇役一筋の地味な俳優に訪れる突然のチャンスを、演劇ユニットTEAM NACSのメンバーであり『龍三と七人の子分たち』などの安田顕が演じたコメディー。オファーがあればどんな役でも演じ、私生活では酒を楽しみとする主人公の慎ましい人生を、業界でありがちな出来事をちり... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/02/24 22:45
『俳優 亀岡拓次』
安田顕という俳優がますます好きになる。ただその安田顕の魅力に頼り切っただけになっているのは残念無念。 これは俳優・亀岡拓次を描いた作品であると同時に、俳優・安田顕を描 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2016/02/24 22:55
『俳優 亀岡拓次』
俳優の亀岡拓次(安田顕)は37歳の独身。次から次へと現場を渡り歩いては小さな役をこつこつと演じていき、スタッフからの信頼は厚い。彼に回ってくるのは主役ではなく脇役ばかりではあるものの、極力不平不満を口に出さず、撮影現場と酒場を行き来する地味な毎日を過ごして... ...続きを見る
beatitude
2016/02/25 17:23
『俳優 亀岡拓次』をテアトル新宿で観て、安田顕に頼り過ぎじゃないかなふじき★★★
五つ星評価で【★★★もちろん、つまらなくはない。でも、山場で「どーん」と笑ったり「どーん」と泣いたりしたい。そういうのってオシャレじゃなくって下品とか言われちゃうけど ... ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/03/07 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
本作は、ありきたりの脇役俳優物語となっておらず、おっしゃるように「ちょっと変わっていて面白い作品」だなと思いました。特に、横浜監督が「Q&A」で触れている砂漠のシーンとか、カブで亀岡が移動するシーンとかは興味を惹かれました。
クマネズミ
2016/02/24 06:54
クマネズミさん
コメントありがとうございます。
映画ならではのギミックが詰まっていて楽しい作品。もっと多くの人に見てほしいものです
まっつぁんこ
2016/02/25 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
俳優 亀岡拓次 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる