あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 残穢 -住んではいけない部屋-

<<   作成日時 : 2016/01/27 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 10

残穢 -住んではいけない部屋-

東京国際映画祭で観劇。
画像
(C) 2016「残穢−住んではいけない部屋−」製作委員会
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開: 2016年1月30日
上映時間: 1時間47分
配給・共同幹事: 松竹

監督: 中村義洋
原作: 小野不由美

キャスト

私☆竹内結子
久保さん☆橋本愛
三澤徹夫☆坂口健太郎
直人☆滝藤賢一
平岡芳明☆佐々木蔵之介
田村☆ 山下容莉枝
山本☆成田凌
梶川☆渋谷謙人
吉澤健
不破万作
上田耕一

【ストーリー】
ミステリー小説家である私(竹内結子)に、読者の女子大生・久保さん(橋本愛)から自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や心中、殺人などの事件を起こしていたことが判明。久保さんの部屋で生じる音の正体、そして一連の事件の謎について調査していくうちに、予想だにしなかった事実がわかり……。

上映前の舞台挨拶に中村義洋監督と竹内結子、橋本愛の御三方が来た。
竹内結子
「怖くないと自分に言い聞かせながら演じてました。」
彼女は大の怖がり。
演じている時はだいじょうぶだったが試写は途中で退席してしまったとのこと。
「見た人は本当に後悔しますよ」
とあおっていた。
橋本愛は開場からの“英語で!”の掛け声に
「絶対ムリです!」
と即答して笑いをとっていた。
恐怖の演出のポイントを聞かれて中村監督
「なるべく性格の暗いスタッフを集めた。」
竹内結子
「暗いスタッフとは言っても、優しい現場だった。
照明は暗かった。」
中村監督
「音は考えた。相当くると思う。
この六本木スクリーン7の四分の一のスクリーンで編集した。
スクリーンが大きいので凄いと思う。
自分でも見たい。」

映画自体はあまり怖くなかった。
じゃあ、何で見るの?という感じなんだけど
それは

怖いもの見たさ

というやつです。

いっつも怖くなくて、後で後悔するんですけどね

終映後に中村監督によるQ&Aあり。

Q.過去に怪奇現象にあったことは?

A.
原作の小野さんも私も心霊現象否定論者。
科学で証明できると思っている。
この撮影では首が痛くなり劇中の竹内さんと同じように首にコルセットしていた。

Q.クリーチャーにCGを使った意図は?

A.
色々と試した結果こうなった。
役者でも撮ったが最終的にCGが一番怖かった。
最後の出版社のシーンは本気で怖がらせようとして作った。

Q.お祓いや供養はしたか?

A.
どの映画でもお祓いはする。
今回は、こんなに来るかというくらい沢山のスタッフが参加した。
考えると悪質ですよね。
住んでいい部屋なんかないという話ですから。

Q.竹内結子さんのキャスティングは?

A.
やったことない役柄をねらったキャスティング。
不機嫌な時もあるだろうからそれを引き出したかった。

Q.竹内さんの語りの録音について

A.
ナレーションはクランクインの前に録った。
なるべく低い声で録ることに拘った。
原作者の動じない佇まいを竹内さんの役柄に反映させた。
最初のほうは怖さを抑え、エンドロールの絵にむかって突き進む。
普通の主題歌かけてそんなものかと思わせて最後の絵で観客を巻き込んで怖がらせる。

Q.小野さんからの要望は?

A.
10年前にホラーをやっていたので現在どうしようかというのは無かった。
冒頭30分梶川くんで持つか悩んでいた時 “梶川くんが出てきたら怖くないのよね”のひとことで全て腑に落ちた。



テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」第28回東京国際映画祭
コンペティション作品。今年はコンペに邦画が3本も出品された。その内の1本がコレ。ホラーは嫌いじゃないジャンルなので、結構いそいそと鑑賞に行く。偉そうに言うと、よくできた作品だった。もちろん怖かったが、怖さの内容が謎解きの体で解かれて行くので、引き込まれる。いやー、流石。ジャパニーズ・ホラーは「わーっ??」や「きゃーっ??」だけじゃないのよね。監督・中村義洋、原作・小野不由美。これだけでもホラーファンには頭の中に金字塔が立つのだと思う。制作過程で、どうしたらより観客を怖がらせることができるのか?を... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/01/27 16:47
残穢‐住んではいけない部屋‐
はい、これ震えます。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/01/30 16:36
残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―
■ 第28回東京国際映画祭にて鑑賞残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋― 2015年/日本/107分 監督: 中村義洋 出演: 竹内結子/橋本愛/佐々木蔵之介/坂口健太郎/滝藤賢一 公式サイト 公開: 2016年01月30日 小説家の私は、読者投稿を元にしたホラー短編を連載しているが、2012年05月、久保さんという都内の女子大生から、1人暮らしを始めたマンションの1室に何かい... ...続きを見る
映画三昧、活字中毒
2016/01/30 19:11
残穢(ざんえ)‐住んではいけない部屋‐
リング再起動? 公式サイト。小野不由美原作、中村義洋監督。竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介、山下容莉枝、成田凌、吉澤健、不破万作、上田耕一。本作の ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/01/30 19:17
残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐
評価:★★★☆【3.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2016/01/30 23:07
残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐
小野不由美著の同名小説を中村義洋監督が竹内結子主演で創り上げたホラーです。 怖がり屋としてはホラーは一番苦手なジャンルなのですけど、 この監督さんとキャストだったので、原作未読のままチャレンジしてしまいました。 それほど怖くないという噂もあったのに、途中からそんなこと無い〜と心の中で叫んでいました^_^; ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2016/01/31 13:03
残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐ ★★*☆☆
「リング」や「呪怨」のようなジャパニーズホラー再びということでしょうか。 ...続きを見る
センタのダイアリー
2016/01/31 21:15
残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-  監督/中村 義洋
【出演】  竹内 結子  橋本 愛  滝藤 賢一  佐々木 内蔵助 ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/02/01 19:09
残穢【ざんえ】 ‐住んではいけない部屋‐
コレはコレで結構怖い。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/02/01 22:53
[映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』を観た(短評)]
☆・・・予告編からして、恐さが尋常じゃなく思えた。 その恐怖は、驚かしの他に、心に染みる&hellip;ジワジワとくるロジック重視が感じられた。 私はホラー映画が苦手である。 でも、この作品が気になった。 一人で見るのは怖いので、甥っ子を誘う。 すると、何故か... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2016/02/02 13:41
劇場鑑賞「残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-」
穢れに、触れたら… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/02/02 15:04
映画 『残穢 ―住んではいけない部屋−』
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 ...続きを見る
こみち
2016/02/04 23:06
残穢【ざんえ】&#8722;住んではいけない部屋&#8722; ★★★★
人気作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞作『残穢』を竹内結子と橋本愛の主演で映画化したホラー・ミステリー。奇妙な音がするというマンションの住人からの投書をきっかけに、その原因究明に乗り出した主人公たちが繰り広げる調査の行方と、やがて明らかとなる驚愕... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/02/06 20:08
「残穢―住んではいけない部屋―」過去に起きた出来事を調べた先にみた事件に巻き込まれた人たちの過去の出...
「残穢―住んではいけない部屋― 」は引っ越した部屋に何かがいるという問い合わせを受けたホラー小説家がその部屋以前の家の事を調べていくとある事件の過去に辿り着いていくスト ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/02/11 23:20
『残穢 住んではいけない部屋』を丸の内ピカデリー1で観て、心霊実話テイストの到達点だふじき★★★★(...
五つ星評価で【★★★★この年になって心霊実話テイストで長編映画を見れるなんて思いもしなかった。内部に『呪怨』を取りこもうとしている攻撃的な内容が凄い】 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/02/17 21:48
『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』('16初鑑賞16・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:55の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/02/19 21:02
残穢―住んではいけない部屋―
 『残穢―住んではいけない部屋―』を渋谷シネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/02/22 06:38
残穢-住んではいけない部屋‐
残った穢れ(けがれ)と書いて、残穢(ざんえ)。ホラーのような予告だったけど、内容は謎解きサスペンス。テンポよく展開も早く飽きさせない。。謎解きについて聞くのは大変だけ ... ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/03/06 00:30
残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-
2015年 日本 107分 ホラー/ミステリー 劇場公開(2016/01/30) ...続きを見る
銀幕大帝α
2016/06/11 20:50
残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―
【概略】 「自分の部屋から奇妙な音がする」という読者からの手紙を受け取った小説家の女性が、そのマンションに秘められた過去の真相に迫っていく。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/12/16 15:15
「残穢 -住んではいけない部屋-」
そんなに直接的には怖くない。ほとんど。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/05/01 20:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。TBありがとうございます。
これ、結構面白かったです。ホラーの要素ももちろんだけれど、日本の民間に巣食うじっとりとした暗さ…がよく描けていたと思って。
竹内結子さんは綺麗でした〜!!
ここなつ
2016/01/27 16:47
ここなつさん
面白かったけど怖くはなかった。
何が面白いって、心霊現象否定論者が一所懸命書いたり撮ったりしているところです
まっつぁんこ
2016/01/27 17:58
まっつぁんこさん☆
これ、多分観に行かない(怖そうだと思って)けど、原作を読みました。
作者の小野不由美さんは、霊を信じてないだけあって、怖くないと思えば怖いけど、怖いと思い始めると超怖いのよっていう作品でしたねー
クリーチャーが出てくるのですか??
映像として観たほうが怖いのか、文章の方が怖いのか…微妙なところですね。
ノルウェーまだ〜む
2016/01/27 23:38
ノルウェーまだ〜むさん
クリーチャーですが文章より映像の方が怖いのでは?
原作読んでたしかめてみます。
私の場合どちらも怖くないとは思うのですが(笑)
まっつぁんこ
2016/01/28 07:14
こんにちは。
わたしはこれ舞台挨拶じゃない方で観たんですが、答える人が違うから、Q&Aの中身も違って面白いですね。
映画自体は、わたしは楽しめました。
りお
2016/01/30 19:12
りおさん
竹内結子さん見たかったのでこれにしました。
映画は怖くはなかったけど}楽しめました。特にへんなクリーチャーが出てきたところは笑いました。すみません!という感じです
まっつぁんこ
2016/01/30 19:43
お早うございます。
前もって「ホラー映画」とされると身構えて見てしまうせいでしょうか、おっしゃるように、「いっつも怖くなくて、後で後悔する」ハメになります。
それに、中村監督が「最後の出版社のシーンは本気で怖がらせようとして作った」と述べたとのことですが、そのシーンこそ蛇足ではないかと思えましたし、さらに、「最初のほうは怖さを抑え、エンドロールの絵にむかって突き進む」とか「最後の絵で観客を巻き込んで怖がらせる」とも述べていたとのことですが、「エンドロール」なのですから観客は気分的に帰り支度をしていて、そこで画の中の女の顔が歪んでも遅きに失するのでは、と思いました。
クマネズミ
2016/02/23 05:24
クマネズミさん
作り手が信じていない現象で怖がらせるのには無理がありますよね(笑)
人間どんなに恨みを呑んで死んだとしても死ねばただの物体。生きている人間のやることのほうがよほど怖い。霊とか鬼とか出てきて、またか!と笑わせられるパターンが多くて残念です。
まっつぁんこ
2016/02/23 07:05
小野不由美さんの本は、図書館で見ると分厚いのしかなくて、借りたことがないのですが(買わない前提? 笑)、なにか読んでみたい気になりました。
ボー
2017/05/02 21:26
ボーさん
分厚い『屍鬼』買いました。
邪魔なので捨てました
まっつぁんこ
2017/05/03 06:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
残穢 -住んではいけない部屋- あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる