あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK杯戦豊島将之七段VS佐藤康光九段

<<   作成日時 : 2016/01/17 13:22   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

今週の豊島七段VS佐藤九段戦は面白かった。

序盤から佐藤九段らしい、へんたいとしかいいようのない指し回しがみられた。

画像


飛車先の歩をひとつ突いてから振り飛車にするのは
むかしの升田先生の将棋に時々あった。
あとで美濃囲いにして、ちょんまげ美濃と称したものだ。

豊島七段は穴熊にもぐり金銀4枚を玉の方に寄せる。
以下さばきあいとなる

画像


先手が桂馬を一枚得しているがこの局面は後手良しに感じる。
が、先手玉は穴熊で固い。
緩い手では勝てないとみたのか佐藤九段は6七成桂と指した。

この局面では、6九飛 と打っておけば後手が良かったと思う。

先手の攻めは飛車を打つしかない。

4二飛 とか 5一飛 とか。

どちらの飛車がきても 8二金打 としておけば当分詰めろは来ない。

後手は、次に6七成桂とすれば攻めに困ることはない。
6七成桂を許すと勝てないので5七銀 同角成 と成桂を清算して、8八銀打 とか 6八銀打 とか受けるくらい。
そこで8四馬 と引き上げておけば後手優勢だったと思う。

いずれにせよ、この局面が勝負の分かれ目だった。

以下の指し手

6七成桂 同金 6九飛 6八角 8六歩 8五桂

画像


6八角 がうまい受けだった。

8六歩 と突くくらいしか攻めがないが空いたスペースを 8五桂 と逆用されてしまった。

ここでは8七歩成としたいが 9三銀 で負けだ。
とはいっても簡単ではない。

9三銀 8一玉 7三桂打 同金上 同桂成 とすれば後手玉は受け無し。
しかしながら先手玉は 6六角成 で頓死してしまう。


9三銀 8一玉 7三桂打 同金上 に 5一飛 と打てば 7一金 と受ける一手。
(7一桂 や 7二玉 は詰み)
それから 7三桂成 とすれば良い。

結局最後まで 8七歩成 とするチャンスがなかったことをみても、90手目がポイントだったことがわかる。

6三飛成 からの豊島七段の寄せはお見事でした。
次回も冴えた将棋を期待しています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今週もおもしろかったです。90手目ですか、管理人さんの分析は。佐藤九段の作戦は、陽動振飛車ですかね。序中盤作戦としては、どうなんでしょうか!? 豊島七段の解説者(森下九段)の予想を外す(笑)寄せ手順もよかったです。
Gくん
2016/01/19 17:09
Gくんさん
序中盤はへんたいすぎるのでよくわかりません。
作戦は陽動振飛車です。
飛車先をひとつ突いて回るのはよく見ます。
ふたつ突いてから振飛車にするのは作戦としては明らかに損。(力で来い!といったところ?)
ふつうは先手良しになるものです。
ところが勝負を重視した豊島七段が穴熊にもぐったため類をみない力戦になりました。
詳しい手の解説はNHKのテキストをご覧ください(笑)
まっつぁんこ
2016/01/20 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
NHK杯戦豊島将之七段VS佐藤康光九段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる