あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢の車輪

<<   作成日時 : 2016/02/18 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安達康二氏の詰将棋作品集「夢の車輪」を購入した。

画像


発行日 2015年12月5日
著者  安達康二
頒価 2500円

『夢の車輪』編集委員会事務局
〒101-0051
千代田区神田神保町2-20城座ビル
株式会社双峰社内

双峰社は家から近い。
2月15日月曜日に神保町まで歩いて購入しに行った。



地図を検索すると上記の場所が表示される。
が、ここに存在するのは、廃止になった区立高齢者センターである。

閉まっている自動ドアをこじあけて中に入り、片付けをしている人にiphoneの地図表示をみせ、双峰社の場所を尋ねた。
「ここは廃止になった区の施設です。
双峰社はここにはありません。」

この一角をウロウロと探索。

高齢者センターの裏のワカヤギビルにある世界文化社にも行ってきいてみた。

「ここは世界文化社です。
双峰社はきいたことがありません。」

けんもほろろである。
(世界文化社の本は買わない

実は、すぐそばの城座ビル(じょうざビル)の3階に双峰社は存在した。
googleの地図に城座ビルの表示なし。

画像


30分くらい探索してようやく発見。
インターホン押しても応答なし。

しかたなく、怪しげな建物にはいり階段をのぼる。
2階にのぼると犬の置物に吠えられる。びっくり(笑)
1回そとに出てしまった。
他に入口があるのかと探索したがない。
しかたなく吠えられても無視して突破。
3階に行くと双峰社があった。

画像


こんなに苦労するとは思わなかった。
で、ようやくたどりつき、「夢の車輪」を購入することができた。

私が訪れる直前まで、バトルロイヤル風間さんが滞在されていたとのこと。
双峰社は、桑原さんのガチンコ詰将棋や、風間さんの漫画を出版しているそうです。

『夢の車輪』

目次
第一部 将棋専門誌発表作品
@ 1960年代の作品 詰将棋54題 必至3題
A 1970〜80年代の作品 35題
B 1990年以降の作品 27題

第二部 社内報「ちよだ」掲載作品 174題

巻末付録
未発表作品 2題
「詰将棋めいと」マイ・ベスト展草稿
村山聖六段との飛車落ち戦

一般の詰将棋作品集とは異なり、不完全作も含む全発表作が時系列に並べられている。

第1番は初入選作。

1965年8月号(詰将棋パラダイス)

画像


安達さんは私より10年の年長者。
初入選は15か16歳高校生のとき。
それから10年くらいの間に発表作が集中している。

わたしは、彼の作品はあまり解いていない。

中には印象に残っている 「エ」 の字詰めなどを発見。
なつかしかった。

異色なのは次の必至作品。

1968年9月号

画像


正解者がいなかったそうである。
考える気はしなかったので、解答をみて面白いと思った。

ハードカバーの立派な本で2500円は安い。
売り切れないうちに買っておくと良いと思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
夢の車輪 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる