あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NODA・MAP第20回公演 『逆鱗』

<<   作成日時 : 2016/02/01 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NODA・MAP第20回公演 『逆鱗』@東京芸術劇場プレイハウス

豪華キャストに惹かれて観に行ってきた。
昨年の『エッグ』もそこそこ面白かった。すっかり忘れたけど

NINGYO☆松たか子
モガリ・サマヨウ☆瑛太
鵜飼ザコ☆井上真央
サキモリ・オモウ☆阿部サダヲ
鵜飼綱元☆池田成志
イルカ・モノノウ☆満島真之介
鰯ババア(逆八百比丘尼)☆銀粉蝶
柿本魚麻呂☆ 野田秀樹

東京公演 東京芸術劇場プレイハウス 2016年1月29日(金)〜3月13日(日)
大阪公演 シアターBRAVA! 2016年3月18日(金)〜3月27日(日)
北九州公演 北九州芸術劇場大ホール 2016年3月31日(木)〜4月3日(日)
画像

「人魚は、ひとつの『逆鱗』を食べる」

昔々の昔々の昔々のその昔、
沈没船の窓越しに交わした人魚と人間の約束。
その約束を果たすために、
人魚は人間のふりをして、自ら志願し地上に現れた。
だが、その人魚が現れた場所は、
海中水族館の『人魚ショー』の真っただ中。
そこで人魚は、人魚のふりをした人間と出会う。
やがて深夜の海中水族館、
そこに運び込まれてきたある「モノ」とともに
物語は深い深い海の底へと潜りこんでいく。
そこに、見えてくるものは・・・・・・。

劇はNINGYOの独白で始まる。
続いて、海底水族館の水槽。
その水槽には人魚を入れるんだそうだ。
サキモリ・オモウら人魚捕獲隊が登場・・・

なんて調子でセリフいっぱい。
場面転換たくさんでめまぐるしい芝居が展開。
一回で把握するのは困難だ(笑)
面白いセリフもたくさんあったけど忘れる。
おぼえていられない。

こんな台本よく書くものだ。

物語のキーは、上部にコピペした
「人魚は、ひとつの『逆鱗』を食べる」である。

英語で書くと下記の通り
NINGYO EAT A GEKIRINN

これをにらみ倒して、ネタを見抜ける人はすごい。

単純な人魚の話ではないのである。

ストレート・プレイは苦手でいつも観てから後悔するのだが本作は違った。
感動させられてしまった。くやしい(笑)

幕間はなく、一幕2時間10分の舞台である。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NODA・MAP第20回公演 『逆鱗』 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる