あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS スティーブ・ジョブズ

<<   作成日時 : 2016/02/05 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 8

スティーブ・ジョブズ@一ツ橋ホール
画像
(C) Universal Pictures (C) Francois Duhamel
英題:STEVE JOBS
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開: 2016年2月12日
上映時間: 2時間2分
配給: 東宝東和

監督・製作: ダニー・ボイル

キャスト

スティーブ・ジョブズ☆マイケル・ファスベンダー
ジョアンナ・ホフマン☆ケイト・ウィンスレット
スティーブ・ウォズニアック☆セス・ローゲン
ジョン・スカリー☆ジェフ・ダニエルズ
アンディ・ハーツフェルド☆マイケル・スタールバーグ
クリスアン・ブレナン☆キャサリン・ウォーターストン
リサ・ブレナン(19歳)☆パーラ・ヘイニー=ジャーディン
リサ・ブレナン(9歳)☆リプリー・ソーボ
リサ・ブレナン(5歳)☆マッケンジー・モス
アンドレア・カニンガム☆セーラ・スヌーク


【ストーリー】
1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は部下のアンディ(マイケル・スタールバーグ)ともめている。今回ジョブズはどうしてもMacintoshに「ハロー」とあいさつさせたかったが、当の主役は沈黙したままだ。マーケティング担当者のジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)は諦めるよう説得するが……。

【独り言】

最近他にもスティーブ・ジョブズという映画があった。

最近みた映画で一番似た感じをうけたのは “バードマン”。
3つの重要なプレゼンテーション前におけるジョブスを活写。
切り口のまったく違う映画でおもしろかった。

ちょうど今読んでいる
“脳・戦争・ナショナリズム”という本でスティーブ・ジョブスが言及されていた。

剛志(中野剛志:批評家、東大教養学部卒)
あるビジネスマンが「日本はスティーブ・ジョブスのような者が生まれない国だからダメだ」と偉そうに言うから、「アメリカだって、ジョブスのような奴は一人しか生まれていないだろう」と言ってやったことがある。
ああいう紋切り型の日本批判が私は大嫌いでしてね。
信子(中野信子:脳科学者、東大工学部卒)
「じゃ、おまえがジョブスになってみろよ」と言いたくなりますよね。
確かにアメリカにはイノベーターは多いかもしれないけど、日本でジョブスのような人物が出てきたら、寄ってたかって潰されるだけでしょう。

最近“サワコの朝”にも出演していた中野信子氏が脳科学の観点で日本にジョブスがうまれにくい理由を説明してくれる。
脳内には、セロトニン、アドレナリン、ドーパミンという三大神経伝達物質が存在。

セロトニンが少ないと不安感情を助長するので、新しいものをなかなか受け入れようとしない。
日本人は、調査が行われている世界の国の中では最もセロトニンを使いにくい脳をもった民族なんだそうだ。

セロトニン不足は、セロトニンそのものの分布が少ないというよりも、セロトニントランスポーターという蛋白質が少ないことに起因する。

セロトニンが多いか少ないかは、遺伝子の組み合わせで決まる。
セロトニントランスポーターの量を決定する遺伝子の組み合わせは SS(少ない・少ない)SL(少ない・多い)LL(多い・多い)の3通り。
日本はSS型とSL型を併せた割合が98%でそんな国は世界で日本だけ。

日本人はむやみに新しいものに跳びついたり果敢にリスクをとったりしない。
そういう形質は、長い間の島国生活で、生存に都合が良かったため、はぐくまれた。

映画の世界も音楽の世界も、これだけドメスティックな国は世界中みまわしても日本が突出している。

現在世界中でアデルの “25”がチャートの1位を飾っている。
世界の主要国のチャートをみまわして1位になっていないのはギリシャと韓国と日本だけ。
日本の7位はずらっと並んだ1位の中でひときわ異彩をはなっている。

それもこれも、脳内物質の特異性によるものだった。

というわけで、島国日本の観客に、こんなスティーブ・ジョブスの映画がうけるわけがないのである。(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最新映画:スティーブ・ジョブス Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人...
アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。 しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。 紛らわしいことこの上ない! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/02/05 19:29
映画:スティーブ・ジョブズ ゴールデングローブ賞 × 4部門ノミネート! とはいえ…
アカデミー賞前哨戦の1つ、ゴールデングローブ賞で、来年2月公開予定「スティーブ・ジョブズ」が、 × 4部門にノミネート。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/02/05 19:29
スティーブ・ジョブズ
1984年、アメリカ。 Macintosh発表会の40分前、スティーブ・ジョブズは激怒していた。 本番で「ハロー」と挨拶するはずのマシンが黙ったままなのだ。 そこへ元恋人クリスアンが、娘リサの認知を求めにやって来る。 公私ともに緊張が高まるなか、15分前に何かが閃いたジョブズは、次々と周りに指示を出し始める。 それは重大なプレゼンの度に勃発する闘いの幕開けだった…。 実話ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/02/06 19:47
スティーブ・ジョブズ(2016)
【STEVE JOBS】 2016/02/12公開 アメリカ 122分監督:ダニー・ボイル出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2016/02/13 23:00
『スティーブ・ジョブズ』 2016年2月14日 TOHOシネマズ日劇
『スティーブ・ジョブズ』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2016/02/14 23:22
スティーブ・ジョブズ
ジョブズが何をやったのかは常識として頭に入っているのが前提の映画で、彼のスパルタ経営者ぶりの裏にある苦悩を描いている。さらに実の娘との父としての葛藤が赤裸々にわかる。経営のカリスマも娘にはかなわないのだ。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2016/02/17 16:54
『スティーブ・ジョブズ』
「i」を「スティーブ・ジョブズ」から「私」に変えた14年間。 スティーブ・ジョブズの人間性を彼に関わる限られた人物との会話劇だけで、しかも大事な発表会の舞台裏という限られ ... ...続きを見る
こねたみっくす
2016/02/18 18:01
「スティーブ・ジョブズ」@一ツ橋ホール
 試写会の客入りは8割位。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2016/02/18 23:41
スティーブ・ジョブズ/STEVE JOBS
わたしも、Apple製品のシンプルなのに可愛い洗練されたデザインと機能性に惹かれて 20年前からPCはApple&#127822;だし、もちろん携帯はiPhoneを持つひとり。 だけど、スティーブ・ジョブズその人については興味はさほどない。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2016/02/19 12:17
スティーブ・ジョブズ・・・・・評価額1700円
創造主の心の中味。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/02/21 22:42
スティーブ・ジョブズ
 『スティーブ・ジョブズ』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/02/26 21:30
Think different.〜『スティーブ・ジョブズ』
 STEVE JOBS ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/03/23 08:04
ジョブズの3つの転換期
16日のことですが、映画「スティーブ・ジョブズ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/04/20 23:27
「スティーブ・ジョブズ」
「Steve Jobs」2015 USA/UK ...続きを見る
ヨーロッパ映画を観よう!
2016/04/21 14:36
スティーブ・ジョブズ
ダニー・ボイルが撮ったジョブス映画の本命、『スティーブ・ジョブズ』を観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2016/04/21 22:26
「スティーブ・ジョブズ」<2015> ジョブズのパーソナリティーに迫る
改めてまして、ご無沙汰しております。 先週、海外出張より帰国しまして、こちらのブ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/04/30 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
内容がどうのよりも台詞が多くて疲れました 汗
“日本にジョブスがうまれにくい理由”はなかなか興味ぶかいです。なるほど!
yukarin
2016/02/13 23:07
yukarinさん
字幕追うのがたいへんでした。
かといって吹替えでは台無しでしょう。
原語のまま理解できる人と同じベースで評価できないのが残念ですね。
まっつぁんこ
2016/02/14 08:44
セリフの応酬ですけど、面白い映画でした!
ジョブズは凡人の私には理解できませんが(笑)
yutarou
2016/02/14 23:34
yutarouさん
面白かったけどすぐに忘れそう。
セリフはよほど印象に残るもの以外全部消える。
メモっておかないと印象に残ったセリフも忘れる。
絵のほうが記憶に残っていたりしませんか?
この映画では記憶に残る絵なかったですけど(笑)
まっつぁんこ
2016/02/15 00:02
ああ、なるほど「バードマン」!
確かにどちらも客には見えないビハインド・ザ・シーンにこそ、全てのドラマがあるって映画でした0ね!
ノラネコ
2016/02/21 22:45
ノラネコさん
「アシュトン・カッチャーの激似っぷりが話題となった2013年版の映画は、つまらなくはないけれど中途半端で心に残らない作品だった」その通りですね。激似しか印象に残っていません。
ケイト・ウィンスレットがゴールデン・グローブ助演女優賞を受賞しましたがオスカーは別の人のような気がしますがどうなるか楽しみです。
まっつぁんこ
2016/02/22 07:37
今晩は。
コメント欄を汚してしまって恐縮ながら、「脳科学」とは、Wikipediaで「神経科学の俗名であり、専門的・学術的な文献ではあまり使われない」とされており、そんな脳科学者に「日本人はむやみに新しいものに跳びついたり果敢にリスクをとったりしない」と言われると、日本軍の真珠湾攻撃は巨大な「リスク」を“果敢に”とったから行われたのではとか、「音楽の世界も、これだけドメスティックな国は世界中みまわしても日本が突出している」との脳科学者の言に対しては、小澤征爾がグラミー賞をとったではないか、などと混ぜっ返したくなる捻くれ者にクマネズミはなってしまいます。

クマネズミ
2016/02/26 22:20
クマネズミさん
「音楽の世界も・・・」以降は私の感想です。
日本でヒットする曲が最近特にあまりにもドメスティックなのは事実なので。
小澤征爾や坂本九は例外中の例外だと思います。sukiyakiがアメリカで3週間も1位になったなんて今ではとても信じられません。でも50年前も日本人のセロトニンは今とたぶんいっしょですね(笑)
セロトニンなどの脳内物質ですべてが説明できるとは思いませんが統計的に語れることは多いと考えます。
まっつぁんこ
2016/02/26 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
スティーブ・ジョブズ あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる