あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 第66回NHK杯伊藤博文六段VS増田康宏四段

<<   作成日時 : 2016/04/24 12:31   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

今週の伊藤六段と増田四段の戦いはアマチュアにはまったく参考にならない将棋だった。

すなわち、こういう将棋を指してはいけないということである(笑)

画像


この局面は先手優勢にみえる。

が、実際には伊藤六段が結局攻めつぶされたように切らすのは困難だ。

以下

3六歩 2五桂 3七香 2七銀 6八と 3六銀 8九馬 3七金 2四桂

と進行して以下は良いところなく攻めつぶされた。

こんな攻めを余せないということは81手目の局面でも実戦的には厳しいということである。

したがって、特にアマチュアは、ビッグ4に高美濃で対抗してはいけない。

あえて指すのなら75手目からやり直したい。

画像


本譜は75手目から 6六歩 4六角 6五歩 5五角 5六歩 9九角成 8二龍 と進行して第一図となった。

第一図で勝てないなら以下のように指すしかなかった。

まずは 5五歩 と 角切りを防ぐ。

後手は 6八と または 7五歩 、 8八歩 と指してくるだろう。

そこで さらに 7四龍 と引いてうける。

とにかく徹底的に受けつぶさないと勝てそうにない。

画像


来週は穴熊以外、もしくは穴熊がやっつけられる将棋でお願いします。



テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
管理人さんんの、まったく参考にならない<こういう将棋を指してはいけない<まったく同感です。若手バリバリの新人四段が、四枚穴熊を採用して、相手が中堅六段では始まる前から勝負になりません(お気の毒ですが)。近年、穴熊に組ませない作戦(藤井システム・ゴキゲン中飛車とか)が出て来たのもわかる気がします。
Gくん
2016/04/26 18:07
Gくんさん
美濃囲いで居飛車穴熊やっつけるのは快感なんですけどね。たいていやられます(笑)
数年前の職団戦で大将が元アマ名人だったので当て馬作戦を敢行。
当方のメンバー(初段くらい)に対し元アマ名人のとった作戦はビッグ4。感慨深いものがありました。
まっつぁんこ
2016/04/26 23:08
それは、面白いエピソードですね!管理人さん。元アマ名人が4枚穴熊(いわゆるビッグ4)とは!?(苦笑)。穴熊に組ませて勝てる有効な作戦ってないのですかね(ないのでしょう)。
Gくん
2016/04/27 21:24
Gくんさん
私も居飛車穴熊はやりますがビッグ4をストレートに目指すとつぶされる。角道を4五歩と空けられて4四銀から5五歩とか。
とにかくすなおに楽に組ませてはいけないですね(笑)
まっつぁんこ
2016/04/27 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
第66回NHK杯伊藤博文六段VS増田康宏四段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる