あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルックリン

<<   作成日時 : 2016/06/23 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 14 / コメント 6

ブルックリン@神楽座

神楽座は初めてだったがきれいで見やすい会場だった。
どこからでも見やすいが後方がおすすめである。
画像
(C) 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
英題:BROOKLYN
製作年:2015年
製作国:アイルランド/イギリス/カナダ
日本公開:2016年7月1日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:1時間52分
配給:20世紀フォックス映画

監督: ジョン・クローリー

キャスト
エイリシュ・レイシー: シアーシャ・ローナン
ジム・ファレル: ドーナル・グリーソン
トニー・フィオレロ: エモリー・コーエン
フラッド神父: ジム・ブロードベント
キーオ夫人: ジュリー・ウォルターズ


【ストーリー】
アイルランドの町で暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、きれいで仕事もバリバリこなす姉ローズ(フィオナ・グラスコット)とは正反対だった。内気な妹の未来を心配するローズの考えもあり、エイリシュはニューヨークに渡ることを決意する。だが、田舎町での静かな生活とは全然違う暮らしが彼女を待ち受けていた。

【感想】
シアーシャ・ローナンは今最も注目している女優の一人。
彼女に気付いたのは2007年のつぐない で13歳の頃のブライオニー・タリスを演じた時。(本作で彼女はオスカーにノミネートされた。)
作品も生涯ベスト10に入れるくらい好き。
シアーシャの演技も強く印象に残った。
以降彼女の出演作はほとんどもれなく観劇している。

シアーシャ・ローナンの出演作
2008 奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜 日本未公開
2008 エンバー 失われた光の物語 日本未公開
2009 ラブリーボーン
2010 ウェイバック -脱出6500km-
2011 ハンナ
2011 天使の処刑人 バイオレット&デイジー
2012 ビザンチウム
2013 ザ・ホスト 美しき侵略者
2013 ジャスティンと勇気の騎士の物語 日本未公開
2013 わたしは生きていける
2014 グランド・ブダペスト・ホテル
2014 ロスト・リバー (未見)

昨年の “ロスト・リバー” のみ未見。

“ザ・ホスト 美しき侵略者” と “グランド・ブダペスト・ホテル” も鑑賞したが記事は書かなかった。
(いまいちだった)

というわけで “ブルックリン” はぜひとも早く観たい作品としてノミネート。
一所懸命応募して、6月初めての自前当選をはたした。

作品の内容は、二人の男性の間で揺れ動く女性を描いた・・・わけでもない(笑)

主人公のエイリシュは、昭和20年代のアイルランドで意地悪おばさんにこき使われ将来のみえない生活を送っている。
姉のローズは母のめんどうをみながら会社の会計係として働いている。
そのままアイルランドにいてもしかたないとの判断のもと、母と姉の後押しもあり、エイリシュはアメリカに渡航することにする。
住み慣れた街をはなれ、肉親ともはなれる勇気ある決断をするのである。

昭和20年代の、アメリカやアイルランドの状況は、我々にはよくわからない。
たぶん飛行機は高くて乗れなかったようで船旅。
同じ船室に乗り合わせた女性に教わりながら新大陸上陸を果たす。

当時のNYにはアイルランド人のコミュニティーがあったようだ。
そのコミュニティーの中心にはカトリックの組織がある。
フラッド神父や寮母、いっしょに住んでいる仲間といっしょに徐々にNYに慣れていく・・・

で、新大陸で、♂@に出会うのである。

これ以上あまり内容について語るのはネタバレになりつまらなくなるのでやめる。

エイリシュの前には、選択肢がふたつ。

さて、彼女はどちらを選ぶ? と思ってみていると事件勃発。

あの事件がなかったら、彼女の選択はどうなっていたのか?

この映画は、カップルで見るというよりも、女子二人で見た方がいいね!なんて思って観終わった。

雰囲気や映像が良いし、ストーリーもグッド。
シアーシャはやっぱりこういう映画に出演した方がいいと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブルックリン
1950年代。 アイルランドの小さな町に住む女性エイリシュは、姉の勧めで渡米し、ニューヨークの高級デパートで働くことに。 一時はホームシックに陥ったものの、トニーという恋人ができたり、大学で学んだりするうちに、洗練されたニューヨーカーになっていく。 ある時、アイルランドに帰郷した彼女は、トニーとは正反対のタイプの男性ジムと再会する…。 ラブ・ストーリー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/06/25 11:23
ブルックリン〜内向性と外向性
公式サイト。アイルランド=イギリス=カナダ。原題:Brooklyn。コルム・トビーン原作、ジョン・クローリー監督。シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/07/02 23:38
ショートレビュー「ブルックリン・・・・・評価額1700円」
二つの人生は、生きられない。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/07/06 22:50
ブルックリン/BROOKLYN
アカデミー賞作品賞、主演女優賞、脚色賞ノミネート。 コルム・トビーンの同名小説をニック・ホーンビィの脚色、「ダブリン上等!」「BOY-A」のジョン・クローリーが監督。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2016/07/09 19:40
ブルックリン
 『ブルックリン』を新宿の角川シネマで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/07/19 21:06
「ブルックリン」☆故郷は遠きにありて思ふもの
どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん〜〜〜〜??? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/07/20 22:06
【映画】アイルランド移民の心を描く『ブルックリン』
&#160; ...続きを見る
アリスのさすらい映画館
2016/07/21 08:00
映画・ブルックリン
原題 Brooklyn2015年 アイルランド、イギリス、カナダ ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2016/07/21 08:09
「ブルックリン」:ドラマらしいドラマだけど・・・
映画『ブルックリン』は、アカデミー作品賞にもノミネートされていたので気になってい ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2016/07/21 21:31
ブルックリン
アイルランドからニューヨーク・ブルックリンにやってきた移民の少女の青春ドラマ、「 ...続きを見る
セレンディピティ ダイアリー
2016/07/22 10:37
ブルックリン
新天地と故郷 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie 原作: ブルックリン (コルム・トビーン著/白水社)監督: ジョン・クローリー  「ダブ ...続きを見る
風に吹かれて
2016/07/22 10:58
「ブルックリン」
ほんのちょっとしたことで、人の行動は変わる。それを運命、いや、人生というのか。 ...続きを見る
或る日の出来事
2016/07/30 22:27
ブルックリン
評価:★★★★【4点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2016/08/06 21:39
ブルックリン ★★★★
『わたしは生きていける』などのシアーシャ・ローナンを主演に迎え、アイルランドからニューヨークに移住した女性の青春の日々を映すドラマ。アイルランドの片田舎から大都会のニューヨークにやって来たヒロインが、戸惑いながらも自らの宿命と愛に身を任せる姿に迫る。『... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/08/17 17:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
キャロルに続いて、私の中の女子を刺激する映画でしたw
二人の愛に迷い、未来のビジョンに迷い、少しづつ開花してゆくエイリシュにエールを送りたい気分。
こういうクラッシックなムードの映画を見ると、なんだか心がリッチになったような気がします。
ノラネコ
2016/07/06 23:05
ノラネコさん
「クラッシックなムードの映画を見ると、なんだか心がリッチになったような気がします。」同感
後半わたしは、早くブルックリンに帰った方がいいよ!と思いながらみていたので、意地悪おばさんナイスプレイ!(笑)シアーシャには今後も大注目です。
まっつぁんこ
2016/07/07 18:10
まっつぁんこさん☆
貴重なご意見ありがとうございました。
確かに男性だったらとっくに両天秤なところを、誠実で真面目なエイリッシュだからこそ揺れ動いて美しかったのですね〜
ノルウェーまだ〜む
2016/07/21 11:03
ノルウェーまだ〜むさん
色々はなしのネタがある映画ですよね。
語りだしたらキリがありません(笑)
まっつぁんこ
2016/07/21 22:21
まっつぁんこさん、はじめまして。
TB、ありがとうございました。
シアーシャちゃんの映画、たくさんご覧になっているのですね。「つぐない」は私も大好きな作品ですが、あの女の子だったとは気づかず、びっくりしました。

いじわるおばさんは思わぬキーパーソンでしたね。
男性目線の感想、参考になりました。^^
セレンディピティ
2016/07/23 07:34
セレンさんこんにちは。
TB初めてとは思いませんでした。
まだ〜むのところでよくおみかけしていますので(笑)
感想はあくまでも一個人偏見男子的な見方であります。
まっつぁんこ
2016/07/23 08:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
ブルックリン あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる