あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰ってきたヒトラー

<<   作成日時 : 2016/06/15 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 2

帰ってきたヒトラー@イイノホール
画像
(C) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH
英題:LOOK WHO'S BACK
製作年:2015年 製作国:ドイツ
日本公開: 2016年6月 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間: 1時間56分 配給: ギャガ


監督: ダーヴィト・ヴネント
原作: ティムール・ヴェルメシュ

キャスト
オリヴァー・マスッチ
ファビアン・ブッシュ
クリストフ・マリア・ヘルプスト
カッチャ・リーマン


【ストーリー】
ナチス・ドイツを率いて世界を震撼(しんかん)させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマンにスカウトされてテレビに出演する。何かに取りつかれたような気迫に満ちた演説を繰り出す彼を、視聴者はヒトラー芸人としてもてはやす。戦争を体験した一人の老女が本物のヒトラーだと気付くが……。

【感想】
鑑賞日は4月20日(水)で2か月近く前。
上映前に第54回優秀外国映画輸入配給賞なる賞の表彰式があった。
最優秀はギャガ。
その記念として本作が上映された。

次点の優秀賞は20世紀フォックス。
不満である(笑)
日本代表はジュシー・リーという中華系?の人。
もっとしっかりして欲しい。
せっかく良い作品を配給してもプロモがへたでは作品がかわいそうである。

本作 “帰ってきたヒトラー” は題名のとおり、ヒトラーが現代に甦る。
そのことにより、当然いろいろな事件が引き起こされる。

コメディ仕立てではあるがそれだけではない。
もう忘れちゃったけど、お笑いだけでなく考えさせられる要素も盛り込まれている。

なかなか深い。

ヒトラーが甦るというアイディアは平凡でありふれている。
が、ストーリーのまとめ方は難しい。

やっぱり幻でした、夢でした! ではがっかりだ(笑)

深い映画だけど、どれだけ日本の観客にアピールできるのか?
客入りが心配である。
映画館でなくDVDでみても十分な気もしたので




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『帰ってきたヒトラー』 2016年4月20日 イイノホール
『帰ってきたヒトラー』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2016/06/15 22:37
「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ!
ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っちゃう。 だけどこれはブラック過ぎて笑っちゃダメだろー?な自分や、いやそこ笑うところだから!と場内がドン引きしている様子とも戦わなければならないややこしい脳内第三次大戦が勃発! ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/06/15 23:36
帰ってきたヒトラー
 ドイツ   コメディ  監督:ダーヴィト・ヴネント  出演:オリヴァー・マスッチ      ファビアン・ブッシュ      クリストフ・マリア・ヘルプスト      カッ ... ...続きを見る
風情&#9773;の不安多事な冒険 Pa...
2016/06/19 21:05
『帰ってきたヒトラー』
現代ドイツの不満はアドルフ・ヒトラーにお任せあれ! 20世紀最悪の独裁者とも呼ばれたアドルフ・ヒトラーが現代に蘇るも、誰もが彼をよく出来たモノマネ芸人としか認識しない。そ ... ...続きを見る
こねたみっくす
2016/06/20 22:35
帰ってきたヒトラー / Er ist wieder da
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2016/06/21 22:01
「帰ってきたヒトラー」
コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない。もしカリスマ的な扇動者が現れたら、現代のドイツでも又事は起こってしまうかもしれない。そんな警鐘を鳴らす一作である。ドイツだけでなく、恐らく(先進国と言われる)他の国でも可能性はある。そうだ、例えば日本でも。そういう点では両目をよく開いて観なければならない。ある意味、アドルフ・ヒトラーという分かり易い姿形をとっているだけまだマシなの... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/06/22 17:25
帰ってきたヒトラー
1945年に死亡したはずのヒトラーが、突如2014年のドイツ・ベルリンに現れた! 道行く誰もがヒトラーのコスプレをしたモノマネ芸人だと思い、ただ笑うばかりで敬礼をしてくれない。 リストラされたTVディレクターのザヴァツキは、偶然見かけた彼をバラエティ番組に売り込むことに。 政治ネタの鋭いツッコミが視聴者に受け、ヒトラーは芸人として大ブレイクしてゆく…。 ブラック・コメディ。 ≪この映画、笑うと危険。≫ ...続きを見る
象のロケット
2016/06/22 20:36
帰ってきたヒトラー・・・・・評価額1650円
大衆よ、我を恐れよ。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/06/24 22:51
帰ってきたヒトラー
評価:★★★★☆【4.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2016/06/25 10:11
映画・帰ってきたヒトラー
原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2016/06/25 14:26
帰ってきたヒトラー〜どーするEU
公式サイト。ドイツ映画。原題:Er ist wieder da、英題:Look Who’s Back。ティムール・ヴェルメシュ原作、デヴィッド・ヴェンド監督。オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/06/26 20:50
帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/07/01 22:52
帰ってきたヒトラー/ER IST WIEDER DA/LOOK WHO&#39;S BACK
 歴史上、〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、 モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターに ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2016/07/09 19:38
[映画『帰ってきたヒトラー』を観た(短評)]
☆・・・非常に、色々と考えさせられる作品だった。 大戦末期の、かつての現役のヒトラーが現代のドイツにタイムスリップ、まったくもってヒトラーそのままに、周囲からは新進のコメディアンと勘違いされ、名声を広めていく。  物語の当初は、現在ドイツにおいては異質なヒ... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2016/07/22 02:03
現代にもヒトラーは
23日のことですが、映画「帰ってきたヒトラー」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/08/19 10:39
帰ってきたヒトラー
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO&#039;S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) ...続きを見る
銀幕大帝α
2017/05/01 19:46
「帰ってきたヒトラー」
あなた、どこのヒトラー? ...続きを見る
或る日の出来事
2017/07/04 07:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私が観た回はそれなりに入ってましたけどね。
まあ大ヒットすることは無いでしょうけど。
ヨーロッパの社会派ファンタジーということで、「神様メール」と似た匂いがしました。
ノラネコ
2016/06/24 22:59
ノラネコさん
どう考えても一般受けしませんね(笑)
神様メールも同じだと思います。
ちょっと難しくなると評価が大きく下がるのはぴあの初日満足度みてるとよくわかります。残念。
まっつぁんこ
2016/06/29 07:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
帰ってきたヒトラー あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる