あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS ファインディング・ドリー

<<   作成日時 : 2016/06/18 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

ファインディング・ドリー@TOHOシネマズ日本橋

2週間ぶりの映画鑑賞。
この10年で最長未視聴記録を樹立した。
あまり、食指が動く作品がなかったのも記録達成要因のひとつ。
ここのところ、公開ラインナップが冴えないような気がする。
気のせいだろうか?
画像
(C) 2016 Disney / Pixar. All Rights Reserved.
英題:FINDING DORY製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年7月16日
上映時間:1時間43分
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

監督: アンドリュー・スタントン
共同監督: アンガス・マクレーン
製作総指揮: ジョン・ラセター

キャスト
(声の出演)
ドリー☆エレン・デジェネレスイドリス・エルバ
マーリン☆アルバート・ブルックス
ハンク☆エド・オニール
デスティニー☆ケイトリン・オルソン
ニモ☆ヘイデン・ローレンス
ベイリー☆タイ・バーレル
ジェニー☆ダイアン・キートン
チャーリー☆ユージン・レヴィ
ラダー☆ドミニク・ウェスト
シガニー・ウィーバー
ジル☆ウィレム・デフォー
(日本語吹き替え)
マーリン☆木梨憲武
ドリー☆室井滋
ハンク☆上川隆也
デスティニー☆中村アン
マカジキ☆田中雅美


【ストーリー】
ある日ドリーと二モは一緒に遠足に参加。突如ドリーが逆流に飲み込まれてしまう。そのとき彼女の中に昔の思い出がフラッシュバックのように蘇る。しかしその謎に包まれた思い出を解く手がかりは、ドリーが寝言でつぶやいた「モントレー(カリフォルニアの港町)の宝石」というキーワードのみ。そしてドリーはニモとマーリンに家族を捜す旅に出ることを打ち明ける。「本当に寂しいの。みんなに会いたいの」というドリーにため息をつくマーリン。「パパ、僕たちも一緒に海を渡れるよね?」とお願いする息子ニモへは「だめだ」と言うものの、彼はある仲間をドリーに紹介する。その仲間と共に、ドリーは一歩を踏み出すのだが…。

【感想】
ディズニー・ピクサー映画の日本興行収入ランキングは下記のとおり。
@ ファインディング・ニモ (2003年) 110億円
A トイ・ストーリー3 (2010年) 108億円
B モンスターズ・インク (2001年) 94億円
C モンスターズ・インク ユニバーシティー (2013年) 90億円
D Mr.インクレディブル (2004年) 53億円

映画の内容はファインディング・ニモの二番煎じである(笑)

13年前、わたしは娘にせがまれて、今は新宿ピカデリーとなっている映画館で鑑賞した。
が、すっかり忘れ果てた。
が、歯医者の水槽にさらわれていったニモをカクレクマノミのお父さんマーリンが助け出す荒唐無稽と言えるお話しだったと思う。
こども向けとはいえ、ありえないだろうと内心思った。
が、冒頭にかかげたランキング通りウルトラ大ヒットしてしまったのである。
(そのため娘を連れていく羽目になった)

で、今回のファインディング・ドリーである。

たぶん、あまりヒットしない(笑)

そう思う理由その1。
キャラクターの魅力がニモより劣る。
ドリーは青い魚で、ナンヨウハギのメスだそうだ。
ニモのカクレクマノミの方がかわいい。
それにニモはこどもである。
迷子になったニモをお父さんのマーリンが助け出すほうが、成魚のドリーが親さがすよりこどもに訴求しやすいだろう。

理由その2。
日本の観客の興味がアメリカの(アニメ含めた)映画から離れている。
2003年にニモがヒットした時とは様変わり。

というわけで、ニモ110億の五分の一もいけば万々歳だと思う。

それにしても、ピクサーは何でニモ後13年も経ってから続編なんか作る気になったのだろう?
ネタ不足やクリエート力低下の現れなのかなと心配。

くりかえしますが、映画の内容はニモの焼き直し。
大きな期待はできないけど手堅い内容となっています。(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ファインディング・ドリー』 2016年6月17日 TOHOシネマズ日本橋
『ファインディング・ドリー』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2016/06/18 09:51
ファインディング・ドリー
心配性のカクレクマノミ≪マーリン≫が、息子≪ニモ≫を救出するため、陽気な忘れんぼうのナンヨウハギ≪ドリー≫と共に奇跡の冒険をしてから1年。 みんなはグレート・バリア・リーフのサンゴ礁で幸せに暮らしていた。 ある日、ドリーは自分にも家族がいたことを思い出すが、生まれ故郷がどこなのかがサッパリわからない! ドリーはマーリンとニモに助けを求め、家族を探す旅に出る…。 冒険ファンタジー・CGアニメ第2弾。 ...続きを見る
象のロケット
2016/07/15 10:48
ファインディング・ドリー
評価:★★★★【4点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2016/07/16 21:42
ファインディング・ドリー ★★★・5
2003年の大ヒット・ピクサー・アニメ「ファインディング・ニモ」の続編。ニモの親友で忘れんぼうのナンヨウハギ“ドリー”が唯一忘れなかった家族の思い出を頼りに、仲間たちとともに両親を探す大冒険を繰り広げるさま描く。ドリーの声は前作に引き続きエレン・デジェネレスが... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/07/18 15:26
映画「ファインディング・ドリー(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『ファインディング・ドリー(2D・日本語吹替版)』(公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2016/07/20 11:46
ファインディング・ドリー
なにこれスギョいよ! 最高でギョざいますよ!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/07/20 16:46
「ファインディング・ドリー」☆忘れた方が幸せなときもある(日本語吹き替え版)
ピクサー、ディズニー映画で好きなものと言えば、何と言ってもやっぱり「ファインディング ニモ」 この続編が出来たとなれば、いの一番に見なくっちゃ!! 勇気をくれる、元気をくれる、『忘れちゃっても大丈夫』で得られる自由をくれる。 ああ、このシリーズはやっぱりいいわぁ♪ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/07/21 21:24
ファインディング・ドリー(日本語吹替版)  監督/アンドリュー・スタントン
【声の出演】  室井 滋 (ドリー)  木梨 憲武(マーリン)  上川 隆也(ハンク)  中村 アン(ディスティニー) ...続きを見る
西京極 紫の館
2016/07/22 22:20
『ファインディング・ドリー』('16初鑑賞68・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。 2D・吹き替え版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/07/26 11:57
ファインディング・ドリー・・・・・評価額1700円
みんな、どこかが欠けている。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/07/26 23:48
[映画『ファインディング・ドリー』を観た(短評)]
☆・・・前作は、私、バンコクで英語かタイ語で見た。  故に、物語の詳細まで分からなかった。  ドリーが変な性格であることはなんとなくわかり、そして、物語の最後で、ドリーが今までの思い出を遡及するときに、初めてドリーの健忘症が理解できて、大笑いした。  が!... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2016/07/30 07:50
ファインディング・ドリー
 『ファインディング・ドリー』(吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/08/02 06:13
サカナはあぶれたタコでいい アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ドリー』
八代亜紀の声で読んでください… ID4にアリスにゴーストバスターズに、今夏もいろ ...続きを見る
SGA屋物語紹介所
2016/08/14 23:44
今度はドリーが探します
1日のことですが、映画「ファインディング・ドリー」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2016/09/10 15:24
ファインディング・ドリー
FINDING DORY 2016年 アメリカ 96分 ファミリー/アドベンチャー/ファンタジー 劇場公開(2016/07/16) ...続きを見る
銀幕大帝α
2016/11/23 20:46
ファインディング・ドリー
【概略】 忘れんぼうのドリーが突然思い出した家族の記憶を頼りに、ニモとマーリン親子と共にたどり着いた場所は、人間の世界だった…。 アニメーション ...続きを見る
いやいやえん
2016/12/09 14:51
ファインディング・ドリー (2016)
個性派、というより、むしろ、愛すべき困ったちゃんな、忘れん坊・ドリーに、まさかヒロインの矢が立つ日がこようとは!忘れん坊さん、というより、ここまでくると、かぎりなく記憶障害レベル。でも、チビ・ドリーちゃんの姿と声が、とびっきり愛くるしく、両親の愛が海より深く、登場する海の仲間達が、とてもビビッドで、活劇度全開。終盤なぞ、「んなアホな!」レベルだけど、感動に満ちた展開だったのでした。何より、ドリーの欠点を熟知しつつ、彼女を愛し、むしろ、長所を見習おうと、彼女を案じて追いかける、ニモとマーリンの親子... ...続きを見る
のほほん便り
2017/05/30 13:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファインディング・ドリー あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる