あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NHK杯戦糸谷哲郎八段VS菅井竜也七段

<<   作成日時 : 2016/07/17 12:41   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

今週のNHK杯戦糸谷八段VS菅井七段は面白かった。

解説は菅井七段の師匠の井上慶太九段。
昨年度のNHK杯戦で師匠は糸谷八段に大逆転負け。

NHK杯戦糸谷哲郎竜王VS井上慶太九段

仇を討てるかな?と思いながら観戦。
残念ながら返り討ちにあった。

序盤は色々あったけど良い勝負。
8五歩をうっかりして8筋を詰められたり(笑)

画像


68手目の8四飛は利かされで気合悪し。
4六歩と取り込みそうなもの。
8四飛としてもらったので堂々と4五歩ととっぱらって先手良しになった。

ハイライトは100手目から。

画像


99手目の6五同桂を菅井七段は同歩と取った。
そのために痛打を喫することになる。

100手目は、6五同歩ではなく5四歩と打っておけば良い勝負が続いていただろう。
6六銀と下がらせてから4六角 同玉 7四金 と粘る。

それにしても、101手目の9六桂にはびっくり。

画像


これで勝敗は決した。
6四歩が厳しすぎる。

以下の指し手
7四飛 7五歩 同飛 6四歩 4三桂 6三歩成 同金 6四歩 5五桂 同金 4六銀 3八玉 5五銀 6三歩成 同玉 4一角 5二歩 7六歩 4六銀 7五歩 3七銀成 同玉 4五桂 3八玉 3七金 2九玉 4六角
と進行し、簡単に即詰めに討ち取られた。

4六角よりは5七角成の方がはるかに難しい。
4六角は逃げ道をせばめている。

画像
 

が、詰むことにかわりない。

7四銀 5三玉 6三飛 4四玉 5四金 同玉 3二角成 5五玉 5六金 同馬 同銀 4六玉 4七銀打 同金 同銀 同玉 3九桂 3七玉 4七金 2六玉 4四角 3五歩 同角 1五玉  3三馬 2四桂 同角 同歩 1六歩 2五玉 1七桂 1六玉 3四馬 1五玉 1六歩 2六玉 2七銀
変化あるも詰み。

5七角成 でなく 5七桂成 なら後手玉は詰まない。
が、先手玉も詰まないので5五銀としばられて負け。

今週は終盤まで面白くて良かった。
次回の糸谷八段の対局も楽しみである。



テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前回の糸谷・井上戦、面白かったですね。解説の井上九段もよく声を掛けられるとか(笑)。TV将棋って並みの棋戦より影響力ありますね。
やはり9六桂が妙手でしたかね。例によって解説者も当てられませんでした。糸谷八段って、相手が指したらすぐ指すんですね。小学生名人戦を思い出しました(笑)。
Gくん
2016/07/20 17:16
Gくんさん
糸谷・井上戦はなぜかアクセスが多く一番人気です。どんなに優勢でも一手(か二手)でひっくりかえってしまう将棋の怖さ。
9筋やぶる将棋ではなくなってるけど9六桂は盲点で気付きにくいと思います。
まっつぁんこ
2016/07/20 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK杯戦糸谷哲郎八段VS菅井竜也七段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる