あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇団 新感線☆RX Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!

<<   作成日時 : 2016/08/20 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

劇団 新感線☆RX Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜@赤坂ACTシアター

劇団新感線の『乱鶯みだれうぐいす』に続く今年2本目の演目は 『Vamp Bamboo Burn ヴァン!バン!バーン!』
東京公演2日目8月19日(金)の公演に行ってきた。
初日か土曜日に観たかったが今回もチケット争奪戦に敗れ去る。
前回の『乱鶯みだれうぐいす』よりさらに女性比率が高く9割が女性のイメージ。
年代は若い人が圧倒的に多い。演目とキャストでこうも違うのか。
画像

公演日程
プレビュー・長野公演 2016年8月5日(金)〜8月7日(日)サントミューゼ
東京公演 2016年8月17日(水)〜9月18日(日) 赤坂ACTシアター
富山公演 2016年10月7日(金)〜10月9日(日)オーバード・ホール
大阪公演 2016年10月19日(水)〜10月31日(月) フェスティバルホール

3ヶ月近くにわたる長丁場

【作】宮藤官九郎
【演出】いのうえひでのり
【出演】
藤原藤志櫻/TOSHIRO☆生田斗真
かぐや姫/アリサ☆小池栄子
竹井京次郎/ヒメ☆中村倫也
蛍太郎/神山智洋
翁/照屋☆橋本じゅん
サカエ☆高田聖子
霧島茂[黒霧島]☆粟根まこと
虫麻呂(劣)/マダム馬場☆篠井英介
徳永ゆうき☆徳永ゆうき
KAN主☆紘毅
田所☆松田翔
虫麻呂☆右近健一
清/知念☆河野まさと
髭剃/ヒゲ☆逆木圭一郎
蛇之目百三郎☆村木よし子
藤原加太郎/藤原藤志櫻(劣)/TOSHIRO(劣)☆インディ高橋
お雅/保保肩ハルコ☆山本カナコ
蝉丸/セミ☆磯野慎吾
MIKADO☆吉田メタル
おりん/あずさ☆中谷さとみ
紫式部/女子アナ/シキブ☆保坂エマ
豚足/トン/ドナベ☆村木仁
霧島猛[赤霧島]☆川原正嗣
とおる☆冠徹弥
くにお☆教祖イコマノリユキ

【ストーリー】
平安のやさ男・藤志櫻はかぐや姫に恋するも、思い届かぬまま不死身のヴァンパイアとなる。
時は、2016年東京。ビジュアル系ロックバンドのヴォーカリストTOSHIROとして活躍するヴァンパイアは、ついに、愛する女の生まれ変わりに出会うのだが!?
新感線流ゴシックロマンの行きつく先は、ホラーか?ラブストーリーか?爆笑コメディか?
この夏秋、世紀を駆け抜けるヴァンパイア伝説を目撃せよ。

物語の始まりは、平安時代。
容姿端麗で剣術や武術に秀でて文才もあるのにすべてに恵まれ過ぎているせいか、またはその性格のせいなのか、何をしてもトゥーマッチ感が否めない<藤志櫻=生田斗真>。
竹から生まれた美しい<かぐや姫=小池栄子>に自信満々で求婚するが、かぐや姫は貴族の中で最有力候補だった藤志櫻ではなく家来の<蛍太郎=神山智洋>を選ぶ。
生まれて初めて挫折を味わった藤志櫻。
そこに怪しいいでたちの男が現れ、彼に噛まれたことで藤志櫻はヴァンパイアと化してしまう。

それから1000年が流れた2016年、東京。
1028歳となり、日本各地を転々としながら名を変え職業を変えて、愛した女性、かぐや姫の生まれ変わりを探し続けていた藤志櫻は現在、ビジュアル系バンドのヴォーカリスト<TOSHIRO>としてカリスマ的な人気を誇っている。
ひょんなことから、前世占いの<マダム馬場=篠井英介>に出会い、かぐや姫の生まれ変わりを一緒に探すことになる。
一方、そのころ新宿歌舞伎町では古参ヤクザの“蛇之目組”と<竹井京次郎=中村倫也>率いる新進の半グレ組織“ナメクジ連合”が反目し合っていた。
あることをきっかけに、彼らの闘争に巻き込まれていくことになる藤志櫻。
果たして、かぐや姫の生まれ変わりはいずこに・・・!?

【感想】
最近気が付いたのは、大ヒット映画「シン・ゴジラ」に新感線の看板俳優が出演していたこと。
古田新太さんと橋本じゅんさんはセリフもあり認識できたが粟根まことさんはどこに出ていたのかわからなかった
今回の新感線☆RXには古田さんは出演していなかったが、じゅんさんとまことさんはしっかり出演。
じゅんさんは幕間の終わった第二幕の始まりで本領発揮。
うたって踊って場内を盛り上げていた。
粟根さんも珍しくソロで踊って歌う場面があって大活躍だった。
高田聖子さんはいつも通り。
山本カナコさんの保保肩ハルコのシーンでは大笑い。
理化学研究所を理科とか化学とかを研究するところと揶揄しているのには笑った。
客演のみなさんも良かったけど劇団員もがんばっていたことを先に記録。

生田斗真はもちろん良かった。
歌って踊って演技してさすが。
観客席の若い女性の多さをみても彼の人気の高さがうかがい知れる。

ヒロインかぐや姫の小池栄子は好きだ。
昔のグラマーなイメージが頭に残っているが非常にスリムである。
また、歌も演技もうまい。
彼女の出演舞台はまた観たいと思った。

言うまでもないが舞台演出は相変わらずすごい。
つぎからつぎへと舞台が転換する。
いったいどういうからくりになっているんだろう。
感心をとおりこしてあきれてしまった(笑)

定刻の18時に始まり第一幕は19時30分までちょうど1時間半。
20分の休憩をはさみ第二幕はカーテンコールまで含めて21時30分終了。
画像

パンフレットは 2,000円


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
劇団 新感線☆RX Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン! あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる