あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS グリーンルーム

<<   作成日時 : 2016/09/27 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

第9回したまちコメディ映画祭in台東 映画秘宝まつりで鑑賞。

【惹句】
映画に愛を持って接する奇跡の雑誌「映画秘宝」とのコラボ企画。
今年は豪華Wジャパン・プレミア2本立て!ヌーシャテル国際ファンタジー映画祭、トロント国際映画祭などで大絶賛のネオナチ・パンク・スリラー『グリーンルーム』と、『リーサル・ウェポン』シリーズを生み出した製作ジョエル・シルバー、監督シェーン・ブラックコンビが再タッグで生み出したバディ・アクション・ムービー『ナイスガイズ!』を上映。
「映画秘宝」の総大将・町山智浩氏に水道橋博士の“バディ”爆裂映画トークも必見!

【トーク】
ところが、この爆裂映画トークの評判の悪いこと(笑)

「映画秘宝」を読んだことのある人なら、この雑誌の傾向がわかる。
そして、くり広げられるトークがどんなものかもわかるはず。

画像


正規分布でいったら、もともと右寄り映画秘宝耐用度の高い層が対象なのである。
町山智浩氏と水道橋博士氏が登場するやいなやディープキス。気持ち悪い(笑)
トークも下品。チ◎コの話で盛り上がっていかにも秘宝らしい。
これだけでも、正規分布左寄りの人には耐えがたいだろう。
地雷を踏んではいけない。

苦情ポイントはむしろアントン・イェルチンがらみが多い。
いわく、「死を弄んだ」うんぬん。
これも正規分布で説明がつく。

画像


アントン・イェルチン聖視度の高い人は許せなかったようだ。

町山氏の発言を要約すると
「アントン・イェルチンは車と建物の間にはさまれて圧死。考えうる死に方で最悪」
事実+若干の感想で、まったくアントンの死を弄ぶ意図なんかあるはずもない。

正規分布真ん中の私は、ほんと悲惨だよな、もったいないと思っただけ。

追悼の雰囲気がないとか言っている人もいる。
世の中、毎日多くの人が亡くなっている。いちいち追悼してますか?
私は、追悼のために「グリーンルーム」を上映して彼を偲ぼうという趣旨から外れたトークとは思いませんでした。

「死を弄んだ」とか気にいらなかったのはわかるし認める。
ただ、みんながそう思ったみたいな事実に反することを声高に叫ぶのはやめて欲しい。
事実+感想でお願いしたい。
どういう事実があり、それについてどう思ったかであればふーんと聞く。
事実を何も言わずに感情だけ言われても共感できない。
どうやって死を弄べばいいのか私にはわからないのである。

(わたしは映画秘宝のまわしものではありません)

まずは1本目グリーンルーム
画像
原題Green Room
製作年2015年
製作国アメリカ
配給トランスフォーマー
上映時間95分

監督 ジェレミー・ソルニエ

キャスト
パット☆アントン・イェルチン
アンバー☆イモージェン・プーツ
サム☆アリア・ショウカット
リース☆ジョー・コール
タイガー☆カラム・ターナー
ダーシー☆パトリック・スチュワート

【ストーリー】
パットがボーカルを務めるバンドは、車のガソリン代にも事欠く、売れないパンクバンド。彼らが極貧ツアーの中、ようやく出演することができたライブハウスは、なんとネオナチの根城だった。パットとバンドメンバーは、そこで殺人の現場を目撃してしまい、ネオナチ軍団から命を狙われる事態となってしまう。圧倒的に不利な状況で、グリーンルーム(英語で「楽屋」の意味)に閉じこもったパットたちは、アイデアと反骨精神を武器に極悪非道なネオナチ軍団に立ち向かう。

【感想】
一本目の「グリーンルーム」はアントン・イェルチンとマイ・ファニー・レディのイモージェン・ブーツが主人公の映画。
THE AIN’T RIGHTS というパンクバンドがライブでDEAD KENNEDYS の“Nazi Punks Fuck Off”を戦争じゃなくって演奏。
ネオナチ集団を敵に回す。
ライブが終わる頃には彼らの心を多少なりともつかみ、割といいギャラをもらう。
しかし、バンドのベーシスト、パットが楽屋で刺殺体をみてしまったことからトラブルに巻き込まれる。
パトリック・スチュアートが演じるダーシーが率いるネオナチ集団との闘いが作品のテーマ。
霊や鬼が出てくるホラーなんかよりよほど怖い映画にしあがっていた。
怖いもの好き必見。
トークで話題になっていた、切り傷の具合。
張力があるからパッと裂ける。
とか、猛犬に襲われてかぶりつかれるシーンの撮り方とか。
書かないけど、いろいろ面白いトークがあり興趣が増したと思う。
また、アントン・イェルチンも好演していて、本当に惜しい俳優をなくしたと追悼の想いを深くいたしました。
来年2月の公開が楽しみです。





テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【映画】『グリーン・ルーム』パンクバンドVSネオナチ集団!
&#160; ...続きを見る
アリスのさすらい映画館
2017/02/07 16:15
グリーンルーム
売れないパンクバンド「エイント・ライツ」のメンバーは、オレゴンの僻地にあるライブハウスに出向く。 しかし、そこはネオナチ(ナチス信奉者)集団の巣窟だった。 殺伐とした雰囲気の中で何とか演奏を終えた彼らは、偶然バックステージ(楽屋=グリーンルーム)で殺人現場を目撃してしまう。 ネオナチのボスは口封じのため、目撃者全員を消すことを部下に命じる…。 バイオレンス・スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/02/07 21:28
グリーンルーム
 アメリカ  サスペンス  監督:ジェレミー・ソルニエ  出演:アントン・イェルチン      イモージェン・プーツ      アリア・ショウカット      ジョー・コール ... ...続きを見る
風情&#9773;の不安多事な冒険 Pa...
2017/03/01 14:19
「グリーンルーム」(2015年、アメリカ)
「グリーンルーム」(原題:GreenRoom)は、2015年公開のアメリカのバイオレンス・スリラー映画です。ジェレミー・ソルニエ監督・脚本、アントン・イェルチン、イモージェン・プーツら... ...続きを見る
楽天売れ筋お買い物ランキング
2017/10/26 05:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グリーンルーム あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる