あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 今月の詰将棋パラダイス

<<   作成日時 : 2016/09/08 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今月の詰将棋パラダイスに触れる前にひとこと。

twitter上で以下のやりとりを発見した。
時系列は、下から上。一番上が後の書き込み。

9月4日
@aroundforty @3roogaki まぁまぁの実力者ばかりですが、「解答王」と呼ばれる方はいないかも。
2016.09.04 21:28

@melon_sky @3roogaki 解答王はたおれてませんでしたか?
2016.09.04 21:26

@3roogaki それが4人いたら、逆にすごいと思います。
2016.09.04 21:25

@melon_sky まさか28桂合とか(笑)。

@3roogaki それはさすがになくて、もっとケアレスな感じです。
2016.09.04 21:23

@melon_sky ケアレスミスって何かと思ったら、2手目32玉かな?
好き好きだけど、僕なら2手目は32玉で創りたい。
2016.09.04 21:22

9月4日
短10。メール解答16名中4名がケアレスな誤解で、A評を4票ムダにした。双方にとってもったいない展開。
2016.09.04 16:08

三輪さんの書込みはともかく(笑)担当がこんなことを書き込むのはいかがなものか?
無報酬とはいえ、担当はオフィシャル業務。
一般人が知りえない情報はプライヴェートとは区別して扱うべきである。

当ブログも、オフィシャルなことは全く記事にしていない。
一般人が通常活動で得た情報をのべているだけ。

とくに一番上 「まぁまぁの実力者」というバカにしたような書き方は気に入らない。

思惑通り何人かをひっかけて、してやったりと思ってこんな書込みをしたのであろう。
ソフトが一瞬にして解いてしまう問題を、時間をかけて解図している解答者への敬意が感じられない。

それはさておき、今月号の話題作はやはりこれであろう。

詰将棋パラダイス2016年9月号 院6
入選18回 南あわじ市 中山芳樹氏作
画像


担当からのヒントがあるがこれは難解。

とはいっても、中山芳樹氏の印象に残る難解作のごとく正解者2名ということにはならないような気がする。

詰将棋パラダイス2013年3月号 大9
入選16回 南あわじ市 中山芳樹氏作
画像

本作は途中下図に持ち込むまでが超難解。
画像

この局面から
2三桂 2一玉 2二歩 1二玉 1三歩 2二玉 1四桂 1三玉 2五桂 2三玉 2二桂成 同玉 3三龍 1一玉 
と進行する。
画像

作意は以下
1三香 2一玉 1二香成 同玉 1三桂成 2一玉 2二桂 
までの清涼詰め。
すばらしい傑作である。

ところが、1四香 と離して打たれると、以下2一玉 1三桂不成 でも詰んでしまう。

確かに余詰めではあるが、平凡な完全作より、最後ちょっとキズはあるけどこちらの方がはるかに存在意義がある図のような気がする。

などということを、院6 を解図していて思い出したのである。

詰めパラを取っていない方は、八重洲ブックセンターや将棋連盟売店で購入して挑戦して欲しい。

なお今回も掲載図は玉なし図式である。
原図をそのまま掲載した場合、詰将棋には著作権があるので、著作権者から差し止め請求があれば削除しなければならない。
本図であれば中山氏か詰将棋パラダイスから請求されれば削除となる。
詰将棋パラダイス編集部から解答募集中の掲載はやめてくれと言われたので玉なし図式を掲載している。

400人一局集などを編纂する場合、著作権者から掲載許可をとらねばならない。
無許可で掲載し、差し止め請求されたら困ってしまう(笑)
ただし、詰将棋の場合掲載してもらうのが目的で投稿しているのだから、差し止め請求する人はいない(はずである)

【追記】
さらにこんな書き込みが。この人は記事の趣旨わかってない。

村田桂花
@melon_sky
20時間前
最後のコメントの表現が悪かったのは認めるにしても、「思惑通り」とか勝手に推論をされて批判されるのは気分の良いものではない。最初のコメントでそうでないことは分かるだろうに。「一般人が知りえない情報」は、有名人が書いてくれたら喜ぶはずですよね、きっと。

最後のコメントが出てくるのは、私の「勝手な推論」が正しい証拠ですよ。
最初のコメントだけならこんな記事は書かない。覆水盆に返らず。
すなおに認めればいいだけ。
そのあとの有名人が書いてくれたら云々も往生際が悪いとしかいいようがありません。

さらにコメントあり。

村田桂花
@melon_sky
11時間前
「まぁまぁの実力者」という表現は、T中氏(解答王)からの「解答王は…」というコメントを受けてのもので、その断片から「敬意に欠ける」と批判されるのは、自分自身が元々解答を必死にやっていた人間として全く納得しかねる。そもそも「双方にとってもったいない展開」が、なぜ「思惑通り」なのか。

解答王以外は「まぁまぁの実力者」ということですね?
それって人をバカにしてませんか?
長年必死に解答をやっていたわたしはバカにされたと感じました。
何が納得できないのか全くわかりません。

「双方にとってもったいない展開」が「思惑通り」とは言ってません。
「思惑通り」だったから「まぁまぁの実力者」などというコメントが出るのだと言っているのです。

コメントすればするほど墓穴ほってます。

結果稿に下記のように書けますか?

「まぁまぁの実力者」10名がケアレスミスで誤解。A評がムダになり双方にとってもったいない展開だった。

ぜひともお書きください。編集部に抗議します。

すこしはすなおに冷静に反省された方がよろしいかと思います。







詰将棋実戦形パラダイス
毎日コミュニケーションズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 詰将棋実戦形パラダイス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今月の詰将棋パラダイス あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる