あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年のベスト1・・・詰将棋編

<<   作成日時 : 2016/12/31 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今年は3年連続で1年を通じて解答を提出した。
ただし、ほぼ学校のみ。
デパートに田島秀雄氏作が出題されなくて残念だった。

早速ですが
第12回まっつぁんこ賞を次の作品に授賞することにしました。
要らないでしょうけど。

詰将棋パラダイス5月号 大学院10
吉田京平作
「都煙最長手数」
画像

1年前の「来るべきもの」ほどの難解さは無い。
93手目に狙いの一手4九香がでる。
画像

なんとなく一番遠くから打ってしまうところではある(笑)
最長手数には気付かなかったが気に入った。

結果も 誤2 無1 A23 B1 平均2.95の準パーフェクト。

担当者でなければこちらが半期賞だった?であろう。

後半で最も印象に残ったのは次の作品。

詰将棋パラダイス8月号 大学4
小林尚樹作
「激辛」
画像

激辛カレーはやっぱり辛かった。
辛いだけでなく食べ終わって爽快感あり。
なぜか?
全ての素材が機能的に働いているから。

結果は 誤4 無15 A11 B2 C1 平均2.71

あまり高得点ではなかった.
難解性が忌避されたのだろう。

昨年と同様に今年発表された作品をレビューしてみたい。
とりあえず対象は詰将棋パラダイスの学校のみ。

まずは昨年の学校別の半期賞作品と平均点。
下記の通りである。

           上半期        下半期
小学校      小5  三輪勝昭  小15 鈴川優希
           2.73        2.74        
中学校      中24 三島桂太   中4  千葉豊幸
           2.82         2.85
高等学校     高10 広瀬稔   高7 片山知  
           2.63         2.78
          高15 清水透    高25 有吉弘敏
            2.76         2.79
短期大学     短13 山路大輔   短11 真島隆志
           2.61         2.83
大学        大2 鈴川優希   大13 馬屋原剛
           2.94         2.78
           大6  若島正   大15 相馬慎一
            2.88        2.80   
           大9  広瀬稔
            2.82
大学院      院10 岡本孝雄    院8 中村宣幹 
           2.94         2.84

昨年度は半期賞受賞作で看寿賞を受賞したのが4作と画期的だった。
ケチがつけられなくて残念(笑)

さて、そこで今年の結果である。
上半期の半期賞と下半期の最高点作品の平均点はどうか?
下記のとおりまとめてみた。

           上半期        下半期(最高点)
小学校      小5  上谷直希  小9 鈴川優希
           2.85      2.81
         小24 武島広秋
           2.85        
中学校      中15 武島広秋   中15 武島広秋
           2.77         2.73
高等学校     高9 小林尚樹   高15 武島広秋  
           2.82         2.89
          高10 鈴川優希
            2.80
短期大学     短24 安田恒雄   短3 三輪勝昭
           2.75         2.796
大学        大15 石川英樹   大11 大崎壮太郎
           2.79         2.88
                     大12 山路大輔
                        2.88
大学院      院6 若島正    院8 馬屋原剛 
           2.85         2.95

今年は全体的に低調だった気がした。
特に長いもので印象に残る作品が少なかった。
田島秀雄氏作の不在のせいだろうか?(笑)

院6中山芳樹氏作の7種合いは難解作で印象に残る。
前半はテンション高いが後半やや流れたのが惜しい。
望蜀の嘆であろうか。

短編と中編は武島広秋氏が席捲した。
鈴川優希氏もコンスタントに良作を量産。
どちらが先に看寿賞に到達するのだろう。

半期賞を逃した中10鈴川優希氏作の変長について。
わたしは全然気にならなかった。
無い方がいいが作意が明確なら気にならない。
あまり神経質になり過ぎるのもよくないと思う。

今年も鈴川優希氏、武島宏明氏、三輪勝昭氏の活躍が印象に残りました。
若島先生の作品がいくつも見られたのも楽しかった。
来年も力の入った作品を魅せてくださるようお願いします。

【追記】
吉田京平氏コメントのアトラス最遠打の局面
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小林尚樹さんの作品素晴らしいですよね。
変化が難し過ぎるのが唯一の気にいらないとこで、実は簡明化出来ないかとやってみましたが、無理のようです。
一つの駒が違うだけで詰んだり詰まなくする必要がある手順で、出来ないものは出来ないのですよね。
何でこの配置で成立したか不思議なくらいです。
三輪 勝昭
2017/01/01 17:19
三輪勝昭さん
「何でこの配置で成立したか不思議」本当にそう思います。
なんでC評価があるのかも不思議です
まっつぁんこ
2017/01/01 18:19
わわわ、第12回まっつぁんこ賞ありがとうございます!(^◇^)
何だかじわーっと喜びが湧いてきて、しまいには飛び跳ねていました。
「何でこの配置で成立したか不思議」実は私も不思議です(笑)
小林尚樹
2017/01/03 16:58
小林尚樹さん
どういたしまして
今年も「神ってる」作品期待しています!
まっつぁんこ
2017/01/03 21:42
拙作が受賞とのこと、(第6回の受賞も含めて)ありがとうございます。
煙詰で3段目の玉に対する香の遠打は田中輝和「アトラス」があるそうですが、2段目の玉に対しては前例を知らず、おそらく最遠記録ではないかと思います。
遠打のインパクトを増やすために1段目に玉を置けたら理想的でしたが、いつか別の煙詰で挑戦してみようかなとは思っています。
吉田京平
2017/01/07 19:40
吉田京平さん
最遠(+1段)+最長(+8手)のダブル記録だったのですね。
解答者は気付かないと思うのでアピールしたほうがいいと思います。
「別の煙詰」での(+1段)期待しています!
まっつぁんこ
2017/01/08 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
今年のベスト1・・・詰将棋編 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる