あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

<<   作成日時 : 2016/12/05 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 14 / コメント 4

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 @ニッショーホール
画像
(C) eOne Films (EITS) Limited
英題:EYE IN THE SKY
製作年:2015年
製作国:イギリス
日本公開:2016年12月23日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:1時間42分
提供・配給:ファントム・フィルム

監督: ギャヴィン・フッド

キャスト
キャサリン・パウエル大佐☆ヘレン・ミレン
スティーヴ・ワッツ☆アーロン・ポール
ジェームズ・ウィレット英外相☆イアン・グレン
キャリー・ガーション☆フィービー・フォックス
アンジェラ・ノース☆モニカ・ドラン
フランク・ベンソン中将☆アラン・リックマン
ジャマ・ファラ☆バーカッド・アブディ
ブライアン・ウッデール☆ジェレミー・ノーサム
キャリー・ガーション☆フィービー・フォックス
ジャマ・ファラ☆バーカッド・アブディ


【ストーリー】
イギリス軍諜報(ちょうほう)機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、ケニア・ナイロビ上空の偵察用ドローンからの情報を基に、戦地からほど遠いロンドンでアメリカとの合同軍事作戦を指揮している。大規模な自爆テロ計画の情報をキャッチした彼女は、アメリカの軍事基地にいるドローンパイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に攻撃を命じるも、殺傷圏内に少女がいることが判明し……。

【感想】
珍しく男性の多い試写会だった。
テーマがおもに男性にアピールする内容なのだろう。
主人公のキャサリン・パウエル大佐を演じたのは女性のヘレン・ミレン。
当初は男性俳優が演じる予定だったが変更になったようだ。
その狙いが気になる。
キャサリン・パウエル大佐はロンドンで英国とアメリカ協働のテロリスト逮捕作戦を指揮。
数年に渡って補足を試みているアメリカ市民2人と英国人1人を含む4人のテロリストをナイロビで足跡確認することに成功する。
ドローンからの衛星映像でアル・シャバブのテロリストが集結するアジトをロックオン。
捕獲作戦の段取りをしているとテロリスト達は車で移動。
テロリスト達の支配地域にある別のアジトに移動してしまう。

アル・シャバブの支配地域では捕獲作戦の遂行は困難。
捕獲からヘルファイアによる爆撃に作戦が切替わる。
爆撃は軍の一存では実行できず、コブラと呼ばれる英国要人の会議の場での議論となる。
軍を代表して参加しているのが、今は亡きアラン・リックマンが演じる国防相フランク・ベンソン中将。

攻撃許可のためには、まずは人物の特定が必要。
ジャマ・ファラが命がけでアル・シャバブの支配地域に潜入。
蜂型ドローンを飛ばしてアジト内部の撮影に成功。
テロリストの特定と、アジトで自爆テロの準備が進行していることを把握。

コブラでは、攻撃許可をめぐる侃侃諤々の議論が行われるが結論は出せない。
結局、外務大臣や首相にまで確認をとる羽目になる。
いったい何のためのコブラなのだろう。
責任回避、大義名分のでっちあげなど、どんな組織でも見られそうなネゴが続く。

いったんは攻撃許可が出て、スティーヴ・ワッツはミサイル発射の準備にはいる。
発射の直前に、アジト近傍でパンを売る少女を発見。
再度の損害予測を求め攻撃を中止する。
そこでまた、議論が蒸し返されるわけである。
彼らは少女の安全を論議のテーマにしているようだが実は違う。
自分たちの安全、責任回避や大義名分言い逃れが最重要課題。
テロリスト殲滅でより多くの人が助かると考える軍と議論がかみあうわけがない。

などと書いてみたが、これはあくまでも西側からの見方に過ぎないとは思う。
映画では最終的にミサイル攻撃が敢行されテロリスト殺害のミッションは達成される。
が、それで戦いが終わることは決してありえない。
いたいけな少女の死はまったくの無駄死にである。

ちなみにこの映画つっこみどころ満載。
ヘルファイアはホバリングできないので上空を円軌道でまわってターゲットをとらえる。
それなのにターゲットの映像が静止しているのはおかしい。

ミサイル発射後スティーヴ・ワッツは着弾まで50秒というが、ミサイルの速度は秒速450メートル。
ヘルファイアの射程距離は8キロメートルなので射程外になってしまう。

ナイロビの攻撃は午後遅くで、ドローン攻撃を行ったスティーヴ・ワッツのいるネバダは日の出、それなのにロンドンのパウエル大佐は夜車を運転している。

外務省の役人が参加している武器博覧会が開催されているのはシンガポールなのにホテルの外にシンガポールにはない山が映っている。

等ということがいろいろ書かれているが、そんなことよりも蜂型ドローン(ハエかも)が無いと思う。(あったら欲しい)
存在したとしても、携帯サイズの機器で自由自在に操縦するのは不可能。
一番小さいのでも75ミリメートルの蜂鳥型のようだ。
画像

なんだかな〜と斜に構えつつ観たがこれはこれで面白い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 2016年11月29日 ユーロライブ
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2016/12/05 20:18
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
ケニア・ナイロビ上空6,000メートルを飛ぶ無人偵察機が、今まさに自爆テロが行われようとしていることを突き止めた。 英米合同軍事作戦を指揮するのは、イギリス・ロンドンにいる英軍諜報機関のキャサリン・パウエル大佐で、アメリカ・ネバダ州の米軍基地では、新人ドローン・パイロットのスティーブ・ワッツが強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入った。 しかし、殺傷圏内に民間人の幼い少女がいることが判明する…。 軍事サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2016/12/10 09:43
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場・・・・・評価額1700円
それは、ごく簡単な作戦のはずだった。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2016/12/14 23:59
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 / Eye in the Sky
ドローンを使った現代の戦争を描いた作品。戦争は会議室で起きています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2016/12/24 17:23
「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」@アキバシアター
 ぴあ映画生活さん独占試写会。客入りは7割位。お子さんから年配の方まで幅広い客層だ。映画終了後に八雲ふみねさん司会、春香クリスティーンさんをゲストに招きトークショーが開催された。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2016/12/24 22:10
「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」
安全な場所でする戦争。今や世界的にドローンを利用した攻撃が「戦争」に欠かせないらしい。イーサン・ホーク主演の「ドローン・オブ・ウォー」を観た時にもこの「安全な場所でする戦争」がテーマであることを感じた。だが、「ドローン・オブ・ウォー」では、ドローンの操縦士の一兵卒が、上からの無体な命令に苦悩する話であったが、この「アイ・イン・ザ・スカイ」では、その命令を下す上部組織の逡巡をも描いたものである。上部組織の逡巡と言っても…。サラリーマン=一兵卒となぞらえてみると、こんな風に上部組織で事が(ぐだぐだに... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/12/27 16:16
『アイ・イン・ザ・スカイ』: リベラル対テロ戦争
Joanne Laurier2016年3月31日 ギャヴィン・フッド監督; ガイ・ヒバート脚本 『アイ・イン・ザ・スカイ』は、イギリスとアメリカの高官連中がケニヤ、ナイロビでの無人機攻撃の結果を比較考量する政治・軍事スリラーだ。南アフリカ生まれの映画制作者ギャヴィン・フッド(『ツォツィ』、2005年、『レンディション』 ...続きを見る
マスコミに載らない海外記事
2017/01/12 15:23
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
【EYE IN THE SKY】 2016/12/23公開 イギリス 102分監督:ギャヴィン・フッド出演:ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、バーカッド・アブディ、ジェレミー・ノーサム、フィービー・フォックス、イアン・グレン 現代の戦争衝撃の実態 STORY:イギリス... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2017/01/14 22:27
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
評価:★★★★☆【4.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/01/15 08:55
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
戦争は会議室で起きている! ...続きを見る
ハリウッド映画 LOVE
2017/01/15 16:33
劇場鑑賞「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」
ひとりか、多数か… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2017/01/16 15:04
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
公式サイト。イギリス映画、原題:Eye in the Sky。ギャヴィン・フッド監督。ヘレン・ミレン、アイシャ・タコウ、アーロン・ポール、イアン・グレン、フィービー・フォックス、モニカ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/01/17 19:34
[映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』を観た]
☆・・・傑作でした。 私は、このような切れ味良く、「世界」を包括している作品に惹かれる。 超ハイテク化された対テロ戦は、それ故に、一つの作戦行動において、それぞれの担当者が、それぞれ分散した他国に居ながらにしてネットワークで迅速に繋がっている。 だが、... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2017/01/22 23:41
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場★★★★
ドローンをはじめ最新テクノロジーでテロリストの偵察、捕縛を目指す英米共同軍事作戦会議を舞台に、遠隔操作で行われる現代の戦争の実態を赤裸々に描き出した緊迫の軍事サスペンス。主演は「クィーン」「黄金のアデーレ 名画の帰還」のヘレン・ミレン、共演にアーロン・... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/03/07 21:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
突っ込みどころには気づきませんでしたw
yutarou
2016/12/05 20:19
yutarouさん
おばさんがパンを値切って買ったのにお釣りをもらっていなかったのは変だなと思いました。
シンガポールの山や着弾時間には気が付きませんでした。他にもいろいろあるようです。
まっつぁんこ
2016/12/05 21:13
むっちゃ重いです。
このページ開くのに3分かかりました( ´△`)
ノラネコ
2016/12/14 23:55
ノラネコさん
たいした記事でもないのにすみません
手をうってみました。これでダメならどうしようもありません。
まっつぁんこ
2016/12/15 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる