あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS お嬢さん

<<   作成日時 : 2017/02/15 18:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 0

お嬢さん@スペースFS汐留
画像
(C) CJ E&M Corporation
英題:THE HANDMAIDEN
製作年:2016年
製作国:韓国
日本公開:2017年3月3日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:2時間25分
配給:ファントム・フィルム

監督・脚本・制作: パク・チャヌク

キャスト
秀子お嬢様☆キム・ミニ
スッキ・珠子☆キム・テリ
藤原伯爵・詐欺師☆ハ・ジョンウ
叔父・上月☆チョ・ジヌン
佐々木夫人☆キム・ヘスク
叔母☆ムン・ソリ


【ストーリー】
日本の統治下にあった1930年代の韓国。詐欺師たちの集団の手で育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、伯爵の呼び名を持つ詐欺師(ハ・ジョンウ)から美しい富豪令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドという仕事をあてがわれる。スラム街から彼女とそのおじが暮らす豪邸に移ったスッキだが、伯爵は彼女の助けを得て秀子との財産目当ての結婚をしようと企んでいた。結婚した後に秀子を精神病院に送り込んで財産を奪う計画を進める伯爵だが……。

【感想】
上映前にパク・チャヌク監督と島本理生さんによるトークあり。
(島本)映画の内容から激しい方を想像していたが穏やかで優しい方だった。
⇒これはアシュラのキム・ソンス監督も同じ。
(パク)よく言われます。オールドボーイのころは世界中どこへ行っても僕のファンと言ってくれるのは革ジャンでチェーンをぶらさげタトゥーを入れている人たちだった。最近は女性ファンも増えてきて嬉しく思っています。
スッキと秀子の官能シーンについて島本さんが突っ込むと
(パク)映画史で最もセリフの多いベッドシーンを目指した。
このシーンを男女で撮るとしたらどういう困難があるか聞かれて
(パク)男女だと力関係や上下関係が出てしまう。秀子は貴族で支配者側。対してスッキは侍女であり被植民地側の人間で二重の格差がある。それをなくし二人が対等になっていく過程を見せたかった。ベッドシーンに男性が入ると目的が射精になる。目的目指して走っていきそれが終わるとシーンが終わる。目標点に到達するのではなく過程を見せたかった。カメラアングルや体位でいろいろ工夫している。
(島本)笑っていいのかどうか戸惑うシーンがありました。どうすればいいですか?
(パク)遠慮せず笑ってください。それが狙いで作っている。笑うとより楽しめると思います。
監督が予め日本語の未熟さを謝っていた。俳優たちはずいぶん勉強して臨んだようだがたしかに少し違和感あり。でもこれはこれで味がある。

映画の本編は三部構成。
最初第一部はスッキの視点で第二部は秀子の視点。

物語は二転三転。
ストーリーテリングのうまさに魅せられる。

「アシュラ」といい「お嬢さん」といい映画自体の熱量が大きい。
韓流全てがこのレベルではないにしても、入ってくるものは邦画より上。

キム・ミニもキム・テリも勿論渾身の体当たり演技。
日本の俳優に勝てるのか?

色々な意味で日本の映画作りもブレークスルーが必要な時期に来ているのではないか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『お嬢さん』 2017年2月8日 アキバシアター
『お嬢さん』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/02/15 23:06
お嬢さん
1939年、日本統治下の朝鮮半島。 孤児の少女スッキは、詐欺師から日本人の華族令嬢・秀子の侍女になるよう命じられる。 詐欺師は日本人“藤原伯爵”に成りすまして秀子と結婚し、莫大な財産を手に入れるつもりだった。 両親を早くに亡くした秀子は、希少本コレクターの叔父・上月と暮らしている。 珠子と名を変えたスッキは秀子の世話係となり、“伯爵”と秀子との仲を取り持つことに…。 官能サスペンス。 R-18 ...続きを見る
象のロケット
2017/03/01 08:03
お嬢さん・・・・・評価額1700円
欲望の罠にかかるのは誰か。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2017/03/02 13:59
お嬢さん
公式サイト。サラ・ウォーターズ原作、英題:The Handmaiden。韓国映画。パク・チャヌク監督。キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ、 チョ・ジヌン、キム・ヘスク、ムン・ソリ。戦前 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/03/06 21:56
『お嬢さん』
これは異様か、それとも異常か。いやこれもまた愛か。 さすがパク・チャヌク監督だ。アジアでは韓国でしか、しかもパク・チャヌク作品でしか撮れない美しさに加え、今回はそこに ... ...続きを見る
こねたみっくす
2017/03/07 23:58
お嬢さん
 韓国映画の『お嬢さん』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/03/17 07:02
『お嬢さん』 植民地の官能
Handmaiden(viewing film) 『お嬢さん(原題:???)』の ...続きを見る
Days of Books, Films...
2017/03/20 19:52
「お嬢さん」
「オールドボーイ」のパク・チャヌク監督作品。これは観る際には要注意だ。好き嫌いがはっきり分かれるとか、単純にそういう問題ではない。この摩訶不思議なパク・チャヌクワールドにノレるかノレないか。ノレればホント記憶に残る一作となるだろう。(役者では、流石のハ・ジョンウ、オーディションで選ばれたという新人女優キム・テリが個人的にはすごく良かった!)設定は、日本統治下の韓国。日本からの統治者側の一族としてこの地に住む美しい女秀子(キム・ミニ)は先祖からの財産を引き継ぎ、広大な屋敷に叔父の上月(チョ・ジヌン... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/03/24 14:44
お嬢さん/??? /THE HANDMAIDEN
パク・チャヌクの最新作は、流暢じゃないカタコト日本語満載 「オールド・ボーイ」「渇き」などのパク・チャヌク作品は毎回作品が楽しみな大好きな監督の一人。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2017/03/31 23:35
お嬢さん(2016)**THE HANDMAIDEN
 幕が上がったら最後、あなたはもう、極限の騙し合いから逃げられない―― 東宝シネマズ二条にて鑑賞。大好きなパク・チャヌク監督作品なので楽しみしていました。さて感想 う〜んなんだか不思議な感覚の作品でした。性描写もそこそこリアルですね。 原作はサラ・ウォーターズという作家の『荊の城』をパク監督が脚本したそうです。たどたどしい日本語にちょっと違和感も感じますが、そこは愛嬌なのかも。ビジュアル的には良いかな。かなり期待していた毒々しいさはあまり感じられないかな。やはりこの監督作品のオールド・ボーイ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2017/04/27 23:52
『お嬢さん』を下高井戸シネマで観て、たまんねーずらふじき★★★★
▲主要四大人物 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2017/05/25 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
お嬢さん あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる