あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS NHK杯戦千田翔太六段VS佐藤康光九段

<<   作成日時 : 2017/02/12 12:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今週のNHK杯戦は準々決勝に入りその第1局。
ソフト研究で名を馳せた若手千田六段とベテラン佐藤九段の戦い。
解説は森内俊之九段。

最後は大差で終局となったが途中は二転三転していた。
ねじり合いは佐藤九段に一日の長があり千田六段は名を成さしめた。

初手からの指し手
7六歩 3四歩 2六歩 8八角成 同銀 4二銀 9六歩 3三銀 4八銀 5四歩 9五歩 2二飛 6八玉 2四歩 7八玉 6二玉 5八金右 4四銀 3六歩 3三桂 3七桂 4二金 5六角

4手目に佐藤九段は8八角成!
これで定跡型にならないことが決定。
画像


千田六段は23手目に 5六角 を放った。
が、この手は狙いが単調で後手良しになった。
角は温存して 7七銀 など駒組をすすめて一局。

5六角以下の指し手
7二銀 3四角 7四歩 7七銀 8四歩 8八玉 8三銀 7八金 7三桂 6六歩 7二金 6八金右 2一飛 5六歩 7一玉 1六歩 8五桂 8六銀 5五歩 同歩 同銀 5六歩 6四銀 1五歩 5三金 1六角 8二玉 5七銀 1四歩 同歩 同香 3四角 1九香成 1二角成 8一飛 2三馬

香得を果たして明らかに後手良しになった。
画像


2三馬の局面は後手良しだがまだ難しい。
ここで佐藤九段は 3一香 と打った。
以下 4五桂 同桂 同馬 と進行して今度は先手良しにみえる。
なんで 3二歩 と打たなかったのだろう。
同馬なら1一飛と回って飛車成が防ぎにくい。
1三歩 同飛 1四歩 1一飛 の進行が予想される。

2三馬以下の指し手
3一香 4五桂 同桂 同馬 4四金 4六馬 5五歩 5八飛 1八歩 5五歩 同金 2八馬 5一飛 4六銀 5四歩 5七銀 2二角 6七金直 4五金 5六銀 

画像


ねじり合いの展開になったが4五金に5六銀が悪手。
4六歩 とか 5六歩 とがまんして一局。
以下 同金 同飛 5五銀打 と進行してジリ貧負けに陥った。

5六銀以下の指し手
同金 同飛 5五銀打 同飛 同角 同馬 同歩 5二歩 8一飛 9六桂 2八飛 6八金打 5六桂 6九金 4九角 5七金 7六角成 5一歩成 同飛 6七銀 5四馬 5九歩 4八桂成 6五歩 7三銀 8五銀 同歩 7七桂 5六歩 同金 4四馬 7九歩 4七成桂 4五歩 5七成桂 4四歩 6七成桂 まで116手佐藤九段の勝ち

終盤は検討の余地がなく残念だった。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は久しぶりに11時からTVをつけた。
佐藤9段と千田6段戦、
既に27手まで進んでいた。
生角(歩得)と持ち角の戦いになっていた。
ここから、駒組みが進みどこから戦端が切られるか
見てみると、生角が引っ込んだ端から戦端が始まった。結局、香損となった先手にうまい打開策は無く
そのまま、佐藤9段に押し切られた印象をもった。
敗因は5六角を生かすような駒組みをしなかった事
だと思う。阪田三吉王将の「銀が泣いている」ではなく、角が泣いているである
やまかん(^^ゞ
2017/02/12 18:58
やまかん(^^ゞ さん
佐藤九段の指し方は参考になります。
前局は作戦負けからの逆転勝ちでしたが本局は快勝。
アマチュアならなおさら有力な作戦と感じました。
まっつぁんこ
2017/02/13 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK杯戦千田翔太六段VS佐藤康光九段 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる