あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 光をくれた人

<<   作成日時 : 2017/04/21 08:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

光をくれた人@アキバシアター
画像
(C) 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
英題:THE LIGHT BETWEEN OCEANS
製作年:2016年
製作国:アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド
日本公開:2017年5月 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:2時間13分
提供・配給:ファントム・フィルム

監督・脚本: デレク・シアンフランス
キャスト
トム☆マイケル・ファスベンダー
イザベル☆アリシア・ヴィキャンデル
ハナ☆レイチェル・ワイズ
セプティマス: ブライアン・ブラウン
ラルフ☆ジャック・トンプソン
ルーシー=グレース☆フローレンス・クレリー
フランク☆レオン・フォード


【あらすじ】
1918年、トム(マイケル・ファスベンダー)は戦争から帰還するものの、心は深く傷ついていた。その後彼は、灯台守の仕事に就く。彼はオーストラリア西部の岬からおよそ160キロメートルも先の孤島ヤヌス島に渡り、3か月の間一人で生活する。そして正式に採用されたトムは契約のために町に戻り、土地の名士の娘イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と出会う。

【イベント】
佐々木希さんが結婚発表以来初の公式の場に登場。
トークイベントを行った。
報道陣が50人以上詰めかけ、後ろの2列はテレビカメラが占拠。
同日開催された“無限の住人”ほどではないのだろうが初体験レベルの多さだった。
彼女は顔が小さくて人形みたいなひとだった。
よけいなお世話だが何であんなのと結婚するんだろう(笑)
受け答えもしっかりしているし立ち居振る舞いも立派なものであった。

「あなたにとっての光は何ですか?」と聞かれて答えは「愛犬」
期待と違いましたか?と場をなごませる。
印象に残ったシーンは「再会したときのハナの表情。目力がすごい」
どういう人と見て欲しいですか?と聞かれて
「一番大事な方と観て欲しい。より周りの人を大事にしていかないといけないと思うはず。周りの人が愛おしく感じる作品です。」
フォトセッションが終了して退出しようとすると芸能レポーターから声がかかる。
挙式の予定は?ベビーの予定は?今日はキスして出てきた?
いちいち丁寧にお答えしていて好印象。
くだらない質問が続き、このへんでと遮られてお開き(笑)

【感想】
マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが交際を開始するきっかけとなったラブストーリー。
最初から最後まで号泣というほどではないが、最後にかけ落涙必須のシーンあり。

物語の舞台はオーストラリア。
第一次世界大戦終了直後の1918年から物語はスタート。
戦争で今でいうPTSD気味に陥ったトム。
絶海の孤島の灯台守候補としてやってくる。

てっきり舞台はヨーロッパだと思い込んでいた。
世界大戦にはるばるオーストラリアから参戦していたのね。
また、世界大戦でも第二次だとばかり思った。
それならトムの相手は我が国のはず。
日本軍はオーストラリアのすぐそばまで進軍している。
歴史や地理の勉強も楽しい。
受験に関係なければ(笑)

で、トムはどうしようもない虚無状態。
洋上160キロの灯台守になる。
と書いてある気がするがそんなに遠い感じがしない。
16キロの間違いじゃないか?
プレスにはオーストラリア西部バルタジョウズ岬から160キロも離れた絶海に浮かぶ孤島ヤヌス島t書いてある。

そんな島にある日ボートが漂着。
乗っていた男は死亡し、赤ん坊は助かる。
ちょうどイザベルは二度目の流産の直後。
赤ん坊をわが子として育てることにする。
というところからスタート。
最後の落涙必至シーンにつながることになる。
アリシアとレイチェル二人のオスカー女優の競演が見ものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
光をくれた人
1918年、オーストラリア。 第一次世界大戦に出征したトム・シェアボーンは、心に深い傷を負った。 帰国後、絶海の孤島ヤヌス島の灯台守となったトムは、イザベルという女性と出会い結婚。 孤島での新婚生活は幸せだったが、イザベルは流産を繰り返してしまう。 そんな時、島に赤ん坊と死んだ男を乗せたボートが流れ着いた。 二人は赤ん坊を実の娘ルーシーとして育てるが、2年後、本当の母親がいることがわかる…。 ラブ・ストーリー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/05/06 21:40
『光をくれた人』 2017年5月11日 神楽座
『光をくれた人』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/05/12 13:06
光をくれた人
【THE LIGHT BETWEEN OCEANS】 2017/05/26公開 アメリカ 133分監督:デレク・シアンフランス出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズ、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン この子を育てることは、過ちですか?この子を愛することは、罪ですか? STORY:1918年、オーストラリア。第一次世界大戦の過酷な戦場から帰還したトム・シェアボーン。心に深い傷を負った彼は、絶海に浮かぶ無人の孤島、ヤヌス島の灯台守となる。3ヵ月後、正... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2017/05/26 23:13
光をくれた人
評価:★★★★☆【4.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/05/27 20:13
光をくれた人 ★★★★
「ブルーバレンタイン」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」のデレク・シアンフランス監督がマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィカンダーを主演に迎え、M・L・ステッドマンのベストセラー小説『海を照らす光』を映画化した感動ドラマ。小さな孤島で灯台守... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/05/27 22:31
光をくれた人 
上映時間 133分 製作国 アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド 原作: M・L・ステッドマン『海を照らす光』(早川書房刊) 脚本:監督 デレク・シアンフランス 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 マイケル・ファスベンダー/アリシア・ヴィカンダー/レイチェル... ...続きを見る
to Heart
2017/05/30 14:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
光をくれた人 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる