あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS パトリオット・デイ

<<   作成日時 : 2017/05/25 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 2

パトリオット・デイ@よみうり大手町ホール
画像
(C) 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
英題:PATRIOTS DAY
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年6月9日 (TOHOシネマズ スカラ座ほか)
上映時間:2時間13分
配給:キノフィルムズ

監督・原案・脚本: ピーター・バーグ

キャスト
トミー・サンダース☆マーク・ウォールバーグ
リック・デローリエ☆ケヴィン・ベーコン
エド・デイヴィス☆ジョン・グッドマン
ジェフ・ピュジリーズ☆J・K・シモンズ
キャロル・サンダース☆ミシェル・モナハン
ジョハル・ツァルナエフ☆アレックス・ウォルフ
タメルラン・ツァルナエフ☆テモ・メリキゼ
ショーン・コリアー☆ジェイク・ピッキング
ダン・マン☆ジミー・O・ヤン
ジェシカ・ケンスキー☆レイチェル・ブロズナハン
パトリック・ダウンズ☆クリストファー・オシー
キャサリン・ラッセル☆メリッサ・ブノワ
ビリー・エヴァンス☆ジェームズ・コルビー
デヴァル・パトリック☆マイケル・ビーチ
トーマス・メニーノ☆ヴィンセント・カラトーラ


【あらすじ】
2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

【感想】
よみうり大手町ホールは先月のシエラ・ボーゲスコンサート以来一か月ぶり。
音響が配慮された良い会場でよみうりホールとは大違いである(笑)
地下鉄大手町駅のC3出口直結で外に出ずに行けるところもGood。
難点は収容人数が501席と少ないことだけであろう。

さて本日の映画は「パトリオット・デイ」。
タイトルの「パトリオット・デイ」(愛国者の日)とは、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州において4月の第3月曜日に制定されている祝日で、毎年ボストンマラソンが開催される日だそうである。
(日本も都民の日くらい東京都限定休日にして欲しいものだ)
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件が題材だがそんな前情報は入れずに観てきた。
チラシの絵でなんとなく把握したくらいで調査せず。
基本的にあまり事前情報を入れずにその場で処理するのが好みなのである。

観た後でいろいろな映画サイトをみたが、“あらすじ”で完全ネタバレしてしまっている。
これを読んだら中身がだいたいわかってしまうじゃない。
やっぱり何も知らずに観て正解だった。
映画の内容は、爆弾テロ事件が起こり、短時間(102時間らしい)のうちに犯人がつかまる。それだけである。
最初からわかりきった話をいかにうまくサスペンスフルに見せるか?
その点、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督のタッグは強力。
何も知らない私たちは最後まではらはらどきどきしながら観ることができた。
おすすめである。

直近では5月22日(月)に「マンチェスター・アリーナ」のアリアナ・グランデコンサート直後に自爆テロ事件が起きた。
こちらはISによる組織的テロ事件のようだ。
映画の題材となったボストンマラソン事件は自爆ではなく、兄弟による爆弾テロ。
組織的ではないにしろ、狂信的ムスリムによるテロに変りはない。
犯人が「9.11は5000人の俳優を使ったでっちあげ」と言うシーンがあった。
宗教はそこまで人を狂わせるのかと怖くなった。
もちろんこのセリフが本当に発せられたのかどうかはわからない。
が言いかねないと思わせられる迫力があった。

日本にもテロの脅威はせまっている。
家のまわりにも誰が住んでいるのかわからない建物が結構ある。
こんな事件がいつ起きても不思議ではない怖さを感じた。
道にバッグが落ちていたら近づかないよう娘にも徹底しようと思った。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パトリオット・デイ
2013年4月15日。 殺人課の刑事トミーは、朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。 オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日(パトリオット・デイ)”に開催され、117回目を迎えるこの日も3万人のランナーと50万人の観衆で賑わっている。 だが午後2時45分、2件の大爆発が発生。 すぐに爆弾テロ事件と断定され、FBIの指揮のもと捜査本部が設置された。 救助活動をしていたトミーも聞き込みを始める…。 実話から生まれたクライム・サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2017/06/03 17:05
劇場鑑賞「パトリオット・デイ」
愛は、悪魔に勝つ… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2017/06/09 15:42
パトリオット・デイ
公式サイト。原題:Patriots Day。ピーター・バーグ監督。マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン。「ローン・サバイバ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/06/09 20:09
パトリオット・デイ
評価:★★★★【4点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/06/10 20:11
こんなにも大変だったとは・・・。『パトリオット・デイ』
2013年に発生したボストンマラソンでの爆弾テロ事件を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2017/06/10 21:15
『パトリオット・デイ』
ボストンよ、強くあれ。 2013年4月15日に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。それは「愛国者の日」に起きた悲劇であり、ボストン市民を愛で団結して悪魔に打ち勝った102時間。 地 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2017/06/10 23:35
パトリオット・デイ / Patriots Day
2013年ボストンマラソンで発生した爆弾テロ事件を描いた作品。わずか数日で、犯人特定・確保まで至った経過を描く。 ...続きを見る
勝手に映画評
2017/06/11 19:49
パトリオット・デイ ★★★★
2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。世界を震撼(しんかん)させた同事件の解決に奔走した者たちの姿を追う。監督は、『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ。『ディパーテッド』などのマーク・ウォールバーグ、『COP CAR/コップ・カー』などのケヴィン・ベーコン、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが出演。事件当時の実際の映像も盛り込み、緊迫感をより際立たせている。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/06/11 21:21
『パトリオット・デイ』('17初鑑賞62・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月9日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。 字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/06/13 13:00
パトリオット・デイ/PATRIOTS DAY
記憶に新しい、2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件。 実在の人物を実名のまま、知られざる英雄たちとテロリストたちの激しい攻防を描いた実録映画。 監督は「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2017/06/13 14:00
映画「パトリオット・デイ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『パトリオット・デイ(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2017/06/13 20:20
「パトリオット・デイ」☆ヒーローは市民
ここには事件を解決する特別なヒーローは一人も出てこない。 それは主役のマーク・ウォールバーグでさえも。 そのかわり市民の一人一人がヒーローなのだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/06/14 09:17
パトリオット・デイ
 アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ピーター・バーグ  出演:マーク・ウォールバーグ      ジョン・グッドマン      ケヴィン・ベーコン      J・K・シモン ... ...続きを見る
風情&#9773;の不安多事な冒険 Pa...
2017/06/18 11:25
ショートレビュー「パトリオット・デイ・・・・・評価額1650円」
愛国者たちの街。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2017/06/18 17:57
映画「パトリオット・デイ」
映画「パトリオット・デイ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2017/06/19 22:28
「パトリオット・デイ」
主演マーク・ウォルバーグ×監督ピーター・バーグ。私にとっては是非モノの作品である。2013年に起こったボストンマラソン爆破事件の真実を描く作品。そう、期待通り大変面白かった。面白かったが、手堅い、手堅過ぎる。手堅いのが悪い訳ではないし、実話を基にした話なのでそもそも事実は歪められない。いや、本作に限らずピーター・バーグ監督は事実を基にした話を題材にして作品を送り出している事が多いが、それらは最近、かなり落ち着いた…ともすると淡々とした、と言っていいような…作りになっていると思う。扇動的なフィクシ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/06/21 14:29
パトリオット・デイ
いやぁ思ってた以上に見入ってしまった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/06/25 01:04
パトリオット・デイ
 『パトリオット・デイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/06/28 18:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
実は私も5/24によみうり大手町ホールの試写を見ました。
同じ会場にいらしたんですね。
よみうり大手町ホールは実は始めてでしたが、いいホールでした。有楽町のよみうりホールも嫌いじゃないですが。
映画は、事件の実際の映像も使用され非常に臨場感のある映画でした。
マーク・ウォールバーグ、ピーター・バーグ監督のコンビとしてはベストの出来ではないでしょうか。
ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハンといった俳優陣も好演しています。
ラストは事件の被害者の写真も登場し感動させます。
ですが、犯人の弟は19歳で主犯の兄に従って事件に関わるのに、兄が死んだ事もあってか死刑判決を受けますし、主犯幼い娘がその後どうなるのかというあたりはちょっと複雑な気分でした。
きさ
2017/05/27 23:29
きささん
声かけてください。
試写会にスーツ着たおっさんはほとんどいないのですぐにわかると思います。
ほんとかよ(^^♪
残された妻や娘がどうなるのか?
他人事のわれわれだって気になるのにタメルランは何を考えていたのか?
それでもこんな犯行に走ってしまうのは狂気としか思えません。
ムスリム全員がこんなではないにしろ、自爆だのこんなテロを行う者がいるのは確か。
ムスリム排斥運動が起きてもやむをえない面があると思いました。
まっつぁんこ
2017/05/28 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
パトリオット・デイ あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる