あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS エル ELLE

<<   作成日時 : 2017/07/24 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

エル ELLE@有楽町朝日ホール

フランス映画祭で観劇。

(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS- TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
英題:ELLE
製作年:2016年
製作国:フランス/ドイツ/ベルギー
日本公開:2017年8月25日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:2時間11分
配給:ギャガ

監督: ポール・ヴァーホーヴェン
原作: フィリップ・ディジャン

キャスト
ミシェル☆イザベル・ユペール
パトリック☆ロラン・ラフィット
ロベール☆クリスチャン・ベルケル
アンナ☆アンヌ・コンシニ
ヘレン☆ヴィマラ・ポンス
リチャード☆シャルル・ベルリング
レベッカ☆ヴィルジニー・エフィラ
ヴァンサン☆ジョナ・ブロケ
ジョシー☆アリス・イザーズ
アイリーン・ルブラン☆ジュディット・マーレ


【あらすじ】
ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

【感想】
なんかすごいの観てしまった。
ひとことでは言い表せない複雑で奥が深い作品で楽しめた。
映画はゲーム会社の社長として働く主人公ミシェルが自宅で覆面の男に襲われる衝撃的な場面から始まる。
物音とそれを聞いている猫で最初は表現され、のちほどミシェルが襲われるシーンが再現される。
面白い演出で最初から映画に引き込まれた。
ミシェルは犯人を見つけるため行動を起こすが事件の真相に迫るに従い自分でも気付いていなかった欲望や衝動に目覚めていく。
ヨーロッパ映画らしからぬ異色のサスペンスで満足した。
上映後にポール・ヴァーホーヴェン監督とピンクのパステルカラーのスーツに身を包んだイザベル・ユペールさんが登壇。
イザベルは若々しくとても64歳には見えない。
画像

ヴァーホーヴェン監督「五度目の日本ですが、今回は隣の方のおかげで特別なものになりました。」
イザベルはまず日本語で「コンニチハ」
その後「監督と一緒に来日できてうれしい。大勢のお客さんに来ていただいてありがとうございます。」と定型的な挨拶。
すぐにQ&Aに入る。男性からミシェルの正体、本当の性格を質問されて
イザベル「自分を滅ぼしてしまう面もあるかもしれないが彼女はこの出来事を通して自分自身を再構築している。ミシェルの過去や父親が殺人犯だということが彼女の本質とリンクしているのかもしれない。が、映画本編ではそのことには触れておらずひとつの情報として示されるだけ。好きに解釈して欲しい。レイプという暴力に直面して、彼女は男性的暴力がどこから来るのか知りたいと思っている。復讐に成功したの実存主義的体験となっている。」
MCの矢田部さんから、監督とユペールさんは役どころについてディスカッションを行ったのか質問。
ヴァーホーヴェン監督「一切ディスカッションはしていない。レイプの場面は危険で事故が起こり得るのでそのあたりにつては話をした。彼女の動機については一切話をしていない。するべきではないと考えていた。フロイト的分析は助けにならない。私はイザベルを信頼しているし彼女も直感的にわかっている。われわれは同じものを見ていたのでうなずくだけで大丈夫だった。」
次の質問も男性からでモデルになった事件はあるのか?
ヴァーホーヴェン監督「ミシェル10歳の時の事件が30年経った後どう影響したのか小説でもつながりは描かれていない。ミシェルを産み出して掘り下げて作り上げた。父親はノルウェーの70人が犠牲になった殺人事件が下敷きになっている。」
最後の質問は女性。暴力シーンで怪我はなかったか?大変だったシーンはどのシーンか?
イザベル「ミシェルは最初に復讐の計画をたてそれを成功させる。最後に犯人の妻がミシェルにお礼を言うミステリアスなシーンがある。彼女はカトリック信者でまじめな人なのに夫の行為に加担する。狂信的な行いで物語が複雑になっている。」
「大変なシーンはなかった。この映画を観るお客さんの方が大変かもしれません。」
「あえて言うと小さなすずめが死ぬシーン。何故かというとミシェルは小さな鳥の命でも救おうとするシーンで、いかに命が大切かというこの映画のテーマに通じてくる場面だからです。」

珍しく良いQ&Aで興趣が増した。
それにしても海外の女優は根性の入り方が違う。
この映画で、イザベルはバストトップもさらして熱演。レイプシーンにさらなる迫力を加えている。
不倫の映画なのになんにも出て来ない邦画女優とはレベルが違う(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エル ELLE
一人暮らしをしているゲーム会社の女性社長ミシェルは、自宅で覆面の男に襲われる。 その後も、送り主不明の嫌がらせメールが届き、自宅には誰かが留守中に侵入した形跡が残されていた。 過去の経験から警察を信用していない彼女は、自ら犯人を探し始めることに…。 サスペンス。 ≪犯人よりも危険なのは、“彼女”だった―。≫ PG-12 ...続きを見る
象のロケット
2017/07/24 13:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
エル ELLE あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる