あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女ファニーと運命の旅

<<   作成日時 : 2017/08/04 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

少女ファニーと運命の旅@一ツ橋ホール
画像
(C) ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT - 2015
英題:FANNY’S JOURNEY
製作年:2016年
製作国:フランス/ベルギー
日本公開:2017年8月11日 (TOHOシネマズシャンテほか)
上映時間:1時間36分
配給:東北新社 / STAR CHANNEL MOVIES

監督: ローラ・ドワイヨン
原作: ファニー・ベン=アミ

キャスト
ファニー☆レオニー・スーショー
マダム・フォーマン☆セシル・ドゥ・フランス
ステファン・ドゥ・グルート
ヴィクトール☆ライアン・ブロディ


【あらすじ】
ナチスドイツ支配下の1943年フランス、幼い妹2人と一緒に児童施設にかくまわれていたユダヤ人少女ファニーは、密告者の通報により別の施設に移動することになった。しかし、新たな施設にも捜索の手が迫りファニーらは列車で移動するが、移動中に引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅に取り残された9人の子供たちは、自分たちだけでスイス国境を目指すが……。

【感想】
最近はナチスドイツが題材の映画が多い。
花盛りといってよいくらい。

帰ってきたヒトラー
ヒトラーの忘れもの
ヒトラーと285枚の手紙
手紙は憶えている
ミケランジェロ・プロジェクト
サウルの息子
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
黄金のアデーレ 名画の帰還

少し想起しただけで色々リストアップできる。
他にもたくさんあるだろう。
それぞれの映画が異なった切り口でナチスドイツを描いている。

なんで最近こんなに多いのかというと、欧州における右傾化と関係があると言う話を「ハイドリヒを撃て!」上映後の松崎ペアによるトークショーできいた。
たぶんその通りなのであろう。

“このままでは危ないよ!”

というわけで、今回の作品は「少女ファニーと運命の旅」。

フランスはナチスに蹂躙されホロコーストに協力。
ファニーはフランスに住むユダヤ人少女。
幼い2人の妹とともに児童施設に匿われていた。
が、密告者によって存在が暴かれてしまい別の施設に移動することになる。
さらにそこも危なくなり移動。
途中で引率者のマダム・フォーマンとはぐれてしまい子供たちだけでスイス国境をめざす。

途中で警察に捕まったり、仲間とはぐれたり波乱万丈。
山中の農場に一時落ち着くが、そんなところにも魔の手は伸びてくる。

それにしてもナチのユダヤ人狩りはシステマチックだ。
密告を促して現地警察が捕捉。
証拠固めを行って収容所へ移送。
抜けがあるようでそうでもない。
いずれにしてもナチスのみでの実行は不可能。

そんな網の目をくぐりファニーたちは脱出請負人のトラックに乗る。

結末が見えているとはいえハラハラドキドキ。
手に汗握る展開が味わえる。(あえて楽しめるとは書かない)
主人公のファニーを演じたレオニー・スーショーの表情が良い。
目力がすごい。

それなのに、エンドロールが余分。
映画の中のファニーのイメージのまま終わった方が良かったと思うのである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
少女ファニーと運命の旅
1943年、ナチス支配下のフランス。 ユダヤ人の子どもたちは親と別れ、支援組織の施設で生活していた。 ところが、密告者の通報によって施設は閉鎖。 スイスへ逃れることになった子どもたちは、厳しい取り締まりの中で引率者とはぐれてしまう。 三人姉妹の長女で13歳のファニーが、9人の子供たちのリーダー役を任されることに…。 実話から生まれた戦争ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2017/08/04 14:18
少女ファニーと運命の旅
最後までハラハラしたわ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/08/14 01:03
「少女ファニーと運命の旅」
こういう作品を観るといつも、人として高潔な人物はどこかに必ず存在しているのだ、と思い、そういう人達に対しては厳粛にこうべを垂れる気持ちになる。本作、主役は間違いなく少女ファニーなのであるが、影にそんな高潔な人達が居たことを忘れてはならない。僅かな巡り合わせの違いが、ファニー達のように生き延びることができたのか、収容所送りとなって還らぬ命となってしまったのか、を分けた当時だったのである。1943年。ドイツ軍の軍靴の足音がヨーロッパ中に高く響き渡る頃であった。ユダヤ人が強制収容所に送られていた頃であ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/08/14 13:04
少女ファニーと運命の旅
評価:★★★★【4点】(00) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2017/08/14 17:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

今後の予定

My favorite songs

I'm gonna love you just a little more baby/Barry White Could It Be I'm Falling In Love/Spinners
少女ファニーと運命の旅 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる