あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

<<   作成日時 : 2017/08/09 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦@ユーロライブ

(C) 2016 Project Anth LLC All Rights Reserved.
英題:ANTHROPOID
製作年:2016年
製作国:チェコ/イギリス/フランス
日本公開:2017年8月12日 (新宿武蔵野館ほか)
上映時間:2時間0分
配給:アンプラグド

監督・脚本・撮影監督: ショーン・エリス

キャスト

ヨゼフ・ガブチーク☆キリアン・マーフィ
ヤン・クビシュ☆ジェイミー・ドーナン
マリー・コヴァルニコヴァー☆シャルロット・ルボン
レンカ・ファフコヴァー☆アンナ・ガイスレロヴァー
ヤン・ゼレンカ=ハイスキー☆トビー・ジョーンズ
アドルフ・オパルカ☆ハリー・ロイド
マリー・モラヴェツ☆アレナ・ミフロヴァー
ラジスラフ・ヴァネック☆マルチン・ドロチンスキ
アタ・モラヴェツ☆ビル・ミルナー


【あらすじ】
第2次世界大戦下、ナチスの実力者ラインハルト・ハイドリヒは、“金髪の野獣”と恐れられていた。彼の暗殺を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府の指令を受け、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)やヤン(ジェイミー・ドーナン)ら7人の暗殺部隊がチェコ領内に潜入する。現地のレジスタンスの協力を得て襲撃計画は実行されるが、ナチスは壮絶な報復に乗り出し……。

【感想】
先日の“少女ファニーと運命の旅”に続き二日連続でナチスがテーマの映画を観た。
こちらの作品は、現実に行われたエンスラポイド作戦が題材。
過去に2回同じ題材が映画化されている。
死刑執行人もまた死す(1987年) 暁の七人(1976年)の2本である。

イギリスやフランスはチェコスロバキアを見捨てたのでナチス・ドイツはやすやすとチェコスロバキアを併合。
イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、帰還計画のない片道切符のパラシュート部隊をハイドリヒ暗殺のために送り込みエンスラポイド作戦とよんだ。
映画の冒頭は、7人のうちの主人公のふたり、ヨゼフとヤンがパラシュートで降下する場面から始まる。
降下に失敗してヨゼフは足を負傷していきなりピンチ。
現地レジスタンスの協力で辛くも死地を脱する。
初っ端からしょっぱい作戦であることが明白だ。

ナチスの追求は厳しく現地のレジスタンスはほぼ壊滅状態。
細々と残った同志のささえで作戦の実行に移る。
現地レジスタンスは作戦内容を知らされていない。
エンスラポイド作戦のターゲットを知り、内部でも反対の声が起きる。

反対を押し切って作戦決行。
その場での殺害には失敗したものの、一般市民を巻き添えにしながらハイドリヒ暗殺ミッションは完遂される。
そこからのナチスドイツの追求ぶりが凄い。

匿ってもらっていた下宿屋のおばさんは自殺する。
が、その生首を息子にみせながら拷問するのは史実だそうだ。
残忍なシーンもあるのは覚悟して観る必要がある。

上映後の松崎ペアによるトークショーで
“キリアン・マーフィーはダンケルクより活躍している”
“密告者は戦後処刑された”
“生首を息子に見せて拷問したのは史実”
“襲撃時に一般市民も巻き添えになっているのは先行作より史実に近づけている。”
“恋愛要素も先行作より拡大している”
など色々な話が聞かれて興味深かった。

「ナチの野獣」暗殺作戦などというB級チックな副題がついているが全然B級ではない。
本格的なアクションが楽しめる映画で迫力があった。




テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦』 2017年8月2日 ユーロライブ
『ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/08/10 09:06
ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦
第二次世界大戦中期の1941年冬、ナチス・ドイツ統治下のチェコスロバキア(チェコ)。 イギリス政府とチェコ駐英亡命政府の指令を受け、チェコの軍人ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュは、パラシュートでチェコの首都プラハに潜入した。 彼らに与えられた任務「エンスラポイド作戦」とは、チェコ国内のレジスタンスと協力し、ナチス3と言われたラインハルト・ハイドリヒを暗殺することだった…。 実話から生まれた戦争サスペンス。 PG-12 ...続きを見る
象のロケット
2017/08/12 18:03
ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦
 チェコ&イギリス&フランス  サスペンス&戦争&ドラマ  監督:ショーン・エリ ...続きを見る
風情?の不安多事な冒険 Part.5
2017/08/20 15:24
「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」
2016年・チェコ=イギリス=フランス合作 配給:アンプラグド 原題:Anthropoid 監督:ショーン・エリス脚本:ショーン・エリス、アンソニー・フルーウィン撮影:ショーン・エリス製作:ショーン・ ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2017/09/02 00:42
「ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦」
歴史には様々なドラマがある。だがそれの多くが戦争に起因していることを考えるとやりきれない気持ちにはなるのだけれど。第二次世界大戦で、ナチスに蹂躙され、ある者は逃げ惑い、ある者は為す術なく闇に飲まれ、ある者は戦いに挑み、そして…。これは現代ではチェコスロバキアにあたるヨーロッパの都市で実際に起こった、レジスタンスによる物語である。では、この史実を知っていたかというと、詳らかには知らなかった。特に、チェコスロバキアがナチスに占領されたのは、同盟国であったはずのイギリスなどの国々が、チェコスロバキアを... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/09/15 13:29
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦★★★★
第2次世界大戦の史実を基に、ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画“エンスラポイド作戦”を映画化した実録戦争サスペンス。ナチス占領下のチェコを舞台に、ハイドリヒ暗殺という過酷な任務に挑む2人の若者の悲壮な決意とその顛末を緊迫感あふれる筆致で描... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/10/13 19:23
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
ハイドリヒをやるくらいならヒトラーをやれ! ...続きを見る
ネタバレ映画館
2017/10/19 15:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。いつもお世話になっております。
“密告者は戦後処刑された”
“生首を息子に見せて拷問したのは史実”
“襲撃時に一般市民も巻き添えになっているのは先行作より史実に近づけている。”
という話は興味深いですね。戦時下というのはやはり異常事態で異常なことが起こるものなのですね。

ところで、私のミスで貴記事にTBを2回も付けてしまいました。お手すきの時に、いずれかを削除していただけると幸いです。よろしくお願いします。
ここなつ
2017/09/15 18:22
ここなつさん
キリアン・マーフィーがダンケルクより活躍しているのだけは確かめました
TBの件対応しました。
まっつぁんこ
2017/09/16 10:24
キリアンかっこよかったしダンケルクのヘアスタイルより断然こっち 笑
キリアンだけではなく内容的にもこちらが勝ちです私は。(ま、比べるものじゃないけど)
戦争ものは今はもう疲れちゃいます。
mig
2017/09/21 22:55
migさん
ヘアスタイルですか!みるところが違うなあ
ダンケルクはクリストファー・ノーランにしては普通だった気がします。こちらはB級臭いけど内容は一流で満足度は高い。疲れるとおっしゃらず見続けましょう(笑)
まっつぁんこ
2017/09/22 08:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる