あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS Billboard Album200 & HOT100 2017年11月18日付

<<   作成日時 : 2017/11/06 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【アルバム】
画像カントリーの大御所ケニー・チェズニーのライブアルバム “Live in No Shoes Nation” が21万9千ユニット(21万7千枚)で初登場ナンバー1。
今週は1位から4位までと6位7位が初登場でトップ10内に6枚も初登場があった。
先週1位に初登場したワン・ダイレクションのメンバー、ナイル・ホーランの“Flicker” はトップ10外に去った。
ケニー・チェズニーは日本では全く認知されていないがアメリカでは大人気。
今回のライブアルバムはなんと彼にとって8枚目の全米ナンバー1である。
このアルバムもツアー・チケット抱き合わせ販売で売上枚数を伸ばしている。
カントリーアーティストで最も多くのナンバー1アルバムを記録したのはもちろんガース・ブルックスで9枚。
ガースは9枚のナンバー1のうち7枚が初登場で1位を記録。
ケニー・チェズニーの8枚のナンバー1はその全てが初登場ナンバー1でカントリーアーティストトップ。
2016年の前作 “Cosmic Hallelujah” は8万9千ユニット(7万9千枚)で初登場最高2位。
その前2014年の “The Big Revival” も13万枚で初登場最高2位だったから久々のナンバー1デビュー。

ケニー・チェズニーのナンバー1アルバムリスト
@ No Shoes, No Shirt, No Problems 2002/5/11 (1週間)
A When the Sun Goes Down 2004/2/21 (1週間)
B Be as You Are (Songs from an Old Blue Chair) 2005/2/12 (1週間)
C The Road and the Radio 2005/11/26 (1週間)
D Lucky Old Sun 2008/11/1 (1週間)
E Hemingway's Whiskey 2010/10/16 (1週間)
F Life on a Rock 2013/5/18 (1週間)
G Live in No Shoes Nation 2017/11/18 (1週間)

2位にはケリー・クラークソンの “Meaning of Life” が7万9千ユニット(6万8千枚)で初登場。
彼女は現在までに8枚のスタジオ録音盤を発表して全てがトップ3入り。
全米ナンバー1はデビューアルバム “Thankful” と “All I Ever Wanted” “Piece by Piece”の3枚。
2015年の前作 “Piece by Piece” は9万7千ユニット(8万3千枚)で初登場最高1位。

クリス・ブラウンの “Heartbreak on a Full Moon” が6万8千ユニット(2万5千枚)で初登場3位。
彼は現在までに8枚のスタジオ録音盤を発表して全てがトップ10入り。
他にコラボアルバム1枚がトップ10入りしており合計9枚のトップ10アルバムを保持。
2011年の “F.A.M.E.” と2012年の “Fortune” の2枚が全米ナンバー1を記録。
2015年の前作 “Royalty” は18万4千ユニット(16万2千枚)で初登場最高3位。

21サヴェージ、オフセットとメトロ・ブーミンのびっくりコラボ “Without Waring” が5万3千ユニット(1万1千枚)で4位に初登場。

ポスト・マローンの “Stoney” は7%減の4万1千ユニットで4位から5位に一歩後退で踏みとどまった。

ラッパー、ヨーガッティの “I Still Am” が3万8千ユニット(1万9千枚)で初登場6位。
2013年の “I Am” (最高7位)、2015年の “The Art of Hustle”(最高4位)に続く3枚目のトップ10を記録。
前作 “The Art of Hustle” は6万1千ユニット(4万5千枚) で初登場最高4位だったので売上もチャートポジションも不振。

ラッパー、ビッグ K.R.I.T.の “4eva Is a Mighty Long Time” が3万3千ユニット(2万1千枚)で7位に初登場。
2014年の “Cadillactica (No. 5 in 2014) and Live From the Underground (No. 5, 2012).” (最高5位) 2012年の “Live From the Underground ” (最高5位) に続く3枚目のトップ10。
前作 “Cadillactica” は4万4千枚で初登場最高5位だったので本作も売上、チャートポジション共に成績ダウン。

エド・シーランの “÷(Divide)” が9%減の3万2千ユニットで7位から8位に後退。

フューチャーとヤング・サグのびっくりコラボ “Super Slimey” は58%減の3万1千ユニットで2位から9位に後退。
フーチャーは発表した8枚の全てがトップ10入り、ヤング・サグは4枚目のトップ10入り。

ラッパー、リル・ウージー・ヴァートの “Luv Is Rage 2” が9%減の3万ユニットで9位から10位に後退。
彼は現在までに3枚のEPと4本のミックステープを発表。
今回の“Luv Is Rage 2”が初のフルアルバムデビューとなる。
昨年のミックステープ “Lil Uzi Vert vs. the World” は最高37位でゴールド認定、“The Perfect Luv Tape” は最高55位。

1 - Live in No Shoes Nation / Kenny Chsney 219,000 (217,000)
2 - Meaning of Life / Kelly Clarkson 79,000 (68,000)
3 - Heartbreak on a Full Moon / Chris Brown 68,000 (25,000)
4 - Without Warning / 21 Savage Offset and Metro Boomin' 53,000 (11,000)
5 4 Stoney / Post Malones 41,000
6 - I Still Am / Yo Gotti 38,000 (19,000)
7 - 4eva Is a Mighty Long Time / Big K.R.I.T. 33,000 (21,000)
8 7 ÷(Divide) / Ed Sheeran 32,000
9 2 Super Slimey / Future and Young Thug 31,000
10 9 Luv Is Rage 2 / Lil Uzi Vert 30,000

【シングル】
ポスト・マローンの “Rockstar” が4週連続1位。
ストリーミングは13%減の4,600万ながら Streming Songs 5週連続通算6週目の1位。
ダウンロードも12%減の4万6千ながら Digital Songs 4位変わらず。
エアプレイは13%増の6千4百万で Radio songs 19位から14位に上昇。
Hot R&B/Hip-Hop Songs と Hot Rap Songsの両チャートで4週連続1位。

フィフス・ハーモニーの元メンバー、カミラ・カベロの “Havana” が7位から2位に急上昇して来週の1位をうかがう勢い。
10月24日に6分42秒のオフィシャル・ビデオが公開された。
ダウンロード12%増の4万7千で Digital Songs 5位から3位に上昇。
ストリーミングも32%増の3,230万で Streaming Songs 7位から4位に上昇。
エアプレイも28%増の6千1百万で Radio Songs 26位から17位に上昇。

今週の “Rockstar” のポイントは9.7%減で “Havana” は28%増。
先週1.83倍だった “Rockstar” と “Havana” の差は1.29倍に縮小。
同傾向ならトップ交代があっても不思議ではない。

女性ラッパー、カルディ・Bの “Bodak Yellow (Money Moves)” は2位から3位に後退。

ロジック フィーチャリング アレッシア・カーラとカリッドの “1-800-273-8255” も3位から4位に後退。

イマジン・ドラゴンズの “Thunder” は5位変わらず。
ダウンロード9%減の5万4千ながら Digital Songs 2位から1位に復帰して通算3週目の1位。


ポルトガル・ザ・マンの “Feel It Still” は4位あら6位に後退。
エアプレイは1%減の1億2千7百万で Radio songs 4週連続1位。

ラッパー、リル・パンプの “Gucci Gang” が14位から7位に上昇してトップ10入り。
10月23日にオフィシャル・ビデオが公開されストリーミング24%増の3,600万で Streaming Songs 3位から2位に上昇。
ダウンロード17%増の1万1千で Digital Songs 49位から38位に上昇。

デミ・ラバトの “Sorry Not Sorry” は6位から8位に後退。

J.バルヴィンとウィリー・ウィリアムフィーチャリングビヨンセの “Mi Gente” は8位から9位に後退。
Hot Latin Songs は5週連続1位。

サム・スミスの “Too Good at Goodbyes” は9位から10位に後退。

1 1 Rockstar / Post Malone
2 7 Havana / Camila Cabello
3 2 Bodak Yellow (Money Moves) / Cardi B
4 3 1-800-273-8255 / Logic featuring Alessia Cara and Khalid
5 5 Thunder / Imagine Dragons
6 4 Feel It Still / Portugal. The Man
7 14 Gucci Gang / Lil Pump
8 6 Sorry Not Sorry / Demi Lavato
9 8 Mi Gente / J Balvin & Willy William Featuring Beyonce
10 9 Too Good at Goodbyes / Sam Smith

次週≪≫前週

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Billboard Album200 & HOT100 2017年11月18日付 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる