あーうぃ だにぇっと

アクセスカウンタ

カスタム検索

zoom RSS 今年のベスト1・・・詰将棋編

<<   作成日時 : 2017/12/30 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は4年連続で1年を通じて解答を提出した。
がんばって学校以外の作品も解いて解答を出したが6月は力尽きてパス(>_<)
デパートを含め学校以外のコーナーは解答出しただけでコメントはさぼってしまった。
ゴメンナサイ(^^♪

早速ですが
第13回まっつぁんこ賞を以下の作品に授賞することにしました。
要らないでしょうけど。

詰将棋パラダイス11月号 大学院9
南あわじ市 中山芳樹氏作
「超難解」

画像


初手から筋が読めずに困ってしまう。
3一飛成、4一飛成それぞれ殆どの変化が詰む。
長手数で詰む変化もあり、どちらが作意だろうと迷いの森にさまよいこんだ。

ところがすっとこどっこい。意表の初手から始まるのである。
全ての変化を読み切った時には快哉を叫んでいた。

この作者の5年前の大学正解者2名よりも難解であろう。
それでも二桁台の正解者が出るとみた。

他で最も印象に残ったのは次の作品。

詰将棋パラダイス5月号 短24
有田和洋氏作
「三と物語」

画像


結果は 誤4 無27 A9 B10 C2 平均2.33

難解性が忌避されて低評価に沈んだ。
渾身の初手 2五馬 とその後のまとまりが評価されず気の毒だ。
⇒俺はA評価だったけど誤4に含まれている(笑)

昨年と同様に今年発表された作品をレビューしてみたい。
とりあえず対象は詰将棋パラダイスの学校のみ。

まずは昨年の学校別の半期賞作品と平均点。
下記の通りである。

(赤字が看寿賞受賞)

           上半期        下半期
小学校      小5  上谷直希  小9 鈴川優希
           2.85      2.81
         小24 武島広秋
           2.85
中学校      中15 武島広秋   中25 武島広秋
           2.77         2.81
高等学校     高9 小林尚樹   高24 武島広秋  
           2.82         2.79
          高10 鈴川優希  高25 大崎壮太郎
           2.8          2.73
短期大学     短24 安田恒雄   短10 鈴川優希
           2.75         2.71
大学        大15 石川英樹   大3 梶下雄貴
           2.79         2.84
                     大12 山路大輔
                        2.88
大学院      院6 若島正     院10 久保紀貴
           2.85         2.81

昨年度も半期賞受賞作で看寿賞を受賞したのが3作もあった。
半期賞は逃したが看寿賞を受賞した作品もあり学校から4作受賞作が出たのは一昨年と同じ。
好ましいことである。

さて、そこで今年の結果である。
上半期の半期賞と下半期の最高点作品の平均点はどうか?
例年通り下記のとおりまとめてみた。

           上半期        下半期(最高点)
小学校      小4  上谷直希  小5 武島広秋
           2.74      2.71
中学校      中19 武島広秋   中15 三本不明
           2.80         2.77
高等学校     高23 武島広秋   高17 妻木貴雄  
           2.86         2.73
          高25 大崎壮太郎
            2.78
短期大学     短2  井上徹也   短12 鈴川優希
           2.80         2.79
大学        大11 小彦名   大5 小林尚樹
           2.64         2.70
大学院      院2 添川公司    院4 菅野哲郎 
           2.87         2.88

今年も長編は低調だった気がした。
その中で院9中山芳樹氏作の超難解作のみが強い印象を残した。
あとは忘れたと言ったら言い過ぎか(ごめん)

短編と中編は今年も武島広秋氏が席捲した。
鈴川優希氏もコンスタントに良作を量産。
短編・中編で平均2.8を何度も超えて受賞できないのは辛すぎる。
来年はたぶん看寿賞に到達してもらえると思う。

鈴川優希氏は「これ」があるし。
聡太くんが解けなかった作品は受賞!
の前例(?)を踏襲して欲しい(笑)

詰将棋解答選手権
チャンピオン戦I
鈴川優希氏作

画像


今年は、柳田さんの労作「看寿賞作品賞 完全版」が出版された。
これが看寿賞?という作品も結構ある。(どれとは言わないが)

受賞水準があるわけでないことがあらためて良くわかった。
とにかく「該当無し」だけは避けていただきたいものだ。

今年も鈴川優希氏、武島広秋氏、三輪勝昭氏の活躍が印象に残りました。
若島先生の作品がいくつも見られたのも楽しかった。
来年も力の入った作品を魅せてくださるようお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧

カスタム検索

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年のベスト1・・・詰将棋編 あーうぃ だにぇっと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる